ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

貯金したいなら口座を分けろ。勝手にお金が貯まる仕組みの作り方。

スポンサーリンク

将来が心配だから、貯金したい。30を過ぎた独り身の人ならば、一度くらいはそういうことを考えたことがあるかもしれない。そこで今まで貯金できたことが無い人向けに、お金が貯まる仕組みの作り方を話していきたい。

しかし貯まる人は貯まるが、貯まらない人は本当に貯まらない。この貯金格差は、一体どこからやってくるんだろうか。

これは個人の収入の差以上に、お金の貯め方を知らないことが大きい。まずは、お金を貯める場所である口座の使い方から知るのが一番だ。

スポンサーリンク

お金を貯めるにはもう1つ口座を作れ

勝手に貯金できる仕組みを作るには、貯金専用の口座を作る必要がある。一つの口座で生活費と貯金を同時にやろうとするのは、栓を抜いた風呂おけに水を貯めようとするのと同じだ。別名、どんぶり勘定とも言う。

一つの口座で何でもやろうとすると、いくら使っていくら貯まっているかが分かりにくい。そのため使いすぎに気付かなかったり、貯金の実感が湧かずに結局やる気が失せてしまうのだ。

新しい口座は、今使っている銀行口座に新しく「貯蓄口座」を作るのが一番簡単だ。詳しくはこちら⇒かなつ久美さん「38歳からの!女ひとり人生 お金&暮らしの不安が消える本」感想。

私は三井住友銀行の口座とゆうちょ銀行の口座を元々持っていたので、こんな風に使い分けている↓

・三井住友銀行…カード・光熱費などの引き落とし、収入を振り込む口座

・ゆうちょ銀行…貯金用の口座

普段は三井住友の口座で何でも済ませ、ある程度口座にお金が余ってきたらゆうちょに移すということをしていた。会社勤めやバイトをしていた頃は、この方法で200万円まで貯金できた。

無駄遣いグセがある人は先取りの方が良い

ただこの「余ったら貯金」方式は、巷だとおすすめされてないことが多い。口座にお金があると、あるだけ使ってしまう人がたくさんいるということだろう。

貯金初心者がお金を貯めるなら、収入の2割くらいを先取りした方が確実に貯まると思う。無駄遣いの自覚がある人ほど、先取り貯金の方が良い。

銀行では普通口座から貯蓄口座に自動でお金を振り込める「スイングサービス」なるものもある。このサービスを使えば、毎月決まった日に勝手に先取り貯金ができて便利そうだ。

私が余ったら貯金でも大丈夫だったのは、オタク趣味以外にお金を使う当てが無かったうえ、口座からマメにお金を出すのが面倒な人間だったからだと思う。普段散財しない人は、余ったら貯金の方が楽だ。

さらにお金を出しにくい場所へ

貯金用の口座を分けるだけでも、お金は貯まりやすくなる。しかし口座が2つだけだと、急な出費があったときに貯金用口座から切り崩してしまうことも多い。かくいう私も、大きな買い物のときは貯金用の口座からお金を引き出していた。

これでも良いとは思うのだが、貯金用の口座のお金が減るというのは地味にストレスだ。せっかくの買い物も、罪悪感を感じながらでは楽しくない。

そこで対策として、もう1つ急な出費用の口座を作るという手がある。これは仮に、「切り崩し口座」と言っておこう。

切り崩し口座の使い方は、こんな感じだ↓

・毎月数千円を切り崩し用口座に積み立て

・急な出費のときは切り崩し口座から引き出す

・切り崩し口座にある程度お金が貯まったら、貯金用口座に移す

どの程度お金が貯まったら移せば良いかは、個人によって変わってくると思う。私の場合ならば、切り崩し口座には5万円くらいあれば良さそうだ。

 

さらにこの方法の良いところは、

・普通口座からの貯金

・切り崩し口座からの貯金

と、2つの口座から貯金できることだ。お金の流れるルートが増えることで、よりお金の貯まる仕組みがパワーアップする。

切り崩し口座を作るときは、メインの銀行にもう一つ口座を作るのが気楽かと思う。ただゆうちょ銀行だけは一つしか口座を作れないので、その点だけは注意だ。

貯金の使いみちがない→定期預金か投資信託へGO

いわゆる将来の貯金というのは、使いみちがハッキリしない貯金でもある。そういうお金はある程度まとまった金額になったら、さらに使いにくい定期預金などに回すと万全だ。

定期預金に入れておくと良いのは、5~10年くらいの間に使うんじゃないかというお金だ。旅行に行きたいとか車を買いたいとか、大きなお金が必要なときに使える。

しかし定期預金は確実に貯まるが、利子などがほとんどなくて楽しみも無い。さらに増やす楽しみを味わうなら、投資信託に回すのも一つの手じゃなかろうか。

今後は積立NISAなど、コツコツ貯められる投資信託がどんどん充実してくる。私も夢のまた夢だが、お金が貯まった暁にはどんどん投資信託に乗り出したいものだ。

老後の資金は確定拠出年金(iDeCo)

さらに何十年も先の老後資金は、確定拠出年金の制度ができた。もうかっても税金はゼロだし所得税も節約できるし、良いことづくめだ。

確定拠出年金を始めるには、毎月の年金をマジメに払っている必要がある。もし年金を免除してもらっていたり滞納があると、確定拠出年金は始められない。

私は年金の滞納が90万円近くあるから、まずはそれをどうにかしないといけない。始められるならさっさと始めたいのだが、あと一歩で生活保護という生活をしている今では明らかに無理だ。

 

お金を貯めたいなら、銀行の口座をどんどん使い倒すことだ。口座を目的別で分けたりより使いにくい場所に入れてセキュリティを万全にしたりと、どんな無駄遣い屋でも貯金ができるようになる。

まずは自動引き落としで積み立てるなど、勝手にお金が貯まっていくサービスを使うと、貯金の実感が湧いて楽しくなってくるんじゃないだろうか。

スポンサーリンク

Posted by yayoi