弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

新生活に必要な日用品は、こんなものだけあれば生活できた。

スポンサーリンク

何かとものが増えがちな新生活。私が今も使い続けている、「これだけあれば生活できた」という最低限必要な日用品を紹介します。

細々した日用品は、最初から一気に揃えようとするとキリがありません。必要だと思ったらその都度買った方が、生活費も節約できます。

ならば、まずはどんなものがあれば暮らしは成り立つのか?参考にしてみてください。

シャンプー・洗剤などの消耗品はなし

私は現状、シャンプー・石けん・洗剤などの消耗品をほとんど使っていません。おかげで、毎月の日用品台は平均5,00円以下です。

最近の家計簿はこちらから。日用品代は、多くても1000円前後です⇒保険料の支払いを忘れた~枯れ女ミニマリスト・1月の財布事情~

家の中の消耗品を減らすと、

・お金がかからない

・買い物の手間が減る

・ストックの必要がないので収納がスッキリ

という数々のメリットが。

例え数百円でも生活費を安くしたい私にとって、消耗品を買い足さなくて良いというのは大いに大事なのです。

シャンプーやリンスは、今はお湯だけで髪を洗う「湯シャン」なので必要なし。ついでに石けんを使うのも止め、100円ショップの垢すりタオルだけで身体は洗っています。

湯シャンでも、頭皮はきれいになります。詳しい話はこちらから⇒頭皮の乾燥に効く湯シャンの正しいやり方とは?抜け毛や薄毛のお悩み解消。

洗剤も、洗濯用はセスキ炭酸で。食器は水だけで洗える「びわこふきん」を使っています。

頑固な油汚れも、びわこふきんで一掃。こちらで紹介中です⇒びわこふきんで食器洗い。ミニマリスト生活を目指す私のシンプルな洗い物

「あって当たり前」と思うものでも、無くても平気なものは意外と多いです。新生活は、身の回りにある数々の日用品を見直す大きなチャンスだと思います。

掃除は雑巾&ワイパーで

主に掃除は、雑巾とワイパーで済ませます。床掃除のときは、ワイパーに雑巾を取り付けてやっていました。

最近は面倒でサボりがちですが、雑巾がけを頑張っていたこともあります⇒ミニマリストの部屋の掃除に、時間はどれくらいかかる?実際に計ってみた結果とは

巷には便利なお掃除グッズもたくさんありますが、大抵は雑巾だけでも何とかなるものです。去年の大掃除は、ほぼ雑巾1枚でしのぎました。

その大掃除の様子はこちらから⇒これで年越しもひと安心。物を持たない一人暮らしの大掃除まとめ。

特に一人暮らしの場合、そんなに部屋も広くないはずです。掃除はシンプルに、雑巾やワイパーで済ませた方がかえって楽なんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

タオルはフェイスタオルだけあれば良い

日用品のなかでも、場所を取ってかさばりやすいタオル類。バスタオルの代わりに、フェイスタオルだけでも意外と不便はありません。

バスタオルを使わない暮らしの話はこちらでも⇒ミニマリスト流節約術。バスタオルの断捨離は、洗濯物もハンガーも減っておすすめです

バスタオルに比べ、フェイスタオルの大きさは半分ほど。収納が一気に半分ほどになるというのは、なかなか爽快じゃないでしょうか。

また、フェイスタオルだけなら整理も簡単。サイズが1つなので、カゴを使い分ける必要もなくなるのです。

私はカゴは使わず、脱衣所の一画に積んであります⇒お風呂場にはシャンプーも石けんもなし。~枯れ女ミニマリストの部屋~

さらに一番嬉しいのが、フェイスタオルは洗濯が楽だということ。手洗いでもさほど手間がかからず、干すときも省スペース。乾きも早いと良いことづく目です。

我が家には洗濯機がないので、洗い物の手間を減らすことは重要事です。私が実践中の方法はこちら⇒洗濯機も洗剤も使わず、セスキ炭酸を使って洋服を洗う節約術

フェイスタオル1枚でも、身体や髪は意外と拭けます。脱衣所の収納が小さいなら、いっそバスタオルは断捨離するのも良いんじゃないでしょうか。

ハンガーは上着やシャツだけに

洋服のハンガー収納は楽ですが、たたんでしまった方がスペースいらずです。上着やシャツ、ワンピースなど、ハンガーにかけておいた方が良いものだけにした方がスッキリします。

そうでなくとも、クリーニングなどでもらうとハンガーは増える一方です⇒今すぐ断捨離して、片付けすべき7つの小物たち。知らぬ間に汚部屋をつくる厄介者 場所は「3.ハンガー」です。

私が今使っているハンガーは、アウター用7つと洗濯ものを干す用の4つ。余っていたハンガーは全て処分しました。

空のハンガーは、どこかにしまっておくにも適当な場所が見つかりません。あの独特な形は、やたらとスペースを取って厄介です。

かといって、そのまま引っ掛けておいてもやはり服を取るときの邪魔に。上着を取るときハンガーが引っかかったり、その拍子に落としてしまってちょっとイライラします。

やはりハンガーは、使う分だけをクローゼットにかけて置くのが一番。少な過ぎは困りますが、余るほどあっても不便です。

メモ用のノートとペンは何かと使う

用意しておいて何かと便利だったのは、ちょっとしたメモに使えるペンとノート。鉛筆やシャープペンシルより、ボールペンで書くことの方が多いです。

また、ライターという職業柄、本を読むときやネットでネタを探すときもメモは欠かせません。

元々メモが苦手なズボラでしたが、30代に入ってからどうも記憶力が落ちたような気がします。大事なことはしっかり書いておいた方が忘れにくいということを、ようやく実感しました。

スマホのメモもあるにはありますが、サッと書いておくには手書きの方が早くて楽。そのときどきで使い分けるのが良いのだと思います。

やたらと日用品を増やさないコツは、最初からズラッと揃えないことです。実際生活を始めてみないと、何が必要かは案外分かりません。

増やすのは簡単ですが、後から減らすのは面倒。新生活を始めるときこそ、最初に買うものは厳選した方が良いです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿