弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

あると便利だけど、持ちすぎなら断捨離した方が快適になる7つの日用雑貨とは?

公開日:2015.12.30 最終更新日:2017.02.24

スポンサーリンク

今回は、持ちすぎるとかえって不便になる日用雑貨についてお話します。収納の限界を超えるほどのストックは、思い切って断捨離した方が便利で快適になります。

「ストックがないと、いざというときに心配」と思うかもしれません。もちろん「いざ」の対策も大事ですが、毎日の生活だって同じくらい大事ではないでしょうか?

いつ来るか分からない「いざ」のために、日々の暮らしが不便になっては本末転倒というものです。大量のストックを溜め込むのはもう止めて、部屋をすっきりさせましょう。

1.トイレットペーパー

トイレットペーパーは必需品ですが、かさばって置き場所に困ることはないでしょうか?「どうせ使うから」とホイホイ買ってしまうと、あっというまに収納を占領してしまう厄介者です。

トイレットペーパーのストックなら通常、トイレの中に置けるくらいの量で十分です。トイレの収納スペースに収まりきらないストックは、この際減らしてしまう方がおすすめです。

仮に地震が来たとしても、3日から1週間分のストックがあれば大丈夫です⇒ものが捨てられない原因は怖いから?断捨離は過去でも未来でもなく、今の生活を大事にすること

女性は男性に比べてトイレットペーパーの使用量が多めですが、それでも月に5ロールあれば事足りるのではないかと思います。家族で使うにしても、トイレに置ける分だけで十分に賄えるのではないでしょうか。

2.洗剤

家族が多いと、洗剤のストックも多めになるかと思います。浴室の下の棚が、洗剤でいっぱいということはありませんか?もし洗剤のストックが多いなら、まずはそれ以上増やすのを止めましょう。

洗剤が増えるのは、何も買い物のときだけではありません。テレビ・ネットのプレゼント企画や、お中元・お歳暮でも貰う機会があるかもしれません。

洗剤のストックを使い切るのに、どれくらいの時間がかかるか考えてみてください。通常サイズの洗剤だと、1箱につき約1ヶ月分(洗濯60回分)です。今のストックが6箱なら半年分、12箱でなんと1年分です。

トイレットペーパーはかさばるものの、処理は比較的楽です。逆に洗剤はズッシリ重いうえ、簡単にゴミに出すということができません。

かといって、無理に洗濯回数を増やすのは明らかに無駄です。自力で洗剤を減らすには、地道に使っていくしかないということです。

新しい洗剤を買うときは、家のストック数を必ず確認してからにしましょう。いつまでも減らない洗剤に、うんざりすることになってしまいます。

3.石鹸

石鹸は、洗剤以上に使い切るのに時間のかかる日用品です。家族で毎日体を洗っても、せいぜい2ヶ月に1~2個減らせれば多い方ではないでしょうか?

もし箱詰めの石鹸を1箱もらえば、それで1年は持つでしょう。新しいものを買うのは、ストックが完全になくなってからでも遅くはありません。

「ストックがなくなったらどうしよう」と恐れは無用です。仮に石鹸のストックがゼロになっても、人間死ぬわけではありません。

あまりに不安が多すぎる場合は、落ち着いて「恐れの原因」と向き合ってみましょう⇒断捨離中にものを捨てるのが不安なとき、恐れを取り除くための5ステップ

4.シャンプー・リンス

髪を洗うためのシャンプー・リンスも、気が付くと大量にストックが溜まるものの1つです。ドラッグストアなどの安売りを見かけて、ついつい余計に買ってしまうことはありませんか?

特に気をつけるべきは、家族別にシャンプー・リンスを使い分けている場合です。家庭に2種類のシャンプー・リンスがあるのなら、単純計算でストックが倍になってしまいます。

シャンプーの扱いに困っているなら、いっそ「湯シャン」という手もあります。これなら、シャンプー・リンスのストックをゼロにできます⇒節約しながら髪のトラブルを解消?湯シャンの効果とメリット

洗剤・石鹸・シャンプー・リンスと、どれもこれも多めに持っていては浴室の収納がいくらあっても足りません。浴室で使う日用品は「かさばる・重い・処分が面倒」の三拍子がそろった曲者たちなのです。

自力の処分が難しそうなら、人に譲ってしまうのも有効です。知人・友人にあげたり、ネットの掲示板を利用するという手もありますよ。

スポンサーリンク

5.タオル

タオルも、浴室系ストックの代表格です。前の洗剤や石鹸と違うのは、いくら使っても減らないという点。未開封の新品タオルがあるのに、いつまでもよれよれになった古タオルを使い続けてはいませんか?

消耗品は使えばなくなりますが、タオルの場合は「処分のタイミング」を自分で決めて捨てるしかありません。大量のストックがあるのなら、それを使うタイミングは今です。

収納スペースが足りないなら、バスタオルを止めてフェイスタオルだけにするのもおすすめです。バスタオルが1枚入るスペースなら、フェイスタオルは3枚も入れられます。

バスタオルを断捨離しても、フェイスタオルがあれば案外不便はしません⇒ミニマリスト流節約術。バスタオルの断捨離は、洗濯物もハンガーも減っておすすめです

タオルを長く使うのは良いことですが、量が多すぎるなら話は別です。古いタオルは断捨離して、新しいものを消化しましょう。

6.ビニール傘

傘は通常、1人1本あれば事足ります。家族の人数より傘の数が多いなら、それは断捨離すべき傘がある証拠です。

傘のストックを増やしたくないのなら、携帯できる折りたたみ傘がおすすめです。その都度たたんでカバンにしまえば、電車に置き忘れる心配もありません。

7.紙袋

空の紙袋は、雑誌や新聞を捨てるときに便利です。が、多すぎる紙袋は逆に部屋を散らかします。定期的にストックをチェックし、一定数以上が溜まったら断捨離するのがおすすめです。

仮に紙袋がなくても、雑誌や新聞ならガムテームや紐でまとめることもできます。「ちょっとしたお土産を入れたり運んだり」という場合も、1~2袋あれば十分なはずです。

日用品のストックは、少し少ないくらいでも何とかなるものです。「なくなったらどうしよう」と、心配する必要はないのです。

一番大切なのは、前の分からない未来よりも「今の生活」です。大量のストックを減らすことは、最も大事な「今」を大切に過ごすということでもあるのです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿