弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

正しい書類収納の大切さを学んだ出来事。10年間ログインしてなかった、楽天銀行復活の失敗談

公開日:2015.11.23 最終更新日:2016.01.19

スポンサーリンク

先日、10年以上もログインしていなかった楽天銀行アカウントを復活させました。

今回はアカウント復活の道のりと、そこで私がやった失敗談の話です。

理由は、私が楽天銀行関連の書類をしっかり保管しておかなかったため。面倒だからと書類を放ったらかしにしていると、後々面倒なことになってしまうのです。

楽天銀行復活

楽天銀行が昔イーバンク銀行という名前だったことは、どれくらいの人が覚えているでしょうか。私は、旧イーバンク銀行の時代に口座を開設しました。

理由は、イーバンク口座間の振込手数料が無料だったから。当時ヤフオクにハマっていた私は、手数料0円のイーバンク銀行を使い倒していました。

しかしその後、楽天銀行に変わると振込手数料が有料に。それ以来、楽天銀行を使うことがなくなりました。

そして10年が過ぎた

その後ヤフオクブームも過ぎ去り、10年以上が過ぎたつい先日。それまで放ったらかしだった楽天銀行の存在が気にかかり始めました。

どうやら3年前の2012年、楽天銀行口座間の振込手数料はとっくに無料となっていたようなのです。数週間前まで、私はその事実を知らずに過ごしていたのでした。

手数料無料なら昔のように使えるし、まだ口座にお金が残っていたはず。それならば、昔のアカウントを復活させた方が得ではないか?

そうして重い腰を上げ、楽天銀行の口座を復活させることに決めたのでした。

パスワードと合言葉の壁

問題はここからです。私の持っているログイン情報は、イーバンク銀行時代のもののみ。これでは楽天銀行にログインが出来ませんでした。

しょうがないので「ログインでお困りのお客様」から、「IDもパスワードも分からない場合」をクリック。ここからログインパスワードの再設定が出来ます。

名前・住所など必要事項を記入したら、後は郵送で再設定用のハガキが来るのを待つばかり。ここまでで約1周間かかりました。

パスワード到着も、合言葉が分からない

やがてパスワード再設定のハガキが届き、新しくIDとパスワードを設定しなおしました。これで無事に復活かとおもいきや、まだ立ちはだかる壁が。

今度は、「合言葉を入力してください」との表示が。合言葉は大体すぐに思い出せるものにしているのですが、今度ばかりは勝手が違いました。

「学生時代の部活は?」

表示された瞬間、頭が「?」となりました。恐らく情報流出を警戒して、いつもとは違う質問にしたのでしょう。しかし、今となってそれが裏目に出るとは思いもよりませんでした。

中学・高校・小学校。どれを試してもなぜかダメ。ログイン制限がかかるまでチャレンジしましたが、諦めて合言葉の再設定をすることにしました。

ここでも名前と住所を入れて、再び郵送ハガキが来るのを待つことに。さらに1周間ほどかかりました。

パスワード再設定用のハガキはここで不要になったので、細かくちぎって紙用のダストボックスに。これが後に、私を後悔させることとなるとも知らず……。

ハガキに書いてあったもの

合言葉再設定用のハガキが届き、さあ今度こそと思いログイン画面をオープン。大事なIDとパスワードを記録してあるノートを開き、楽天銀行口座の情報を探しました。

「あれ?ない?」

いくら探しても、情報は見つかりません。何故だろうと焦る中、私はハッと思い出しました。後でノートに書こうと思い、パスワード再設定用のハガキにIDとパスワードをメモしていたことを。

慌ててダストボックスの元に駆け寄ると、幸い中身は捨てずにとってあります。大量の紙くずをかき分け、楽天銀行のハガキと思しき破片を探し出しました。

破片はかなり細かく破られ、どれがどの部分なのがすぐに検討がつきません。その後30分近く、ハガキのパズルを組み合わせる作業が続きました。

ようやくIDとパスワードが完成したときは、思わず歓喜のガッツポーツが出ました。すぐに、ノートにIDとパスワードを書いたことは言うまでもありません。

ちなみに、ログインした後の口座には1600円ほどが入っていました。やはり、口座を復活させて正解でした。

スポンサーリンク

書類を捨てるのは全部終わってから

今回の失敗で学んだことは、「関連書類は全部の用事が済んでから処分した方が良い」ということです。

ちょっと考えればすぐに分かることですが、紙ものの整理が一切できなかった私には、その最低限のルールすら実践できませんでした。

古い書類と新しい書類がごっちゃになり、一旦しまうと書類を探すのが大変なケースやファイル。今回の楽天銀行のハガキのような、短い時間しか必要ない紙ものはしまわずに捨てることがほとんどでした。

が、よく確認もせずに捨ててしまうと、今回のような面倒な事態になってしまいます。

そこでこんまりさんの書類収納を実践すると、驚くほど便利になりました⇒近藤麻理恵流の片づけ方法で、書類を再断捨離。苦しめられた紙ものとの戦い、遂に決着(画像あり)

こんまりさんの書類の仕分けは、「作業が終わってないもの」「頻繁に使うもの」「重要な書類」の3パターンで書類を分けます。楽天銀行のハガキなら、「作業が終わってないもの」に仕分ければよいだけです。

これなら書類を探しやすくなり、うっかり捨ててしまうような事態を避けることも出来ます。今後は、バラバラのハガキでジグソーパズルをやることもないと思います。

振り込みが必要な書類などを、すぐになくして探しまわるようなことはありませんか?

書類の行方不明にお悩みの場合は、3パターンの収納方を是非お試しください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850371総閲覧数:
  • 591今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ