ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

会社や学校の昼休み、昼食を食べる時間が短すぎ。もっとのんびり過ごす対策。

スポンサーリンク

会社や学校昼休み、あの時間配分は果たして理想的なんだろうか。特に昼食を食べる時間の割合が、短すぎやしないかと思う。

ちなみに中学生時代、私の学校昼食を食べる時間が10分しか無かった。当時は普通に食べていたが、今思うとずい分スパルタだった。何でこんな悲劇が巻き起こったんだろう。

ただでさえ日本人は働きすぎなんだから、昼休みくらいのんびり過ごさせてほしいものである。そこで、昼休みをもっとゆとりを持って過ごすための対策を考えてみた。

スポンサーリンク

昼食の時間が15分←どう考えても短すぎ

つい先日市長選があった横浜市は、中学校の昼食を食べる時間が平均15分ということだ。私の時代を思うと、学校給食の時間の異常な短さは15年以上ほぼ変わってないらしい。

ご飯の時間が異常に短いのは、昼休みのシステム自体に問題がある。中学校の昼休みは、こんな感じになっているところが多いんじゃないだろうか↓

・ご飯の準備の時間…5~15分

・食べる時間…10~15分

・昼休み…20分

・合計…45分

まず、昼休み45分というのが短すぎる。一体どこのブラック企業だろう。

ちなみに私の学校は給食があったが、とにかく準備にやたらと時間がかかっていた記憶がある。早く準備できれば20分は食べる時間を確保できたと思うが、何だかんだで15分はかかっていた。

横浜市では給食なしのお弁当で、しかもコンビニ弁当などは厳禁とのこと。もし弁当を持ってこれない場合は、学校が用意したものを取りに行く必要がある。おそらく、このゴタゴタに時間がかかり過ぎているんだろう。

バラバラに頂いちゃいけないの?

そして中学校では、「いただきます」などと一斉に挨拶してからでないと食べられなかった記憶がある。もし今もこの挨拶ルールがあるなら、早く準備できた子供も待たないといけない。

挨拶はあっても良いが、待機時間はもったいない。各自準備ができたら食べ始め、皆がそろってから形式的に「いただきます」でも良いんじゃなかろうか。

学校は食べる専用の時間があっても良いんじゃ?

さらに、食べる専用の時間も作ってほしい。私としては、

・準備時間…20分

・食べる時間…30分

・昼休み…30分

くらい時間があると、ありがたかったなあと思う。

用意できた人からどんどん食べるようにすれば、準備時間が余っても有効活用できるだろう。45分の間に何でもかんでも詰め込もうとするのが、そもそもの問題なんじゃなかろうか。

中学生のときは何の疑問も感じなかったが、学校は何とも融通が利かない場所だと実感する。今の私が学校に戻ったら、1週間で行かなくなりそうだ。

ついでに昼休みの後は自由学習にして、好きに時間を使わせても良いんじゃないかと思う。貴重な青春時代の時間の大半を、授業で潰すというのはもったいなくはないか。

会社も会社でお昼の時間が短い

学校の昼食の短さは明らかに異常だが、会社やバイトでも意外と時間は短い。私が会社勤めのときは、昼ごはんはこんな感じになっていた↓

・食べる時間…15~30分

・行き帰りの時間など諸々…30~40分

弁当を持ってこない場合、コンビニで買ってきたり近所の店に行くことになる。しかしお昼時はどこも混んでいるので、何だかんだで30分以上は取られていたと思う。どう考えてももったいない。

これでは、お昼を食べるだけで昼休みが終わってしまう。胃にご飯を詰め込んで終わるだけの休みなど、実に味気ない。もっと食休みさせろという話だ。

昼休みが短い←昼ごはんを食べずに対処

私も会社に入ってしばらくは、弁当を食べたり店に行ったりしていた。が、時間はかかるしお金はかかるしで、のっけから不満だらけだった。なので途中から、昼ごはんを食べることを止めにした。

私は12時くらいだとお腹が空かないことも多かったので、昼ごはん抜きはあまり気にならなかった。むしろその間、本を読んだりゲームの時間が増えてラッキーと思っていたくらいだ。

周りからは「おかしな奴だ」と思われたが、貴重な休みくらいは自由に使いたい。ついでにご飯も、自分が食べたいときに食べるのが一番だと思う。

 

昼食を自主的にずらす

しかし普段は大丈夫でも、ときには空きっ腹が気になってくる。当時の私は水を飲んだりしつつ我慢をしていたが、そういうときは普通に食べれば良かった。

ちょっとお行儀は悪いが、デスクワークなら食べながらでも仕事は出来る。お昼休みにお腹が空かなかったなら、13時でも14時でも、好きなときにご飯を食べても問題は無いはずだ。

(実際にやってみて、ぜひとも皆の反応を伺ってみたかった)

もっとスマートに行くなら、オヤツを食べるという方法もあった。遅飯はアウトの可能性もあるが、オヤツなら堂々と食べても(多分)セーフだろう。

ちなみに、私がおすすめのオヤツは素焼きのナッツだ⇒健康生活は1日100円で手に入る。素焼きの無塩ミックスナッツの効果とは。

私以外の誰もオヤツを食べていなかったから遠慮していたが、「遠慮なんてしなくて良かったんや」とも感じる。なぜ会社員時代の私は、色々と周りに遠慮していたのか全く分からない。

たかが昼休み、されど昼休み。「お昼の12時」に限らず、もっと自由にお昼休みを取れても良いんじゃないだろうか。

そしてお昼を食べ切れない人間にとって、昼食の時間が短いというのは過酷なものだ。生徒の個性を重んじると言うなら、その辺りの個性も大事にしてもらいたい。

 

スポンサーリンク

Posted by yayoi