ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

トイレ掃除から窓拭きまで、シンプル派には簡単で万能なウエスがおすすめ

スポンサーリンク

今回は、シンプル派の拭き掃除に便利な「ウエス」の話です。ウエス1枚あれば、トイレ掃除から窓拭きまであらゆるところを気軽に掃除できます。

モップや雑巾にブラシなど、拭き掃除グッズは色々ありますが、収納場所や使った後の処理が悩みどころ。そんな面倒な手間も、ウエスを使えばきれいに解決できてしまいます。

スポンサーリンク

いらない布があればOK

ウエスが便利なのは、「必要なときに必要なだけ使える」ということ。手持ちのいらない布があれば、それで簡単に作れます。

作ると言っても、手間は余った布をハサミでカットするだけ。自分が使いやすい大きさに切れば、それで完成です。

私も、いらない雑巾やTシャツをウエスとして再利用。今はTシャツ製のウエスを使っています↓

P_20160517_121230

サイズは小さめに切って、細かい部分を拭くのに使っています。

布はなんでも良いのですが、普通の綿生地が丈夫で使いやすいです。テロっとした化学繊維だと、上手く汚れを拭き取れないかもしれません。

使い捨てできて衛生的

ウエスは使い捨てで、掃除の後はそのままゴミ箱に。使い倒すだけ使い倒してポイできるので、とても気楽に掃除ができます。

モップや雑巾は、使ったらその都度洗わねばなりません。トイレブラシともなれば、掃除の後はそのまま元の場所に置くだけ。衛生的に心配という人も多いのではないでしょうか。

使い捨てのウェットティッシュやおそうじシートもありますが、毎日使うとなるとお金が気になります。なるべく無駄遣いしないよう、1枚を大切に使うこともあると思います。

(かくいう私も、使い捨てシートは裏表をまんべんなく使う人間でした)

そういうときほど、ウエスで掃除するのがおすすめです。元はいらない布、作ろうと思えばどんどん量産できます。ついでに不要な布も減らせて、一石二鳥です。

スポンサーリンク

ウエスの主な使い道

私のウエスの使い道は、主に「汚れのひどい場所」「衛生面が気になる場所」です。拭いた後を気にせず、後腐れがない点がとても良いです。

トイレ掃除

一番良く使うのは、毎日のトイレ掃除。以前はトイレットペーパーを使っていましたが、節約のためウエスに切り替えました。

トイレットペーパーの消耗が激しく、使う量を減らすことに⇒ミニマリストでも絶対に使うトイレットペーパー、シングルとダブルどちらが節約?

トイレットペーパーだと途中で破れることがあったのですが、布製のウエスなら遠慮なくゴシゴシ拭き倒せます。最後まで1枚で拭ききれるので、トイレ掃除が早く終わるようになりました。

最後は捨てるので、どんな汚れも抵抗なくきれいにできます。トイレブラシを使いたくないなら、ウエスが断然おすすめです。

窓や引き戸の桟(さん)

また、ホコリが溜まりやすい桟(さん)の部分もウエスで拭き掃除をします。雑巾を使うと、ホコリがビッチリ付いて後の掃除が面倒で苦痛になるのです。

特に窓際は、少し放っておくとすぐにホコリなどが溜まっていきます↓

P_20160330_073612

これもウエスを使えば、スッキリきれいに↓

P_20160330_074353

小さく切ったウエスなら隅っこまで拭きやすく、普通の雑巾よりも丁寧に掃除できます。ウエスで根こそぎホコリを取ると、その後の気分は実に爽快です。

その他、フライパンの焦げ・ガスコンロの油汚れなどのキッチン周り、水回りの掃除、蛇口の水滴を拭き取るなど。「拭く」ということに関してなら、ウエスは何にでも使えます。

日頃からマメに拭き掃除をしておけば、大掃除の手間もかかりません。大量の布の処分に困っていたら、ウエスにすることをおすすめします。

スポンサーリンク

Posted by yayoi