弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

おしゃれ上手は節約も上手?今家にある洋服でコーディネート楽しむ方法。

公開日:2015.10.01 最終更新日:2016.10.07

スポンサーリンク

今家にある洋服だけでも、おしゃれは十分楽しめます。手持ちの服から自分流のスタイルが見つけて、コーディネートを楽に決める方法をお話します。

洋服選びに自分軸がないまま洋服を買うと、「こんなはずでは……」と失敗が多くなります。すると、新しい服がどんどん欲しくなり、おしゃれ費も余計にかかってしまうのです。

大事なことは、服選びで妥協せず「ほんとうに気に入った服を買う」こと。自分らしいスタイルの軸を見つければ、おしゃれ節約は両立できるのです。

自分軸がないうちは、服を買い足さない

おしゃれ費が節約できないダメなパターンは、「買ってきた洋服に合う服」をさらに買い足すこと。自分の好みからかけ離れた服が増えて、ますます自分が着たい服が分からなくなるからです。

専門用語では、これを「ディドロ効果」と言います。ものは、ものを呼びこむのです⇒節約の大敵、買い物の連鎖反応。人はこうして浪費する

私も、20代の頃はレースの付いた服なども何着か持っていました。が、元々の私の好みはシンプルでユニセックスな洋服。かわいい服の出番はほとんどなかったのです。

出番のない洋服をもっと着ようと、雑誌で研究したり新しいアイテムを買ってしまったり。「手持ちの服は全部着なきゃ」という、プレッシャーがあったように思います。

今は好みに合わない服は全部捨てて、少ない服で着回しています⇒ミニマリストの洋服10着コーディネートでファッション上手に。ズボラ流おしゃれ術。

着る服だけを残すと、おしゃれも楽しめるうえ「全部着こなす」という妙な責任から解放されてストレスが大きく減らせます。

自分の軸を持つには?

自分の軸が見つかると洋服への支出が減り、結果的に大きな節約になります。ファッションの自分軸を見つけるには、以下のステップを踏むと上手くいきます。

・着たいと思う服を残す

・今の自分に着こなせるかチェック

・毎日着る定番スタイルを決める

それぞれ、順番に説明します。

着たいと思う服を残す

まずは、手持ちの服を一通りチェック。ここで値段のことなどを考えてしまうと、手放せなくなります。最初は「自分が着たいかどうか」を基準に、直感的に選んでみてください。

質問形式で、着ない服を分けていくのも良い方法です。⇒ズボラもできる洋服の断捨離。処分が簡単になるシンプルな質問で、捨てるのに迷わない

ここで大事なことは、着る服を残すことです。片付けや整理のことはいったん脇において、着たい服だけをどんどん選んでください。

今の自分に着こなせるかチェック

着たい服を選んだら、次は「今の自分に着こなせそうか」をチェックします。特に無地やシンプルな形の服は、着回しに便利で使いやすいです。

逆に派手や色や柄ものの服は、自分の年齢にあっているかどうかを確認。若いときに買った服などは、気に入っていても着ないことが多くなりがちです。

サイズがキツめの服も、着る頻度が低くなります。「ダイエットしたら着よう」と思っている洋服などが合ったら、真っ先に断捨離した方がすっきりします。

大抵の場合、「いつか」はこないままで終わるのです⇒ミニマリストなら絶対やってる洋服の断捨離。ミニマルな生活は着ない服の処分から 最初の方の「「いつか」は絶対に来ないと知る」の部分です。

20代と30代とでは服の好みも変わるし、昔のスタイルが通用しなくなることもあります。鏡を見て違和感を感じたら、その服は要注意です。

スポンサーリンク

定番のスタイルを決める

自分に合った服を選んだら、よく使う定番スタイルを決めます。「ワンピース+レギンス」「カットソー+パンツ」など、大まかでも大丈夫です。後は定番コーディネートを着こなせば、自分流スタイルが完成します。

ちなみに、私の定番コーディネートはこんな感じです⇒ミニマリストを目指す私の秋冬ファッションコーディネート。おしゃれは少ない洋服から

ボトムスはジーンズなどのパンツスタイルで、トップスはカットソーやTシャツなどカジュアル服がメイン。最近はフォーマルでも使える、白シャツもお気に入りです。

おしゃれをしたいときの一工夫

普段は、自分で決めた定番スタイルを着こなし。けれども特別な用事のときは、普段のスタイルでは物足りないかもしれません。

こんなときは、定番スタイルにちょっと何かプラスするだけでグッと印象を変えることができます。

アウターで全体の雰囲気を変える

これは私が実践している方法です。トップスやボトムスが少ない代わりに、上着を多めに確保しています。

普段のお出かけスタイルなら、軽めのパーカー。仕事でもプライベートでも使える、黒のジャケット。少し個性を出したいときは、チェックのパーカーなど↓

P_20160406_115120

ただ単に上着が好きというのもあるのですが、同じコーディネートでもガラリとイメージが変わるので飽きません。

鮮やかな色の小物でアクセントを

「色がモノクロばかりで地味」というときは、小物で鮮やかな色を取り入れます。バッグやストールなどを鮮やかな色にすると、それだけで華やかな印象を持たせることができます。

私の場合は服や上着が黒っぽいので、小物には蛍光色の緑や原色の赤などを選ぶようにしています↓

P_20160405_165450

帽子は被るだけでおしゃれに見える便利アイテム

いつものコーディネートで、「何か決まらないな」というときは帽子が役に立ちます。夏は麦わら、冬はニット帽など、季節感を出しやすいのも帽子のポイントです。

「髪型をセットする時間がない!」というときも、くせっ毛を隠せるので非常に楽チンです。私のようなズボラ人間には、欠かすことのできないファッションアイテムでもあります。

自分流のスタイルをはっきりさせると、おしゃれを楽しみながら洋服代も無理なく減らせます。大事なことは、自分が着たい服だけ厳選することです。

お気に入りだけを残せば、手持ちの洋服は100%活用できます。おしゃれ費を節約したい人は、「自分軸」を見つけるところから始めるのがおすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿