弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

やりたいことを素直に楽しめてる?自分に言い訳ばかりする心理に勝つ方法。

公開日:2016.10.23

スポンサーリンク

「最近は忙しかったら、これは自分へのご褒美」

「たまには、息抜きくらいは必要だ」

自分に言い訳をしつつ、スイーツを食べたり遊びに行ったり。言い訳ばかりしながら何かをやるのは、かえってストレスが溜まらないでしょうか。

自分に言い訳ばかりする心理を乗り越え、やりたいことを純粋に楽しむにはどうすれば良いのか?もう、自分への言い訳は止めにするときです。

言い訳=罪悪感の現れ

自分で自分に言い訳するのは、「悪いと思っている」心理の現れです。「やりたい」という気持ちと、「やってはいけない」という気持ち。この矛盾した2つの心を解決するために、人は言い訳をします。

ダイエット中にお菓子を食べたり、節約の最中に買い物するのは(世間的には)良くないこと。良くないことと分かっているからこそ、言い訳をしつつやるのです。

しかしどんなに正当化しても、「悪い」と思う自分の心は変えられません。その瞬間は楽しくても、結局は「止めておけばよかった」と後悔することになります。

自分で自分を責める「罪悪感」ほど、心を疲れさせるものはありません。そのストレスから、余計に「やってはいけないこと」をやりたくなることも。言い訳は、自分で自分の首を締めるだけではないでしょうか。

自分で自分に言い訳しない方法は、2つしかありません。

・「やってはいけない」と思うなら我慢をする

・「やりたい」と思うなら素直にやる

2つの気持ちのバランスを取ろうとするのでなしに、どちらか一方を取る。それぞれ詳しく説明します。

「悪い」と思うならやらない

悪いと思うことをやるから、罪悪感でストレスが溜まるのです。やってはいけないことなら、やらないに越したことはありません。

私が普段やらないように心がけているは、こんなことです。

・余計なお菓子を買わない

・加工品、お惣菜を買わない

・仕事中にネットサーフィンしない

・寝る前にスマホをいじらない

特に「食べ物」に関しては、余計なものは極力買わないように気をつけています。お金の無駄遣いになるだけでなく、健康に悪いものが多いからです。

日本の加工品は、植物油脂が多すぎます。油脂の実態はこちら⇒植物油脂を減らして変わったこと。トランス脂肪酸の影響とは?

無理に我慢しているというより、やらない方が良いことだからやらないという感覚です。己の健康を考え、進んで買うことはしなくなりました。

(それでもネットサーフィンやスマホは、度々失敗します)

楽しむときは純粋に楽しむ

とはいえ、完全に植物油脂を断っているわけでもありません。ごくたまに菓子パンを買うこともあるし、実家から食料をもらうことが度々あるからです。

食料をもらえるのは純粋にありがたいです。知り合いに配りきれなかった分は、自分で平らげます。

このとき「植物油脂が……」などと考えては、せっかくの食料が楽しめません。「それはそれ、これはこれ」で、楽しむときは頭を切り替えます。

どうしても我慢できないことなら、「私はこれをやりたいんだ!」と吹っ切れた方が良いです。中途半端に悪いと思いつつやるのが、一番良くありません。

吹っ切れるというのは、「太っても構わない」「どう思われても関係ない」など、何か執着を捨てることです。自分の中の執着を捨てれば、ものごとはもっと純粋に楽しめます。

スポンサーリンク

やりたいことなら考えずにやる

やりたいことをやるのに、許可や言い訳などは果たして必要でしょうか。やりたいと思ったことは、頭で考える前にやってみるのがおすすめです。

言い訳する前に、やった方がスッキリします。すぐやるコツはこちら⇒新しいことを始めるときは、まず動くことが習慣化のコツ。

それで失敗したなら止めれば良いし、上手くいったならしめたもの。考えるエネルギーがあるなら、その分身体を動かした方が生産的です。

言い訳よりも反省する

やらかした後で罪悪感を感じるならば、やるべきは言い訳よりも反省です。次はどうしたらやらずに済むのか、対策を考える必要があります。

私の場合、仕事中にネットサーフィンで時間をつぶしてしまうのが悩みです。やらなければ良いのに、ついついやってしまうのです。

今も脱ネットサーフィンは試行錯誤中ですが、今は「タイマー」を使って仕事しています。制限時間内に終わることはほぼありませんが、限られた時間の中で集中力が増したように思います。

言い訳や後悔は、なにも生みません。失敗の経験は、次に活かしてこそです。

自分に言い訳ばかりしてしまうのは、自信のなさの表れでもあります。常に「許可」がなければ、動くことができないのです。

しかし何か行動を起こすのに、許可も言い訳も必要ありません。やりたいことなら、堂々とやって良いのです。

(ただし、犯罪などは絶対にダメです)

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿