弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

消費税10%からの軽減税率、対象になる品とはどれか?

公開日:2016.11.09

スポンサーリンク

消費税10%になってから始まる、軽減税率。どんなものが安くなるのか、対象となる品目をおさらいしてみます。

消費税の10%への増税は、結局2019年の10月まで延期されました。まだ先の話ですが、チョイチョイ確認しておかないと忘れてしまいそうです。

何が据え置きで、何が高くなるのか?日々の生活費を考えるうえでも無視できません。いざ始まったとき慌てないように、マメなチェックも欠かせません。

外食・酒類をのぞく食料品

まずは、一番気になる食料品。対象となるのは、

・外食・酒類をのぞく食料品

です。いわゆる野菜・肉・魚などの「生鮮食品」に限らず、お惣菜や冷凍食品などの「加工品」、飲み物、お菓子。スーパーやコンビニで売っている食料品なら、全て8%に据え置かれます。

大体、不景気の昨今に人気があるのは、安い加工品の方です。私も毎週納豆を欠かさず買っているので、加工品が8%に据え置かれるのはとてもありがたいです。

納豆に限らず、大豆由来の加工品は節約の味方。貧乏枯れ女の貴重なタンパク源はこちらで紹介中です⇒一人暮らしの食費の節約に効果的な、常備におすすめの食材とは?

ちなみに最初は、「生鮮食品」だけが軽減税率の対象でした。が、生鮮食品だけに絞ると「寿司と刺し身はどうなるのか?」「お惣菜のサラダは加工品なのか?」という立て分けが厄介になります。

生鮮食品だけに絞ると、食料品コーナーに8%と10%のものが混じることに。スーパーの買い出しで「これは8%ですか?」と、いちいち店員さんに確認など面倒でやっていられません。

どこまでが「外食」になるのか?

こうなると、次に気になるのが「外食」の線引きです。基本は、

・店内で食べれば外食

になります。外食の場合、消費税は10%です。海外のドイツでも、ファストフードの持ち帰りは7%、店内で食べる場合は19%という風に分けられています。

日本でも、このドイツのような考え方で軽減税率が分けられます。例えば、以下のようなケースは今のところ消費税は8%ということになっています。

・ファストフードやドーナツなどをテイクアウトし、後から食べる

・ピザや寿司など、宅配や出前を自宅で食べる

・持ち帰りができるお弁当や惣菜を、店の中のイートインスペースで食べる

・テーブル席が用意されている、イベントの屋台で買ったグルメを食べる

とにかく、「家まで持ち帰られるかどうか?」が軽減税率の分かれ目です。ファミレス、カフェ、回転寿司、テーマパーク内のグルメなどは「持ち帰りできない」として、消費税10%にされると思われます。

スポンサーリンク

おまけ付きお菓子はどうなる?

オタクとして気になるのが、「おまけ付きお菓子」の存在です。スーパーやコンビニはもちろん、アニメグッズのショップで売られている本格派まで。どんなたて分けになるのでしょうか。

今のところは、

・お菓子がメインなら食料品

ということで落ち着いています。スーパーやコンビニで売っている子ども向けのおまけ付きお菓子は、おそらく8%に減税されると思われます。

逆に、ミニチュアにガムやキャンディが入っている「食玩」は、10%に引き上げられる可能性が大。結局のところ、オタク向けグッズが減税される可能性は極めて低そうです。

新聞(週2回以上の発行)も軽減税率の対象に

食料品のほかにも軽減税率の対象になるものがあります。それは、

・週2回以上の頻度で発行している新聞

です。今とっている日刊新聞がある場合、8%のままと考えて大丈夫そうです。私も一応新聞を取っている身なので、8%据え置きだと安心です。

ただし、日曜版などの場合は10%に。もし取っている場合は、増税のときに取り続けるか見直した方が良さそうです。

しかし最近では、新聞を取っている人間がどこまでいるのかあやしいものです。ネット全盛期の昨今、「自分には関係ない」と思う人の方が大半ではないでしょうか。

ちなみに「書籍」に関しては、まだ未定のままです。私としては、小説などが8%になるととてもありがたいです。流石に、漫画や雑誌の類は8%は難しいだろうと思います。

書籍に関しては、今は「有害図書は除外の方向で」という意見が出ている程度です。この「有害図書」の線引きをめぐって、また色々と議論が出るだろうと思われます。

軽減税率の対象は、基本「食料品」。それ以外の水道代やガス代は、このままいくと10%ということで落ち着きそうです。しかし生活を支えるという面では、光熱費も8%だととても助かります。

(富裕層の豪邸の光熱費まで8%になりかねないからダメなんでしょうか)

30を過ぎると、2年や3年などあっという間。消費増税直前で慌てないためにも、日頃からの関心を持っておくのが大切なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1893533総閲覧数:
  • 1203今日の閲覧数:
  • 8230昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ