ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

ミニマリストが実践中の、黒い服のファッションコーディネートのコツとは?

スポンサーリンク

今回は、黒い服を使ったファッションコーディネートのコツをお話します。ベースカラーである黒は、少ない服で過ごすミニマリストにとっても便利な色です。

その半面、使い過ぎると重たくなったり、まとまり過ぎてつまらない印象にもなります。そこで黒を取り入れるときは、全体のバランスに気を付けています。

スポンサーリンク

全身を真っ黒にしない

まず気を付けているのが、全身を真っ黒にしないこと。黒のアイテムを使うときは、必ず明るい色をどこかに持ってきます。

トップスに黒のTシャツを持ってきたときは、下は青のデニム。黒のボトムスを履くなら白やグリーンにするなど、黒々しくならないよう意識しています。これは、10代後半からやっていることです。

中高生の頃は黒尽くめが好きでしたが、今思うと漫画のキャラクターのようでした。帽子から靴まで黒で統一など、私の年齢でやったら不審者そのものです。

トップスには黒を使わない

私の場合、アウターとボトムスに黒のアイテムがあります。そのため、黒が被らないようにトップスは黒以外のものを着ています。

特に、黒のライダースジャケットはひんぱんに着ます。トップスまで黒だと、やや相性が悪いのです。

そこでとった対策が、トップスを黒以外の色にすることでした↓

P_20160430_152358

白とのモノクロスタイルは、誰でも似合う定番スタイル。おしゃれが苦手な人でも手軽に着られる、優秀な組み合わせです。

白Tシャツを使ったほかのコーディネートはこちらから⇒少ない洋服でファッションを楽しむための、白の半袖Tシャツのコーディネート活用術

黒のボトムスも、トップスが明るい色だと使いやすいです↓

P_20160501_153838

全身黒コーデをおしゃれに着こなす人もいますが、かなりハードルは高いです。「背伸びしないおしゃれ」が信条の私には、難度が高すぎます。

もし黒を使うなら、アウターかボトムスに持ってくるのが簡単だと思います。トップスや小物でカバーしやすく、色のバランスを取るのが簡単です。

スポンサーリンク

素材・色味を変える

トップスには黒はありませんが、アウターとボトムスで重なることはよくあります。そういうときは素材や色味が違うものを選んで、真っ黒になりすぎないようにしています。

ライダースジャケットと黒のスキニーは、年中着回すコーディネートです↓

P_20160501_154305

ジャケットとデニムでは素材感が違うので、同じ黒でも印象が変わります。「素材・色味を変える」方法は、ほかの色でも使える便利技です。

小物には黒を使わない

バッグなどの小物に、にベーシックカラーを持ってくる人も多いと思います。逆に私の場合、小物は差し色です。

手持ちのバッグは、赤色がメインです↓

P_20160405_165450

ジャケットとリュックの組み合わせは、こんな感じになります↓

P_20160425_144742

ちょっとベルトの長さが気にはなりますが、リュックの色が良いワンポイントになっています。赤が1つあるだけでも、イメージが華やぎます。

冬に活躍する巻きものも、目に付きやすい太めボーダーとタータンチェックです↓

P_20160424_130021

私は服装に黒がちょくちょく来るので、せめてバッグやストールは派手めな色を使おうと思っています。無難な中にもワンポイントができて、少しおしゃれ度がアップします。

逆にパステルカラーなどの服が多い人は、黒をワンポイントに使えます。明るい着こなしを黒で引き締めると、より大人っぽいイメージになります。

黒を使うときは、全体のバランスを意識することがポイントです。まずはアウターなり小物なり、どこに黒を持ってくるか決めると、コーディネートが考えやすいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

Posted by yayoi