ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

買う前にたった1つ質問をするだけ。服の衝動買いを簡単にやめられる方法とは?。

スポンサーリンク

服の衝動買いをやめるのに、効果的な方法を紹介します。

それは服が欲しくなったとき、自分にある1つの質問をするだけ。その質問が、燃え上がる欲しいという気持ちを冷静に戻してくれるのです。

服がほしい衝動が抑えられないというときは、自分にこんな質問をしてみてください。

スポンサーリンク

迷いを確実に打ち消す質問

例えば今、私たちの目の前にお値段10,000円のワンピースがあったとします。それを見た瞬間、欲しくてたまらなくなりました。

しかしそのとき通りすがりの人がやって来て、こんな提案をしてきました。

「10,000円を払うから、良ければこのワンピースを私に譲ってくれませんか?」

このとき、ワンピースと10,000円、果たしてどちらが魅力的でしょうか。

これは衝動買いを防ぐために考えられた、ストレンジャーテストという方法です。もし目の前のものが欲しくなったら、「知らない人からその値段で譲ってと言われたらどうするか」を己に問うてみるのです。

もし10,000円とワンピースを比べて10,000円の方が魅力的だったら、私たちにとってそのワンピースは10,000円以下の価値ということになります。

10,000円以下の価値のものを、10,000円で買うのは明らかにい損。こういうときは、その服は買わない方が良いと判断ができるのです。

このストレンジャーテストをやると、大体の場合はお金の方が魅力的に感じます。後先考えずに買ってしまう衝動買いならなおのこと、その服自体には魅力を感じていないことが多いからです。

私もネット通販で服を買おうか迷ったとき、この質問をしてみることがあります。すると、お値打ちに感じた服でも「もうちょっと安い値段だと理想だな」と思ったりもするのです。

理想の値段と実際の値段があまりにもかけ離れているときは、その服は縁がなかったものと考えます。もしくは、セールで安くなるのを気長に待つことも多いです。

欲しい!という気持ちが先走ると、ついお金のことが頭から抜け落ちてしまいます。そういうときでもお金の価値を改めて実感できる、ストレンジャーテストは実に効果的だと思います。

スポンサーリンク

ストレンジャーテストの意外な使い方

さらにストレンジャーテストは、既に衝動買いしてしまった服の処分にも役立ちます。

ろくすっぽ着てない服でも、いざ手放すとなると惜しくなるものです。そんなときは、以下の提案をされたと考えみて下さい。

「その服をタダで譲ってくれませんか?」

もしタダでも譲って良いと思える服は、私たちにとっては無くても良い服だと分かります。そのまま、古布のリサイクルに出してください。

流石にタダでは嫌だというときは、100円、200円と値段を上げてみます。どこかで「これぐらいなら譲っても良い」と思える値段があったら、その服はその価値しかないことになります。

もし譲っても良い値段が、元値よりも大分安かった場合。やはり私たちにとっては大した価値がないと分かります。こういうときは宅配買い取りなどに回すか、フリマアプリで安く売りさばきます。

さらに応用編として、自分ならこの服を何円で欲しいかと考える方法もあります。もし安値でもいらないような服は、やはり処分しても良いと考えられるのです。

まだ着られるのにもったいないと思う人ほど、いったんお金の価値に置き換えてみると良いです。すると雑念に惑わされること無く、服そのものの価値を捉えやすくなります。

必要なものには値段がつかない

服の価値を考えるのに、なぜここまで金額にこだわるのか?それは、本当に必要な服には値段が付けられないからです。これが無いと困るという洋服は、いくらお金を積まれても売りたいと思わないはずです。

(100万円などのあまりに法外な値段は無しです)

私は今、必要最低限の服しか持ってません。もし多少お金を出すから譲って欲しいと言われても、「これを売ると着るものが無くなるから」という思いが真っ先に浮かびます。

これは絶対に売りたくない。そんな服だけを残せば、余計な服も案外簡単に断捨離ができるんじゃないでしょうか。

服が欲しくて溜まらなくなったときは、お金の価値と服の価値をハカリにかけてみると良いです。衝動買いで服が欲しくなっても、冷静さが取り戻せるはずです。

気が付いたら服を買ってしまうという人は、ぜひストレンジャーテストを試してみて下さい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi