ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

【警告】ZOZOTOWNのツケ払いを使ってる人へ。将来自己破産するかもよ?

スポンサーリンク

今、ZOZOTOWNツケ払いを利用する人が増えている。カードを持っていない人に便利だと評判だが、ツケ払いに頼りすぎる買い物は危険だ。

支払い計画を立てたうえで、うまく使ってる人は良い。が、大体は手元にお金が無くて、その場しのぎでツケ払いにすることの方が多いだろう。

そんなことを繰り返していたら、そのうち払えなくなる日が間違いなくくる。それは将来的に、自己破産にもつながりかねない危険な買い物なのだ。

スポンサーリンク

ツケ払い=借金

ツケというのは、すなわち借金だ。お金を借りて服を買っているのだということを、まず自覚した方が良い。

そして借金という言葉には、「お金にだらしがない」というイメージが無いだろうか?

ZOZOTOWNのツケ払いは、2ヶ月後に借金を返すというルール。ネットではよく、忘れた頃に請求書が届いて真っ青になったという体験談を見かける。まさにこれは、お金にだらしがないから起こることと言えるだろう。

ツケ払いで服を買うというのは、「自分は無計画な人間ですよ」とアピールしているのと同じだ。目の前の服をポチる前に、本当に借金してまで欲しいものなのか考えた方が安全である。

借金が前提の暮らしは危険すぎ

まだZOZOのツケ払いは、最高でも数万円ていどからダメージが少ない。が、ツケ払いの快適さ(?)に目覚めてしまった人は、その後の暮らしも借金で何とかしようとするんじゃなかろうか。

しかし借金が当たり前の生活というのは、まさに綱渡り。もし突然のリストラなどで収入が無くなったら、どうするつもりなんだろう。貯金があれば良いが、借金ばかりしている人に多くの貯金があるとは考えにくい。

身近なところで借金できる道具といえば、クレジットカードが代表格。今ツケ払いに慣らされている人がカードなぞを持ったら、それこそ借金地獄にハマるんじゃなかろうか。

カード支払いはどこまでも自己責任だから、ZOZOのツケ払いのように上限があるワケじゃない。使えばつかうほど、借金は膨らんでいくのだ。

リボ払いなどにも手を出し始める

そのうち、カード支払いがキツくなってきた人が次に手を出すのが、リボ払いだ。リボは最低、月5,000円くらいから支払えるので気軽に利用が出来てしまう。

が、リボ払いには利息が付いて来る。長い目で見ると、一括で買い物するよりも余計にお金を払うことになるのだ。

リボについてはこちらでも紹介中⇒無駄遣いを防止せよ。クレジットカードを使いすぎないコツ

毎月いくらカードで買い物しても、支払いは5,000円。すると当然、支払ってない分ばかりが大きくなっていく。その分利息も増えて、払っても払っても借金が減らなくなってしまうのだ。

ちなみに私が使っている楽天カードの場合、リボ払いの手数料は年率15%となっている。金額別にかかる手数料の例は、こんな感じだ↓

・50,000円の場合…50000×0.15÷12=625円

・200,000円の場合…200000×0.15÷12=2500円

これだけ見るとたいした事なさそうだが、毎月手数料を支払うことを考えてみて欲しい。もし毎月2,500円を払うとなると、30,000円もの出費になるのだ。

毎月リボ払いするほど、手数料も増えていく。「何故かリボ払いが終わらないなあ」と思っている人は、一度借金の総額を調べてみることを強くおすすめしたい。

カードローンなどにハマる

リボでも支払いが追いつかなくなった人が行き着く先は、銀行などのカードローンだ。銀行のカードローンは、今やサラ金などよりも悪質と言われている。CMでカジュアルを装っているが、本性はそれどころでは無い。

軽い気持ちでカードローンを始めて、気づけば数百万の借金を抱えるという人も増えている。こうなってくると、いよいよ自己破産が現実味を帯びてくるんじゃなかろうか。

気づかないうちに借金が膨らんでいく

今の借金が厄介なのは、気付かないうちにどんどん増えていくということだ。ツケ払いもリボ払いも、借金という自覚がないまま何となく使い続けて支払いきれないくらいの金額になることが多い。

CMなどを見ると気軽なイメージがあるが、いくら気軽でもやってることは変わりない。ツケでもリボでも、使うときはそれなりの計画性と覚悟が必要じゃなかろうか。

手元にお金を用意してから買え

ツケに慣らされない対策としてはまず、必ず手元にお金を用意してから買うことだ。もしお金がなかったら、その服が縁がなかったものとして諦めるのが良いと思う。

お金がないのに服が欲しいときの対策を紹介中⇒洋服が欲しいが買うお金がない。我慢が必要なとき、私がやっていた対処法。

これじゃツケ払いの意味がないじゃないと言われそうだが、つまりは「借金するな」ということなのだ。支払えるだけのお金がないのに、買い物できるということ自体がおかしいことだと思ったほうが良い。

カードの仕組みを学べ

何事も、知らないということが一番怖い。何となくツケ払いやカード払いを使ってきた人は、その仕組みを一度調べてみると良いかもしれない。

特にネットでは、カードで借金まみれになった人の体験談が山のように見つかる。深みにハマる前に、反面教師としてチェックして見るのはどうだろうか。

ZOZOTOWNのツケ払いで困っても、まだ親ごさんが助けてくれるかもしれない。が、その後カードで多額の借金を抱えてしまったら、もう家族や知り合いにもどうすることもできなくなってしまう。

ツケで困る経験というのは、ある意味「借金はヤバいぞ」という良い経験になるのかもしれない。それに凝りたら、もう借金して買い物しようとしないのが良いんじゃなかろうか。

スポンサーリンク

Posted by yayoi