ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

環境問題から考える、エコで地球にやさしい洋服との付き合い方とは?

スポンサーリンク

今回は、地球環境にやさしいエコ洋服との付き合い方を考えます。

どんな衣類も、元は貴重な資源を使って作られたものです。植物・染料・さらにそれを運ぶための燃料など。1着が手元に届くまでには、多くのコストがかかります。

洋服も消耗品ですが、1着1着を大切に扱うことはできます。服との付き合い方を変えるのも、立派なエコ活動です。

スポンサーリンク

買う量を減らす

まず私たちができる一番身近な対策は、「服を買う量を減らす」ことではないでしょうか。買う量が減れば、作られる量も少なくて済みます。

今の洋服は、買う量に対して作る量が多すぎる「供給過多」の状態です。が、これを止めるには、私たち買う側の行動を改めるのが先です。こちらが買う量を抑えれば、企業も戦略を変えざるを得なくなります。

イマイチな服を選ばない

服を買う量を減らせるかどうかは、1着1着の満足度をいかに上げるかにかかっています。イマイチな服はすぐに飽きてしまい、また新しい服が欲しくなるからです。

服を買うときは「お得かどうか」よりも、「長く着たいかどうか」の方が大事です⇒イマイチなファッションから抜け出せる、「安い」だけで洋服を買わない対策

安さや流行りに関わらず、自分が着たいと思うものが見つかるまでじっくり探し続けます。お気に入りだけを買えば、買う量は少なくても満足度は高くなります。

お気に入りの服を選ぶには、自分の軸が大事です⇒ミニマリスト的、服のコーディネート方法。自分の定番ファッションを見つける秘訣

環境に配慮した服を買う

前でも言いましたが、今のファッション業界は「大量生産・大量消費」が基本です。このシステムは、明らかに環境に負荷をかけるものです。

今、洋服は買う人に対して作られる量が多すぎる「供給過多」と言われています。特にファストファッションブランドは、コスト削減のためにこのシステムをフル活用しています。

洋服のコストを下げる裏では、色々な犠牲が払われています⇒安くておしゃれなファストファッションの裏側にある問題点とは?

けれど企業がこういう戦略に出るのは、私たち買う側が「もっと安くして欲しい」と思っているからです。最初にこちらが意識を変えないと、企業は変わりません。

最近はファストファッションに対し、環境にやさしいエシカルファッションというものが注目されています。地球や労働者のことを考えた、持続可能なファッションのことです。

オーガニックコットンを使った服や、フェアトレードの服もエシカルファッションです⇒ミニマリスト的、洋服との付き合い方。地球環境にやさしいエシカルファッションとは?

エシカルファッションは値段が高めなので、いきなり取り入れるのは難しいかもしれません。そういう場合でも、服を買うときはファストファッションにしないなどの対策はできるかと思います。

ビンテージも候補に入れる

服は、新品で買うことが原則のように思われています。次に服を買うときは、中古服という選択肢も入れてはどうでしょうか。

地元のリサイクル店から街中のビンテージショップまで、一口に中古服といっても販売ルートは色々です。新品よりも割安なので、ファッション費の節約にもなります。

スポンサーリンク

なるべく長く着る

手持ちの服を長く着るのも、エコ活動の1つです。服の寿命は1年が限界という説もありますが、何年も着続けることは十分できます。

服が着なくなるタイミングは、「ボロボロになった」か「飽きた」のどちらかです。この2つを対策すれば、服の寿命は何倍にも伸びます。

このうちの「飽き」への対策は、前の「着たい服をじっくり選ぶ」ことが一番有効です。1着1着への愛着が深ければ、そう簡単には飽きません。

イマイチな服を買わないのは、「買う量を減らす」「1着を長く着る」の両方の対策になります。手持ちの服が少ないと、1着を大事にしようという意識も持ちやすいです。

服が傷むのは、ゴシゴシ洗うときや脱水のときです。洗濯のときに生地を優しく扱うことで、不要なダメージを避けられます。

服へのダメージを減らすには、手洗いという手もあります⇒一人暮らしの手洗い洗濯。洗いものの手間を減らして家事を楽にするコツ

ボタンが取れたり穴が空いてしまったときも、被害が小さいなら繕うこともできます。私もたまに穴を見つけたときは、自分で直すようにしています。

捨てずにリサイクル

服を手放すときも、ただ捨てずにリサイクルできないか考えます。特に「キレイだけど着てない服」の処分には、リサイクルが効きます。

まずは手軽な「宅配買い取り」を使うのがおすすめです⇒大掃除や引っ越しの断捨離におすすめ。リサイクルの買取王子を利用した感想とレビュー

さらに、こちらがお金を払う有料リサイクルもあります⇒断捨離した不要品の処分に、買い取り王子の宅配リサイクルを利用して感じたメリット

安ものはリサイクルしづらい

リサイクル服の中でも人気があるのは、新品同然の服やブランドの服などです。着倒した安もの服などは状態も悪いので、在庫が余りがちになります。

ファストファッションもリサイクルに出されることが多いですが、数が大量で質が悪く、人気がありません。そのため大量の在庫が山積みとなり、かえってゴミ問題を深刻にしているという事情があります。

服をリサイクルに回すときは、「自分でこれを着たいかどうか」を考えるようにします。自分の身になれば、ボロボロのヨレヨレ服を選ぼうとは思わないはずです。

あまりに傷みのひどいの服は、ゴミにする前に雑巾の代わりに使うのがおすすめです。服を小さくカットして作る「ウエス」は、拭き掃除ならどこでも使えて便利です。

「自分1人がエコに力を入れてもしょうがない」と感じるかもしれませんが、それは行動を起こさない理由にはなりません。効果の大小はどうあれ、やろうと思えばできるはずです。

周りがどうあれ、まずは自分から動く。地道なようでも、これが一番確実な近道でもあります。

スポンサーリンク

Posted by yayoi