ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

鯖の味噌煮は、まとめて作った方が良い~実録・一人暮らしの節約料理(23)~

スポンサーリンク

一人暮らし節約料理、今回は鯖の味噌煮の話をします。鯖に限らず、煮込み料理はまとめて作った方が断然節約になります。この鯖の味噌煮で、私は改めてそのことを実感しました。

スポンサーリンク

材料

料理で使った材料はこちらです。

・鯖…1尾

・味噌…大さじ2

・水…200ml

・しょうゆ…大さじ1

・もやし…1袋

本来は鯖だけで良いところ、余っていたもやしも一緒に煮込む計画です。煮込み汁も、本当は料理酒やみりんがあることが理想。が、私はあくまでも最低限の調味料で作ることを目指しました。

調理開始

焼き魚ばかりだと飽きてしまうので、たまには煮魚も食べたくなります。調理開始です。

味噌・水・しょうゆをIN

まず、分量通りの調味料と水をフライパンにIN。が、実際入れてみると、かなりの量になります。鯖を1尾だけ煮るには、少々多すぎる量。この時点で、もう2~3尾まとめて煮たいと思ってしまいました。

煮込み料理は、まとめて作れば作るほど節約になります。味噌煮を作ると最初から決めていれば、鯖をもっと買ってきたでしょう。これはうかつでした。

が、調理を開始してしまっては、今から買い出しに行くこともできません。この反省は次に活かすとして、今回は淡々と調理を進めていきます。

もやしをIN

フライパンの煮込み汁に、まずはもやしをINします。

P_20160402_181700

煮立たせる前はかなりのかさがあるので、このまま鯖を入れるのは少々強引になりそうです。(それ以前に、もやしを一緒に煮るという時点で強引ですが……)

そこで最初にもやしをひと煮立ちさせ、しんなりさせることに。もやしは煮たり焼いたりすると相当かさが減るので、野菜を多めに摂りたいときにも便利です。

鯖を煮こむこと15分

もやしがしんなりしたら、メインの鯖を投下します。

P_20160402_181958

せっかくの味噌煮で、鯖が1尾しかないのは少々寂しいです。代わりにもやしを入れてはいるものの、やはり鯖の代わりにするには荷が重すぎたようです。

このまま弱火でフタをし、じっくり煮こむこと15分。鯖が柔らかくなったら火を止め、完成です。

スポンサーリンク

実食

鯖1尾ともやし、一緒に煮込むとこうなりました。

P_20160402_184133

明らかに主張の強すぎるもやしに、多すぎる煮汁。きれいに食べられるか心配ですが、いざ実食。

煮汁が塩っぱすぎる。

煮汁は飲むものではないので、これ自体は良いです。問題は、付け合わせのもやし。煮汁をたっぷり吸い込んで、それはそれは塩辛く仕上がっていました。

肝心の鯖の方はほどよく味噌味が染みて、良い感じです。鯖を煮るための煮汁で、もやしも一緒に調理しようと考えたのがそもそもの間違いでした。

今度味噌煮を作るときは、鯖だけを煮込もう。せめてそれ以外を煮るにしても、同じ魚類にとどめておこう。そう心に誓いました。

残り汁はどうする?

さらなる問題は、余った煮汁の処理。このまま捨てるには、あまりに惜しい量を作ってしまいました。そこでひとまず、使い道が見つかるまで一時保存することに。

P_20160402_191934

お皿からタッパーに煮汁を移し、冷蔵庫にIN。元は味噌と醤油と水なので、そう簡単には傷まないことを願いました。

鯖の味噌煮自体は、難しい手間もいらずとても簡単です。3~4尾くらいをまとめて煮ておけば、ご飯のおかずに困ることもありません。

後の課題は、残った煮汁の使い道。ここを上手く処理できればエコにもつながるので、色々調べてみようと思います。

スポンサーリンク

Posted by yayoi