弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

断捨離中にものを捨てるのが不安なとき、恐れを取り除くための5ステップ

公開日:2015.12.13 最終更新日:2016.04.18

スポンサーリンク

今回は、断捨離中に感じる不安怖れを取り除く方法をご紹介します。「また使うかも」「くれた人に申し訳ない」など、ものを捨てるのが不安になることはないでしょうか。

断捨離できない理由が不安ならば、まずは不安に縛られた心を解放することが大事です。最初は「絶対に無理」と思えても、1つづつ順序を踏んでいけば必ずものは減らせます。

1.不安が起こるのは当たり前

断捨離中に不安が起こったら、まずはそれを一旦受け止めます。無理矢理に否定したり、自分を責める必要はありません。

なぜなら、ものを捨てることが不安なのは「当たり前」だからです。断捨離とは、今まで暮らしていた環境が大きく変わること。環境の変化に対し怖いと思うのは、生き物の本能です。

「不安が当たり前」と知っておけば、いざ断捨離中に不安な気持ちが起こってもうろたえずに済みます。不安が起こるのは、「断捨離が順調に進んでいる証拠」だと前向きに考えられます。

何かを変えようとしたときの不安な気持ちは、何かを乗り越えようとしたときに起こる反射的な防御反応なのです。ごく自然なことで、不安に思う必要はありません。

2.なぜ、ものを捨てるのが不安なのか?

次は「なぜそれを捨てるのが不安なのか?」と自分に聞いてみます。例えば大量の紙袋を捨てられないのは「ゴミ捨てや荷物を入れるのに必要になるかも」と思っているのかもしれません。

また、今はもう着ないワンピースを捨てられないのは、「ずっとお気に入りで思い出の詰まった服だから手放したくない」と感じているからかもしれません。

いらないものを手放せないのは、昔への未練や将来に備えようとする心が働くからです。過去の思い出や未知の未来が心に不安を産み、「これは捨ててはいけない」とブレーキをかけてしまうのです。

過去や未来に対する恐れはの話はこちら⇒ものが捨てられない原因は怖いから?断捨離は過去でも未来でもなく、今の生活を大事にすること

過去の思い出を大事にしたり、先の見えない将来に備えることは大切です。けれども、そのせいで今の生活が不便でストレスだらけになっては本末転倒です。

3.事実は「捨てたものが減る」ということだけ

ものを捨てることが不安な原因は、「過去や未来に対する恐れ」。昔と将来のことは脇に置いて、断捨離をしたときに「今」実際に起こることが何なのかを考えてみます。

例えば、紙袋の断捨離なら「捨てた分だけが減る」、ワンピースを捨てれば「服が1着減る」という結果になるはずです。

ものを捨てて実際に起こるのは「捨てたものが家からなくなる」ということだけです。昔の思い出でも将来の備えでも、これは変わりません。

2番目のステップで分かった「不安の原因」は、「ものを捨てたら絶対に起こること」ではありません。ただ「起きるかもしれない」という可能性を、先回りして考えているだけです。

スポンサーリンク

4.ものを捨てて「起こりうること」とは?

次は、ものを捨てて「起こりうること」を考えてみます。「これを捨てたらこんなことが起こるかも」と思ったことが「起こりうること」になります。

これは、2番目のステップの「不安の原因」を考えれば分かります。紙袋を捨てて起こりうることは「ゴミ捨てが不便になるかもしれない」「ちょっとした荷物を運ぶのに苦労するかもしれない」です。

ワンピースを捨てて起こりうることなら「思い出を忘れてしまうかもしれない」「お気に入りだったから、捨てたら後悔するかもしれない」となるかと思います。

ものを捨てるのが不安に感じているときは、これらが断捨離後に「絶対起こる」と思い込んでいるからです。けれど3のステップで分かったように、これは「可能性の話」です。

確かに紙袋が1袋もなければ、ゴミ捨てや荷物運びが不便です。しかし必要なときに備えるなら、3~4袋あれば十分。収納を圧迫してまで、大量に取っておくことはありません。

昔のワンピースも、写真などに撮影すればいつでも見返せます。本当に大事な思い出なら、ワンピースを捨てても忘れることはないはずです。

「捨てたら後悔するかも」という不安も、恐らく実際に起こる可能性は低いです。捨てようかどうかと迷う時点で、「もしかしたら、いらないかも?」と自分の中では気づいているからです。

絶対に捨てたくないものは、断捨離の仕分け対象に挙がることさえありません。断捨離しようか迷っているなら、エイっと捨てる方がすっきりすると思います。

5.悪い面よりも良い面を見る

最後に、断捨離の悪い面ではなく良い面を積極的に見るようにします。ものを減らすのは一見ネガティブなことに思えます。が、多すぎるものは捨てた方が、ポジティブな結果を招きます。

何度も取り上げた紙袋とワンピースを例にとっても、これだけのメリットが挙げられます。

・大量の紙袋のしまい場所に困らなくなる

・ワンピースを捨てた分、クローゼットに余裕が生まれる

・紙袋やワンピースの管理に時間をとられなくなる

・空いた時間で、やりたかったことや好きなことができる

・「捨てようかどうか?」という悩みから解放される

・荷物が減った分、部屋が片付いてきれいになる

etc……

減らすものによっては、お金を節約する効果などもあるかもしれません。

心が不安なときは、「断捨離の悪い面」ばかりが頭に浮かびます。これは4番目のステップで出てきた、「不便になる」や「後悔する」といったものが代表的です。

こういう考えが頭をよぎったら、すぐに「断捨離の良い面」の方へ頭を切り替え。意識的に良い面を見るようにすれば、心から不安を追い出すことが簡単になります。

不安の沼にハマりそうになったら、5つのステップです自分の心を引き戻す。何回沼にハマっても、その度に引き戻せば前に進めます。

心を引き戻した分だけ、部屋はきれいになります。そのまま断捨離を進めていけば、それで良いのではないかと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850922総閲覧数:
  • 1142今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ