弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

断捨離で片付けが嫌になったら?やる気スイッチを再点灯させる、おすすめ対処法

公開日:2015.12.03 最終更新日:2016.03.16

スポンサーリンク

断捨離の途中で、ふと片付けが嫌になる瞬間があります。断捨離はとてつもないエネルギーを消費する孤独な作業なので、張り切り過ぎると燃え尽き症候群のようになる場合もあり得るのです。

今回はそんな、断捨離を進めるのが嫌になったときにやる気スイッチを再点灯させる方法についてお話します。せっかく片付けを始めても、途中で止めては元の散らかった部屋へと逆戻り。これはもったいないことです。

断捨離には、正解も模範解答もありません。自分のペースで無理なく進めれば、それで大丈夫です。

一旦休む

何かに疲れたときは、思い切って休むのが一番効果的です。断捨離や片付けのことは一旦忘れて、空いた時間はのんびりくつろぎましょう。お風呂にゆっくり浸かったり、静かに読書をしても良いと思います。

休日に断捨離していた場合は、代わりにリフレッシュタイムにしてしまいます⇒枯れ女流の節約術。お金がなくてもタダで楽しめると知りました

ここでやってはいけないのが、買い物で気分転換することです。新しいものを増やしてしまっては、断捨離する意味がなくなってしまいます。買い物は、断捨離が終わるまで絶対に控えましょう。

今までの反動でつい買いすぎてしまい、リバウンド地獄にハマる危険性もあります⇒洋服の断捨離はこうして失敗する。衣類を片づけるには、捨てるそばから増やしてはいけない

ネット通販が好きな場合は、スマホやパソコンもやり過ぎない方が良いです。家にいるとついスマホを操作してしまうのであれば、散歩に出かけるなど外で体を動かすのがおすすめです。

理想の生活を思い出す

断捨離後のきれいになった部屋で、「こんなことを始めたい」「こんな風に過ごしたい」という理想の生活はあるでしょうか?断捨離に挫けそうになったら、それを今一度思い出して下さい。

もし理想の生活が特にないという場合は、今から理想の生活を考えても大丈夫です⇒こんまりも推奨。断捨離で一番大事な、片付け後の理想の生活が誰でも見つかる方法

断捨離はゴールではなく、新しい生活のためのスタートラインです。ものを捨てることはあくまでも手段であり、その先の理想の生活を手に入れることこそが真の目標であるはずです。

理想の生活はメモなどに記録しておいて、よく見える場所に貼っておくのがおすすめです⇒片付けたいけど断捨離する気が起きない。あなたのやる気スイッチを押す、簡単手軽な7つの方法

特に汚い場所だけをきれいにする

断捨離が嫌になってしまうのは、いくら捨てても減る気配のない大量の荷物に疲れてしまっているのかもしれません。いつまでもゴチャゴチャのクローゼットや押し入れに、ついイラッとくることはありませんか?

多すぎる荷物と向き合うのが嫌になったときは、特に汚いスペースだけを集中して片付けてみましょう。リビングの散らかったゴミやキッチンのシンクに積まれた食器など、気になる1か所を徹底的にきれいにします。

いつもシンクに食器が溜まる場合、食器の数が多すぎる可能性が高いです。お茶碗やコップやお箸は、買いっぱなしにせず定期的に見直しているでしょうか?古いものや傷んだものは、早めに断捨離しましょう。

片付けのついでに、食器の断捨離も検討して下さい⇒汚部屋予備軍の家が断捨離できてない4つの場所とは?ここを片付けて掃除するだけで、室内は驚くほどきれいになる

たったの1か所でもきれいにすれば、それが成功体験となって片付けの自信がついてきます。

断捨離の体力が少ないときは、あれもこれもやろうとするとエネルギー切れになってしまいます。逆に少ないエネルギーでも、1ヶ所に集中させれば効率よく作業を進められます。

時間がないときは、5分集中するだけでも大きな効果があります⇒洋服の断捨離はじめの一歩。1日5分、5秒で出来るシンプルな片付け方法

1日数分でも、やった分だけ部屋はきれいになります。千里の道も一歩からで、焦らず片付けていけば確実に成果は出ているのです。朝起きた直後や夜寝る前などに、数分の時間を設けて実践してみましょう。

「もの別」の片付けができないときは

片付けで有名なこんまりさんは、「もの別に片付けた方が、早くて確実にきれいになる」と言っています。ただ、もの別の片付けは荷物を1か所に集めるスペースと仕分けのためのまとまった時間が必要です。

こういった場所も時間もあるのなら、こんまり流の片付け方法が一番効率が良いのでしょう。しかし、部屋や時間の都合でそうはいかない人も多いと思います。

私も、自分の部屋がないので荷物を1か所に集めることがかなり難しい状態です。本や書類の片付けは、何回にも分けて断捨離しなければいけませんでした。

1回目の本の片付けでは、物置きを中心に⇒部屋の片付け。ついに学生時代の教科書を断捨離して、10年来のモヤモヤにケリをつけた話(画像あり)

それでも本がスッキリ片付かず、2回目で大分減らすことができました⇒実践・近藤麻理恵の断捨離。こんまりに従い本を整理した結果、ときめく本棚ができました(画像あり)

もの別の片付けは、集中して断捨離できるスペースがない人にとってはなかなか難しいものです。その場合は、何回かに分けてしまった方が無理がありません。

スポンサーリンク

パソコンやスマホの中身を断捨離する

実体のあるものを見るのが嫌になったら、パソコンやスマホのデータに目を向けてみましょう。撮りっぱなしの写真や、デスクトップ上にいらないアイコンが散らばってはいないでしょうか?

使わないアプリや古いデータの断捨離も、立派な片付けです⇒時間がないときはお手軽断捨離?ズボラでもできる、スマホやパソコンのデータ整理術

余計なデータをいつまでも残しておくと、容量が圧迫されて後々の作業効率が落ちることにもなります。また、古いアプリを残しておくと作業が横道に逸れてしまうこともあります。

パソコンでの作業が多い場合は、必要なプログラム以外は目につかないようにすることがおすすめです。ブックマークなども定期的に見直して、閲覧しなくなったサイトは削除してしまいましょう。

削除するのが嫌な場合は、古いデータ用の「old」フォルダーを作るのがおすすめです。使わないデータやブックマークは、oldフォルダーに全部移動。圧縮ソフトを使えば、容量もある程度抑えることができます。

もし古いデータが必要になれば、oldフォルダーに必ずあります。この場合も、半年に1回ほどは中身を削除するようにしましょう。

断捨離はマラソンにも似ています。片付けは基本孤独な作業で、全部終わらせるには長い時間がかかります。本気で部屋をきれいにしようと思えば、最低数ヶ月から半年はかかるものです。

もし途中で疲れてしまったときは、一旦スピードを落として体勢を立て直しましょう。大事なのは早くゴールすることではなく、どんなときでも走り続けることです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿