弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

部屋の断捨離を実践して私が実感した、4つのストレスフリーな効果とは?

公開日:2016.01.08 最終更新日:2017.02.24

スポンサーリンク

部屋断捨離をする中で、私が実感したことをお話します。断捨離はただ単にものが減るだけでなく、日々のストレスフリーにしてくれる効果もあるのです。

いくら休んでも疲れが取れなかったり、理由もなくイライラしてしまうのは散らかった荷物が原因かもしれません。断捨離をして部屋を片付ければ、心のモヤモヤもスッキリ晴れわたりますよ。

1.嫌な思い出を忘れられる

たくさんの荷物の中には、思い出が詰まったものもあると思います。中には良い思い出だけでなく、見るたびに辛い記憶がよみがえるものはないでしょうか?

私の場合、エンジニア時代に着ていたスーツが「嫌な思い出」がよみがえるものでした。クローゼットを開けてスーツが視界に入るたび、ブラック企業に務めていた記憶が頭をよぎるのです。

毎日終電ギリギリで電車に乗ったことや休日返上で夜10時過ぎまで働いたこと、毎日上司が怒っていて職場の空気がピリピリしていたことなどを、いちいち思い出していました。

ほかにも、絶交して何年も会っていない友人からの手紙などがあります。手紙の入った封筒を目にすると、一瞬ですが悲しい気持ちになって気分がズーンと重くなるのです。

汚部屋の片付けを機に、そういったものは全て処分。すると、不思議と気分が落ち込むことが少なくなりました。嫌な思い出が詰まったものを手放すことで、嫌な記憶からも解放されたように思います。

完璧に忘れたわけではないのですが、思い出す頻度が減るとだんだんと記憶も色あせていきます。すると、辛かったことも「昔のこと」として割り切れるようになるのです。

あなたにも、元カレからのプレゼントや挫折してしまった趣味の道具など、ネガティブな記憶がセットになったものはないでしょうか?そうしたものは、すっぱり手放す方が気持ちが軽くなりますよ。

2.ものへの執着がなくなる

ものを捨てることが続くと、新しいものが前ほど欲しくなくなります。片付いたスペースにものを増やすのに、何となく抵抗が出てきます。

これは、新品の1万円札を使うのが惜しくなる気持ちに似ています。せっかくきれいに整えられた部屋を、再び散らかすのは偲びないように思うのです。

ものを捨てるのは大変

また、ものを断捨離して減らすのは単純に労力と時間がかかります。ただ単に服を減らすにしても、結構な手間がかかります⇒部屋の片付け。服の断捨離で節約も抜け目なく?

家電や大型を収納を捨てる場合は、処分費用がかかります。自治体によって分別が細かいところもあるので、まとめて燃えるゴミに出せないというケースもあり得ます。

このような苦労を経たあとだと、ものを買うときは「捨てるとき」のこととセットで考えるようになるのです。安々とものを増やせば、再び断捨離地獄がやって来ると分かっているからです。

買い物が趣味の場合や無駄遣いがなくせないとお悩みの場合は、一度いらない荷物を断捨離することをおすすめします。ものを捨てる大変さを実感すれば、簡単にものを買おうとは思わなくなるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

3.ストレス解消になる

ストレス解消には、身体を動かすのが効果的だと言われています。掃除や片付けは、部屋の中での運動に持ってこいなのです。

私の場合、本や書類の断捨離で体力を消耗しました。気をつけないと、翌日腰が痛くなったりします⇒実践・近藤麻理恵の断捨離。こんまりに従い本を整理した結果、ときめく本棚ができました(画像あり)

普通の運動は身体を動かすだけですが、部屋の断捨離ならば運動後に部屋がきれいになるというプラス効果もあります。荷物が多すぎることのイライラも減り、ダブルでストレス解消に効くのです。

「いっぺんに荷物を減らせない」という場合は、手始めにクローゼットの片付けをするのがおすすめです⇒クローゼットの洋服を断捨離すると、毎日が充実する理由

クローゼットの中を断捨離すると、着る服に迷わなくなります。コーディネートのことであれこれ悩む必要がなくなり、その分ストレスを減らすことができます。

4.時間に余裕ができた

家の中の荷物が減ると、時間に余裕ができるように思います。同じ1日でも、何事にも余裕を持って取り組めるようになるのです。

前の服の断捨離だと、着る服に迷わないのでその時間を節約できます。さらに、その分のエネルギーをほかに使うこともできます⇒服を断舎離した今だから言いたい3つのこと。着るものは少ない方が楽で快適です

ほかにも、荷物が多いと「探しもの」が増えて時間を取られます。電池のストックや大事な書類が見つからず、家中を捜索することはないでしょうか?

日頃よく使うものは、1箇所にまとめて保管すると楽です⇒探しものが見つからないあなたにおすすめの整理収納術とは?何でも一箇所にまとめて悩み解決

ものの定位置が決まっていれば、整理整頓で悩む時間も減らせます。ものを減らした後なら、それぞれの定位置も無理なく決まると思います。

部屋は心を表す?

時間の余裕と共に、ものを減らすと心にも余裕が生まれます。部屋にいらない荷物が溢れているということは、それだけ心に余裕がないという証でもあるのです。

気分が落ち込んだときは、何かする気力も湧かないかもしれません。けれど、いらないものや好きでないものに囲まれていると、ますます気分が滅入ってしまうのではないでしょうか?

逆説的ではありますが、部屋を片付けることで生まれる心の余裕もあるのです。毎日が忙しいと感じている場合は、一度荷物を減らしてみることをおすすめします。

汚部屋というものは、それだけで人をイライラさせる負のパワーを持っています。そのストレスが、食べ過ぎ・買いすぎなどの解消行為に走る原因ともなるのです。

本当にストレスを無くしたいのであれば、その根源である汚部屋を片付けるのが一番です。散らかった荷物を断捨離して、イライラの元ともオサラバしましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿