弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

断捨離後にリバウンドする3つの理由とは?効果切れで汚部屋になるのは、スタートとゴールを勘違いしているから

公開日:2015.11.21 最終更新日:2016.04.18

スポンサーリンク

断捨離しても断捨離しても、なぜかしばらくすると元通りの汚部屋になってしまう。それで効果がないと、きれいな部屋を諦めることはありませんか?

今回は、断捨離後にリバウンドをする理由についての話です。

いくら断捨離しても失敗するのは、私が片づけられない人間だから?そんなことはありません。断捨離後にものが増えるのは、ものを減らす時の心構えに問題があるからなのです。

断捨離後にものを増やしていませんか?

まず、断捨離のゴールとはどこでしょうか。「ものを減らして部屋をきれいにするところ」多くの人がそう答えると思います。けれど、ここには大きな落とし穴があるのです。

断捨離の真のゴールとは、「ものを増やす体質を変え、きれいな部屋をキープする」ことにあります。つまりは、断捨離後もずっと断捨離を続ける必要があるということです。

普通のダイエットでも、体型を保つにはカロリー制限と適度な運動を続けなければいけません。痩せたことに満足して食べる量を戻せば、元の体重に戻るのは当然とも言えるでしょう。

これは断捨離でも同じで、きれいな部屋を保つにはものを増やす習慣を止めなければいけないのです。

「趣味が買い物」というような場合、とくに要注意です⇒人が物を買う理由とは?断捨離で捨てられない20代、ものが私を幸せにしてくれると思い込んでいた

断捨離はゴールではなく、スタートである。断捨離リバウンドをしたくないのであれば、ものを増やす習慣を今すぐやめにしましょう。

主婦の方でやりがちなのは、日用品のストックが多すぎること。スーパーなどでつい、無駄遣いをしていませんか?⇒80%の買い物は無計画。節約を邪魔する「知らぬ間の無駄遣い」とは

新しくものを家に入れるときは、その分家にあるものを減らす。当たり前のことですが、これがリバウンドしない一番の秘訣です。

断捨離後の理想の生活はありますか?

あなたが断捨離をするのは、どんな理由からですか?

「きれいな部屋でのんびりリラックスしたい」「趣味のヨガをやるスペースを作りたい」など、自分の理想の生活スタイルは描けているでしょうか?

ちなみに私の場合、一人暮らしに備えてものを減らしたいからです⇒節約生活は不便を楽しむこと?家計のために我慢できそうなことを考える(住居編)

今まではものを減らすことなど考えられませんでしたが、自立を考え始めてからは意識が変わりました。

昔から大の本好きですが、いらない本や教科書を少しづつ断捨離⇒部屋の片付け。ついに学生時代の教科書を断捨離して、10年来のモヤモヤにケリをつけた話(画像あり)

時間はかかりましたが、お気に入りの本も大分減りました⇒実践・近藤麻理恵の断捨離。こんまりに従い本を整理した結果、ときめく本棚ができました(画像あり)

ここですぐに答えられないと、断捨離後にリバウンドする可能性があります。どんなことでも良いので、具体的に書き出すことをおすすめします。

理想の生活を想像するのは、どれくらいものを減らせばそれを実現できるのか、おおよその目安を計るためです。

目標もなく何となく断捨離をしても、あまり効果はありません。そのうちにものを捨てるのが嫌になり、反動で余計な買い物に走る恐れもあります。

逆に目指す地点が分かっていれば、例えくじけそうになってもやる気を維持しやすくなります。捨てた分だけ理想に近づくことが分かっているので、少しづつでも続けやすくなるのです。

自分の理想の生活を実現するには、何が必要で何がいらないのか。まずは目標を設定することが大切です。

収納グッズをそのままにしていませんか?

断捨離しても、すぐに部屋が散らかってしまう。その大きな原因は、部屋の収納にあるかもしれません。

私も小さい頃から片付けが苦手で、小学生の頃は机の上が散らかって母によく片付けてもらっていました。それを何度も繰り返し、夏休みと年末は机の片付けが定番のイベントとなっていました。

散らかるものはノートや鉛筆、クシャクシャになったテスト用紙など。最初はきれいでも、そのうちどんどん棚の奥や引き出しの隅っこにまで散らばっていきます。

ものが捨てられない性格とあいまって、古すぎるプリントや使い終わったノートなど、いらないゴミも増える一方でした。

当時は散らかる原因が分かりませんでしたが、今思えば机の収納に原因があったのかもしれません。

なぜものが散らかるのか?それはものが多いから。なぜものが多いのか?それは収納が多すぎるから。

逆説的ですが、荷物が増えるのは多すぎる収納にあるのではないかと思うのです⇒断捨離できないのは収納グッズが理由?キレイ好きほどハマる、汚部屋住人まっしぐらの落とし穴とは

私のような片付け習慣のないズボラな人間は、目の前の収納に何でもかんでも放り込む悪い癖があります。そのせいで引き出しにゴミがあふれ、いくらきれいにしても散らかってしまうのです。

そうすると今度は、あれがないこれがないと探しまわるはめにも⇒探しものが見つからないあなたにおすすめの整理収納術とは?何でも一箇所にまとめて悩み解決

荷物を断捨離した後、残った収納グッズはそのままにしない方が良いです。もう入れるものがないのなら、収納グッズも一緒に断捨離してしまいましょう。

多すぎる収納は荷物の管理がとても複雑になり、ものの量が分からなくなるというデメリットもあります。収納は、ひと目で荷物の量が分かるくらいシンプルな方が使いやすいのです。

洋服ならクローゼットに入る分だけ、本は本棚に入る分だけ。収納グッズに逃げると、荷物は際限なく増えていってしまいます。

断捨離してはリバウンド、リバウンドしては再び断捨離。こんなことを繰り返すのは、とても疲れはしないでしょうか?

一度ものを減らしたら、余計なものを家に入れる習慣は今すぐストップ。これが汚部屋を防ぐ唯一の手です。

思い通りの生活を手に入れるためにも、今度こそリバウンドしない断捨離に挑戦してみませんか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1903161総閲覧数:
  • 4681今日の閲覧数:
  • 6150昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ