ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

スマホゲームの課金問題、カレジョがハマって抜け出すまでの道~カレジョの黒歴史~

スポンサーリンク

貧乏なカレジョの黒歴史、今回はスマホゲームの課金にハマったときの話です。

スマホゲームに、多いときは月に10,000円は費やしていた日々。廃課金者では無いものの、月10,000円は普通に高いです。

何故そこまでスマホゲームにハマり、そしてどうやって課金を止めたのか?私がたどった道のりを紹介します。

スポンサーリンク

暇つぶしに携帯ゲームを始たことがきっかけ

私が携帯ゲームをプレイし始めたのは、新しいゲームがなかなか変えずに他の暇つぶしを探していたからです。

昔はよく、売り切りのゲームアプリをダウンロードして遊んでいました。1本が数百円で1ヶ月くらい遊べる作品もあるなど、なかなか良心的だったと思います。

しかしそのうち、基本無料で課金制のゲームアプリが出回り始めました。当時からものすごい大人気で、私も「基本無料なら」と軽い気持ちで始めてみたのです。

しかしサクサク遊べたのは最初のうちだけで、そのうちに全く勝てなくなってきます。そこからだんだんと、強いキャラクターが欲しくて課金したくなってくるのです。

私がスマホゲームにハマっていた様子はこちら⇒人気スマホゲームの罠にハマり、節約とは真逆の浪費家生活を経験した私の黒歴史

それでもまだ、最初のうちは課金は我慢していました。しかしその我慢も、あるきっかけで崩れることになります。

仕事のストレス発散に課金

その大きなきっかけが、仕事のストレスです。エンジニアとして会社で働いていた頃は、残業も多く毎日パソコンと睨み合う日々。だんだん鬱屈としてきました。

そんなときに良いストレス発散になったのが、スマホゲームにお金を使うこと。一度に使うのは1,000~5,000円ていどですが、一気に課金すると気分がスカッとするのです。

むしろスマホゲームの課金を楽しみに、給料日まで働いていた気もします。ゲーム以外に夢中になれる趣味もなく、課金で憂さを晴らすことが当時の大きな楽しみでした。

しかし、仕事のストレスをお金で発散するというのは、あまり健全じゃありません。またその分のお金を、仕事で稼ぐという矛盾した状況にもなりうるからです。

だったら最初から、ストレスが溜まらない働き方に変えた方が良いんじゃないでしょうか。転職が難しい現代社会ではありますが、今後の人生を考えると大事なことだと思います。

強力なキャラが欲しくて課金

ストレス発散という以外にも、単純に強力なキャラクターをゲットしてゲームを楽に進めたいという思いもありました。元々ゲームが好きな私は、人に勝ったりイベントをクリアするのが楽しかったのです。

しかしスマホゲームの勢力図というのは、すぐに塗り替わります。私が最初に課金にハマった「ドラゴンコレクション」などは、毎月・毎週のようにより強力なキャラクターが出てくる鬼仕様でした。

そのため快適にゲームを楽しもうと思ったら、どんどん課金をしないとやっていけなくなるのです。オマケに強いキャラクターほど滅多に出てこないので、精神的にも辛いものがありました。

辛いなら課金を止めれば良いのですが、他のプレーヤーと絡んでいたりするとなかなか抜けられません。私もドラコレではコミュニティに入っていたので、止めるに止められませんでした。

仲間内でワイワイやるのは楽しいのですが、止めたくなったときが厄介です。他のプレーヤーのことが気になってしまう人ほど、仲間を作るのは注意した方が良いです。

気に入ったゲームへのお布施の気持ち

ドラゴンコレクションの課金は精神的に辛いものがありましたが、気に入ったスマホゲームへは「お布施」の気持ちも込めて課金していたことがあります。

そういうときの課金は、そのゲームがもっと盛り上がって欲しいという応援の気持ちからです。最初から割り切って課金するので、後悔などは感じませんでした。

こういうお布施の課金は、今後も気に入ったゲームがあったらやるかもしれません。

スポンサーリンク

ゲーム内の競争に疲れ果てた

そんな風に課金を繰り返してきた私が、どうやってそこから抜け出したのか?まず1つに、ゲーム内の競争に疲れ果ててしまったというのがあります。

特に前に紹介したドラコレでは、プレーヤー同士が競ってお宝を奪い合う仕組みがありました。気を抜くとどんどん宝が奪われるので、お風呂の間も気が休まりませんでした。

最初のうちはそれも楽しいですが、そんなことが続くとやはり疲れてくるものです。スマホゲームの中のことで一喜一憂したり、お宝のことで不安を感じることがストレスでした。

ゲームに費やす時間が長くて苦痛になってきた

そうやってゲームのことばかり考えているので、当然1日のうちでスマホゲームをプレイする時間も長くなります。すると寝る時間や、ほかのことを楽しむ時間も減ってしまいます。

しかしスマホゲームを始めたのは、元々暇つぶしが目的だったはず。その暇つぶしに、多くの時間を取られるというのはおかしなものです。

私もスマホゲーム以外に文章を書いたり本を読んだり、さらにはスマホ以外のゲームを楽しんだりと、ほかにもやりたいことが色々あります。その時間を犠牲にして、スマホゲームをやるのは苦痛でした。

長らく遊んだスマホゲームを止めるのは勇気が入りますが、止めると気分が楽になることも事実。もう毎日ログインして、ダンジョンを回らずに済むんだと思うと心が軽くなりました。

フリーになってストレスとお金が減った

もっと根本的なところでは、会社勤めからフリーになってストレスが大幅に減ったという理由もあります。ストレスが減ると、課金したい衝動もほとんど無くなりました。

また、単純に一人暮らしで家計がきつくなり、スマホゲームにかける余裕が無くなったというのもあります。流石に借金をしてでも、課金をするというところまではいきませんでした。

お金があると思うから、ついつい課金してしまうというのはあると思います。生活費以外は定期口座に入れてしまうなど、簡単に使えないようにするのも有効じゃないでしょうか。

スマホゲームは楽しいですが、ハマりすぎると苦痛になってきます。ゲームがしんどくなってきたら、いったん離れてみることも大事です。

課金を止めたいのに止められないというときは、もしかしたら依存かもしれません。そうなると自力で止めるのは難しいので、専門家のカウンセリングを受けた方が良いです。

スポンサーリンク

Posted by yayoi