弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

趣味がショッピングでも無駄遣いをなくせる方法5つ。節約も断捨離も、買い物を止めれば簡単に成功します

公開日:2015.11.27 最終更新日:2016.04.18

スポンサーリンク

節約断捨離に疲れてきたときは、趣味の時間をつくってでストレスを発散させることがおすすめです。けれども「趣味がショッピング」という人は、趣味に時間を費やすほど逆効果となってしまいます。

今回は、趣味が買い物の人でも無駄遣いを止められる方法についてお話します。「買い物を止めるなんて無理!」と思うかもしれませんが、少し習慣を変えるだけでものが欲しい気持ちは制御できるようになります。

買い物の量を減らせば、節約と断捨離は格段に楽になります。ものを買うことが目的のショッピングから卒業して、家の中も家計もスッキリさせましょう。

1.買い物の記録をつける

何かを買ったとき、それを記録すると効果的です。手帳やノート、スマホアプリなど使いやすいものに書き留めておきます。日々の買い物は省略し、予定外の買い物をしたときだけ記録することがポイントです。

これは家計簿ではないので、細かく分類する必要はありません。大体で良いので、買ったものと値段、その日の気分などを記録して下さい。記録漏れがあっても気にせず、気がついた時だけ書けば大丈夫です。

買い物と記録の頻度にもよりますが、大体1~2ヶ月もすれば記録が溜まってくると思います。最初の方を忘れたころに、今までの記録を見返してみましょう。

もしかしたら、自分がどれだけ余計なお金を使っていたかが分かって驚くかもしれません。今まで無自覚だった無駄遣いを認識することで、自然と「節約しなきゃ」という方向に意識が向かいやすくなります。

同時に気分を書き留めておくと、「買い物をしたくなるときの傾向性」が見えてくると思います。仕事でムシャクシャしたとき、失敗して落ち込んだときなど、自分のパターンが掴めるようになります。

自分のパターンが分かれば、次に同じような状況になったとき「無駄遣いに気をつけなきゃ」と事前にブレーキをかけられます。買い物以外のリラックス手段を見つければ、無駄遣いを減らすことにも繋がります。

2.時間をおく

街中の「限定SALE」の看板や、ネットショップの「本日のお買い得コーナー」の文字に反応してはいないでしょうか?このような言葉が大好きな場合、一旦時間をおく習慣をつけましょう。

最低でも3日、可能であれば1ヶ月ほどは様子を見たいところです。時間がたっても欲しい気持ちが変わらなければ、そのとき始めて買うかどうか考えましょう。

「早く買わないとセール期間が終わってしまう」と焦ることはありません。普通の値段では欲しくないと思うのであれば、それは本当にあなたが欲しいものではなかったのかもしれません。

買わせる側は私たちを焦らせることで、勢いでものを買わせようとしている面があります。まんまとそれにハマると、大して欲しくないものまで「買わなきゃ損」と思い込まされてしまいます。

特にこれからの時期は、クリスマスや年末セールが増えます。衝動買いが多い人は警戒すべきです⇒洋服断捨離の大敵、年末やクリスマスのセールの対策法。今ある衣類だけで、年越しは十分できます

心の底から欲しいと思うのであれば、高くても構わずに買うのではないでしょうか。または、再び安くなるのを気長に待つこともできると思います。

スポンサーリンク

3.お金のかからない趣味を見つける

買い物が趣味では、いくらお金があってもキリがありません。代わりにお金のかからない趣味を見つければ、節約も気分転換も出来て一石二鳥です。買い物以外に好きなことがあれば、是非挑戦してみましょう。

例えば、こんなものでも趣味になります⇒枯れ女流の節約術。おすすめのお金がかからない趣味5選

ヒマな休日も、買い物せずとも楽しめる方法はあります⇒枯れ女流の節約術。お金がなくてもタダで楽しめると知りました

別の趣味を見つけるときの注意は、その趣味のためにさらなる支出をしないことです。節約のための趣味で、新たに買物をするきっかけを作っては元も子もありません。

気軽にできるウォーキングも、シューズやウェアなど気にすればとキリがありません。なるべく、手持ちのもので済ませるようにして下さい。手芸で道具を買う場合でも、今では100円ショップなどで十分に揃います。

必要なものは出来る限り手持ちで済ませ、どうしても足りないものだけを買うよう、常に心がけるようにしましょう。

4.無駄遣いを止める「骨太」の理由を見つける

今無駄遣いに悩んでいる場合、それを止めたい理由があるはずです。「子供の教育費」「家を買うときの頭金」など、お金を節約したい理由を目につきやすい場所に張り紙しておきましょう。

買い物をしたくなったら、すかさず張り紙を確認。「自分はこのためにお金を節約するんだ」と、その都度自分に言い聞かせます。これを繰り返せば、やがて張り紙を見ずに意識できるようになると思います。

そこまで骨太の理由がない場合は、無駄遣いをしたときにペナルティを課してはどうでしょうか。「嫌いな食べ物を料理に入れる」「1週間おやつ禁止」など、自分がやりたくないものほど効果があります。

洋服が欲しいときは、「1着買ったら1着捨てる」などのルールをつくることももできます⇒断捨離中なのに洋服が恋しい。新しいものが欲しいときはこう対処しています

ペナルティばかりでは嫌になるので、逆にノルマをクリア出来たときはボーナスを出すのも有効です。そのときはものを買うのではなく、好きな本を読んだり映画などのサービスを利用しましょう。

5.つもり貯金をする

何か欲しいものが見つかったら、それを買ったつもりで貯金箱に値段分のお金を入れてしまいます。支出の先は違いますが、財布からお金を出すだけでものを買ったような気分をいくらか味わうことが出来ます。

コンビニのお菓子を我慢したら貯金。セレクトショップのマグカップを買うのを止めたら貯金。つもり貯金のタイミングを見つけて貯金箱に入れていけば、無理なくお金を貯めることも出来ます。

買い物はカードが多かったり、高額な買い物を我慢したときは貯金が難しいかもしれません。そんなときは、スマホの「つもり貯金」アプリが便利です。我慢した金額を入力するだけで、節約した金額が分かります。

アプリの中には目標金額を設定できたり、金額を達成したときのごほうび機能が付いたものもあります。いちいち貯金箱を用意するのが面倒な場合は、アプリの利用を検討してみてください。

ショッピングが楽しいのは、買った瞬間だけです。後に残されるものがあまり欲しくないグッズの数々だとしたら、それはものにとっても自分にとっても哀しいことではないでしょうか。

買い物は気分を紛らわせる手段ではなく、本当に欲しいものを手に入れる目的で行うものです。無駄遣いを重ねて節約と片付けに苦労するのは、とても疲れはしませんか?

無駄な買い物を減らせれば、節約と断捨離を無理にしなくても良くなります。その分余ったお金を時間を、本当に欲しいものや自分がやりたいことに使う生活を送れるようになりますよ。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿