弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

それ、本当に頭皮に良い?ノンシリコンシャンプーで抜け毛が増えた方は要チェック。

公開日:2017.01.12

スポンサーリンク

ノンシリコンシャンプーは、必ずしも髪に良いわけではありません。ノンシリコンシャンプーのどんなところが問題なのかお話しします。

今ではすっかり定着したノンシリコンシャンプー。髪のために「ノンシリコン」を選ぶ人も多いと思います。

しかしノンシリコンだからいっても油断は禁物。しっかり成分を見て買わないと、髪に悪いシャンプーを選んでしまうかもしれません。「シャンプーを変えて抜け毛が増えた」という方は、チェックしてみてください。

そもそもシリコンって何?

当たり前のように使われる「ノンシリコン」というワードですが、そもそもシリコンとは何なのでしょうか。

一言でシリコンといっても、そのなかには多くの兄弟がいます。シャンプーに使われているなかで代表的なものは、「ジメチコン」「シロキ」「シリカ」などです。

それ以外にも無数に親戚がいますが、全て挙げるとキリがありません。大まかな基準として、「~コン」「ポリマー」がつくものは、大体シリコンです。

なぜシリコンが使われるかと言えば、これは「傷んだ髪のコーティング」のためです。シリコンは髪のキューティクルにくっつき、髪の傷んだ部分のダメージを防いでくれます。

リンスやトリートメントにも使われるシリコンは、まさに「髪のダメージ補修」が目的。これらにシリコンが入っているのは目的に合っているので、大丈夫です。

シリコン自体は体に良くも悪くもない

そしてシリコン自体は、肌に刺激のない安全な成分です。「毛穴に詰まる」「キューティクルを剥がす」という怖い声もありますが、そんなことはないです。

シリコン分子は非常に大きいので、そもそも毛穴に入り込めません。シリコンと一緒にキューティクルが剥がれるのは、元々そのキューティクルが傷んで剥がれかけていたからです。

更にシリコンは頭皮につきにくい成分。肌に残るということもありません。シリコンは単体であれば、人間の体に害を及ぼすことはないのです。

ならばなぜ、今の「シリコン=悪者」のような風潮が広がっているのか?その元凶こそが、「シリコンが使われていたシャンプー」です。

シャンプーは元々「ノンシリコン」が当たり前

スポンサーリンク

結論から言うと、本来シリコンはシャンプーには全く必要のない成分です。それがなぜ、シャンプーに使われるようになったんでしょうか。

そもそもシャンプーは頭皮を洗うもので、毛先にまで使うことは本来ありません。毛先の補修は、先のリンスやトリートメントの役割です。

シャンプーに使われているシリコンの目的は、ズバリ「使い心地をごまかすため」。シリコンには「乳化作用」というのがあり、化粧品やシャンプーに使うと滑らかになるのです。

市販の安いシャンプーは、刺激の強い洗浄剤を使っています。極端なたとえですが、「食器用洗剤を素手で使うと肌がガッサガサになるようなイメージ」です。

もし素のシャンプーを頭皮に使ったとしたら、頭皮も髪もバサバサになります。これでは売り物になりません。

そこで考えられた対策が、シリコンの大量添加。おかげでシャンプーは指通りが良くなり、快適な使い心地に。さらにシリコン効果で、髪のツヤまで出るのです。

が、使い心地はごまかせても、刺激の強さはごまかせません。どのみち洗浄剤のせいで頭皮と髪は大ダメージを受けます。

ここから「シリコンが入っているシャンプー=悪いシャンプー」というイメージが付き、昨今の「ノンシリコン」という流れになっています。

ノンシリコンでも悪いシャンプーはある

が、「ノンシリコン」とうたっていても、頭皮によくないシャンプーがたくさんあるのは事実。結局シリコンの代わりに、ほかの添加物でごまかしているだけです。

大体の基準として、この3つのどれかが入っているシャンプーは避けた方が良いです。

・ラウレス硫酸ナトリウム

・ラウレル硫酸ナトリウム

・オレフィンスルホン酸

どれも、市販でよく見かける安いシャンプーには必ずと言って良いほど入っている代表成分。どれも刺激が強く、頭皮と髪にはおすすめできないものです。

巷の安いシャンプーほど、頭皮に良くない洗浄剤を使っています。多少高くても、「アミノ酸由来」などの洗浄剤を使っているものの方が頭皮には優しいです。

シャンプーを使わないという手段もある

質の悪いシャンプーを使うくらいなら、思い切ってシャンプーを止めるという選択肢もあります。

現在私はシャンプーを使っていませんが、洗髪が驚くほど楽になりました⇒節約しながら髪のトラブルを解消?湯シャンの効果とメリット

さらにシャンプーを止めてからは、頭皮のかゆみが減りました。おそらくこれは、頭皮が乾燥しなくなったのが一番の理由だと思います。

なぜ頭皮が乾燥するかといえば、前に言ったような洗浄剤が主な要因。肌が弱い人は特に、市販の安いシャンプーはおすすめできません。

私は湯シャンを始めてからリンスやトリートメントも使わなくなりましたが、それでも頭皮の乾燥はないです。やはり強すぎる洗浄剤が、肌を乾燥させる原因なんだと思います。

ノンシリコンシャンプーだからといっても、油断はできません。いつまでも頭皮トラブルがなくならないときは、やはりシャンプーを見直した方が良いです。

特に頭皮の乾燥に気をつければ、パサツキや抜け毛は大分減ります。シャンプーを買う前には、必ず成分に問題がないかをチェックしてみてください。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿