ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

30代女性のファッション、20代のときの洋服を着続けるときのポイントとは?

スポンサーリンク

今回は、30代女性ファッションについて考えます。10代・20代の頃には大丈夫だったコーディネートは、30代でも違和感なく着続けられるのでしょうか。

私自身はここ数年新しい服を増やしておらず、手持ちの服はほとんどギリギリ20代の頃に買ったものばかり。今はまだ大丈夫でも、これからアラフォーに近づいたら無理が出てくるかもしれません。

「今の自分に着れそうなファッションとは?」。そういうことを考えながら服を選ぶことも、30代からは大事になってくるのだと実感しています。

スポンサーリンク

見た目・スタイルは変わっていないか?

若い頃の服が着こなせなくなる理由の1つは、見た目やスタイルが変わることにあります。昔の写真と今の自分を比べて、変わっているところはないでしょうか。

肌の調子、ヒップから太もものライン、お腹や背中周りのお肉など。ふとしたときに鏡で見ると、自分が想像していたよりもひどい姿にがく然となることもあります。

「いつものファッションがなぜか決まらない」。そういうときは、外見が昔と微妙に変わったことを疑います。まずは、今の自分の状態を知ることです。

自分の変化が分かれば、似合うファッションを探す、昔のスタイルに近づけるために運動するなどの対策も取れます。

生活スタイルや年齢が変わっても、着たい服を選ぶことは十分できます⇒ミニマリストらしい服はない。自分の生活から考えるファッションとは?

今でも自分の好みか?

若い頃と今では、好みが変わっている場合も多くあります。昔からのお気に入りの服は、今でも変わらずにお気に入りでしょうか。知らず知らずのうちに、着る回数が減ってきた服などはありませんか。

私も最近までは、大きなプリントやスパンコール付きのTシャツを持ち続けていました。けれど引っ越しを機に見直してみると、昔ほど「着たい」という思いが起こらなかったのです。

そのほか、生活スタイルに合わない上着なども断捨離しました⇒洋服の断捨離、4回め。大好きなアウターやボトムスを片付けた理由とは

前に言った「見た目が変わって違和感が出てきた」という影響もあり、今はよりシンプルなデザインの服を選ぶように。主にベーシックな色の無地で、柄ものは派手すぎないチェックかボーダーです。

好みでなくなった服をずっと残しておくと、クローゼットの中が「着ない服」だらけになります。今まで洋服を増やす一方だった人は、中身の見直しと断捨離を1度はやる方が良いです。

スポンサーリンク

変わらず続けたいスタイルは何か?

「年齢に関わらず、ずっと続けたいスタイルは何か?」。これを考えておくと、年齢別のファッションでも迷うことがなくなります。

「ワンピースやスカートを履き続けたい」「花柄が好き」など、今も変わらずに続くスタイルがあると思います。その1点を守れば、周りのデザインや生地の風合いなどが変わっても自分のスタイルが崩れません。

私の場合はパンツスタイル、特にジーンズを履き続けられるのが理想です⇒私がジーンズファッションを続ける理由と、そのメリットとは

今までずっとカジュアルスタイルが好きだったのに、いきなり「アラフォーだからエレガントにしよう」としても無理です。スカート・ヒール・タイツなどは、おそらくこれからも縁の無いアイテムです。

20代の頃は年齢のことなど全く気にしていませんでしたが、30代にさしかかると「齢」のことを考える時間が増えた気がします。それは同時に、每日着る服について考えるきっかけにもなりました。

「今でも似合う服はどんなものか?」「いくつになっても自分が着続けたい服は何か?」。これからも自分らしいファッションを楽しむには、そういったことを考えるのも大事なのではと思います。

スポンサーリンク

Posted by yayoi