弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

中村芳子「女性が30代で必ずやっておくべきお金のこと」感想。節約の前に考えること。

公開日:2016.07.02

スポンサーリンク

今回は、ファイナンシャルプランナーの中村佳子さん著「女性が30代で必ずやっておくべきお金のこと」を読んだ感想です。

私も節約節約と言いながら、あまりお金についてじっくり考えたことがありませんでした。お金について一から知りたい30代女性には、まさにピッタリの本です。

女性が自信を持って生きるには?

この本の特徴は、具体的な節約術よりも「お金や人生に対する考え方」に重点を置いていることです。女性が充実した人生を送るには、どういう風にお金を付き合うべきかを指南しています。

現代は、「結婚して家庭に入り、子育てをして……」という昔の概念が通用しない世の中です。だからこそ、一人ひとりが自分なりのお金の使い方を考える必要があるのだと思います。

一生働く覚悟はあるか

本の中で特に印象に残った指南が、「一生お金を稼ぐ覚悟を持つ」ということです。特に女性の場合、結婚・出産などを機に仕事を辞めるケースがまだまだ多いのではないでしょうか。

共働きが前提でない家でも、女性も収入源があると安心です。万が一家庭に問題があったとき、ゼロから職を探すのは楽ではありません。

それだけでなく、「経済力がある=自立している」ということでもあります。収入のない専業主婦では、家庭に見捨てられたら終わりです。それが理由で、自分の思うような人生を歩けない場合もあります。

夫婦や恋人同士が対等な関係を続けるにも、お互い経済的に独立していた方が良いです。一人になっても生活できる基盤があってこそ、何でも言い合える関係が築けるのではないでしょうか。

おひとりさまの在宅ライターの身の上としても、一生働く覚悟というのは必要だと感じます。今後も一人で生きていくなら、やはり年金だけでは心もとないです。

生涯仕事があれば、老後破産も防げます⇒節約は不安な将来への投資?他人事じゃない老後破産を回避する対処方法とは

会社員と違い、フリーのライターなら定年はありません。収入が不安定という面はありますが、自分次第でいくらでも仕事を続けられるというのは良いことだと思います。

一生働く覚悟を決めると、「60歳、70歳になっても働き続けるには?」と、先の人生を考えることにもつながります。そのためには今なにをすべきか、キャリアプランを見直すきっかけにもなります。

スポンサーリンク

貯金に大事な「自分軸」

貯金は「収入>支出」の図式を守れば貯まります。このとき大事なのは「何にお金を使い、何に使わないか?」という、自分なりの基準です。

中村さんは本の中で、貯金ができるタイプの人は「気が進まないときはハッキリ断れる人」と言っています。周囲からの誘いがあっても、自分なりに判断することが大事なのだと思います。

とはいえ、好きなことばかりにお金を使い過ぎると大変なことにもなります。私も毎月といって良いほど、オタク関連への出費が続いています。

5月は、オタク趣味を満喫しすぎました⇒趣味を堪能しすぎて支出がかさむ。ミニマリスト・5月の財布事情。

支出を減らすことも大事ですが、私の場合はもっと収入を増やさないと始まらないと実感しています。最低でも、生活費+年金・奨学金返済+オタク費を安定して稼げることが目標です。

投資で社会を体感

また、本の中で参考になったのは「投資」についてです。私もある程度の蓄えができた暁には、投資も始めたいと目論んでいます。

投資は自分の資産を増やすだけでなく、社会のことを知る良いきっかけになります。投資の市場と社会の出来ごとは、一体だからです。

社会のことを知ると、興味の範囲も広がって色々なところにアンテナを張るようになります。これも、生活を充実させるには大事なことではないでしょうか。

自分の身は自分で守る

また投資経験があれば、「リスクとリターン」の原則を身を持って実感できます。これがあるかないかで、うまい儲け話に引っかかる危険を減らせるというのです。

コツコツと貯めた貯金を騙し取られてしまうのは、「リターンの裏にはリスクがある」という基本ルールが分かっていないからだそうです。頭では分かっていても、「自分だけは」と都合よく考えるのだと思います。

つまるところ、自分を守れるのは自分だけです。投資で知識を身につけるというのは、老後の安定だけでなく、自分の財産を守ることにもつながります。

中村さんが本の中でおすすめしている投資は、リスクが分散できる「投資信託」です。月1,000円から始められる「投信積立」など、初心者でも始めやすいサービスが色々とそろっています。

今までお金のことを意識してこなかった人でも、30代からでも考え始めるのは遅くはありません。「自分は今後どういう風に生きたいか?」。人生プランを考える始めとして、お金のことを勉強するのはどうでしょうか。

この本はトピックごとで見やすく、スキマ時間で手軽にチェックできます。お金に苦手意識のある初心者の方におすすめです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850371総閲覧数:
  • 591今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ