ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

無月経は誰でも起こる。カレジョが実践した治療と対策法。

スポンサーリンク

最近ようやく、女性アスリートの無月経問題が注目されるようになった。一時期の競技のために、身体を犠牲にしている選手が多いということだ。

確かに競技は、現役の選手にとって一番大事なことだとは思う。が、生理も女性の一生に関わる。軽く見るのは絶対にマズいことだ。

しかしスポーツなどをしていない人でも、無月経になるときはなる。私自身半年以上もの無月経を経験して、そのことを実感している。無月経は、女性なら他人事ではないのだ。

スポンサーリンク

なんで無月経になるのか?

無月経になる原因は、おもにこんなものがある↓

・極端な食事制限

・激しい運動

・寝不足

・ストレス

・病気

etc……

月経血をつくるにも栄養がいるから、それが足りないと生理はこない。自己流の極端なダイエットで生理が止まるのは、身近な例じゃなかろうか。

さらにそれだけでなく、不規則な生活でホルモンバランスが乱れても生理が来づらくなる。引っ越しや転職など、環境が大きく変わることも引き金になるんじゃないかと思う。

私が9ヶ月無月経になったのも、生活環境が変わったことが原因かと考えている。詳しくはこちら⇒生理来ない不安やストレスは忘れよう。9ヶ月の無月経が再び来た理由とは?

今は無事、生理が戻ってきて安心している。が、不摂生が続くと、やはり生理不順になるので油断できない。

質素な暮らしのなかで私が実感した、無月経にならない対策を以下から紹介したい。どれも基本だが、現代人がおろそかにしがちのことだ↓

しっかり栄養を摂る

まずは、栄養をしっかり摂る。特に、

・肉

・野菜

・ご飯(炭水化物)

を、バランス良く食べることが大事だと思っている。なかでも、血と肉をつくるタンパク質は欠かせない。

が、かくいう私も食生活に関しては偉そうに言えない。食費を削るために、毎日もやしばかり食べるような食生活を未だに続けている。

同じものばかり食べる生活が続くと、月経血も少なくなる。理想は多くの種類の食べ物を、まんべんなく食べることなんだと思う。

なかには忙しくて、カロリーメイトやサプリみたいなもので食事を済ませている人もいるかもしれない。が、ああいうものはあくまでも補助だから、食事の代わりするというのは無理がある。

むしろ市販の補助食品は添加物などが多いから、食べ過ぎは良くない。もしおやつなどを食べたいときは、ナッツなどの自然のものがいいんじゃなかろうか。

ナッツの話はこちらでも⇒健康生活は1日100円で手に入る。素焼きの無塩ミックスナッツの効果とは。

スポンサーリンク

よく眠る

最近は、寝不足で起こる体調不良も問題にあがるようになった。生理も、寝不足が続くと不規則になりがちなものだ。

睡眠負債の話はこちらで詳しく紹介中⇒寝不足は2日で解消できる。週末土日で睡眠負債を返済する方法。

私は学生時代、3時に寝て14時に起きるような暮らしをしていた。生理も2週間くらいズレるのはザラで、いつ来るのか分からいのが厄介だったものだ。

それが仕事やバイトを始めて睡眠時間が規則正しくなると、生理周期も整うようになった。毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きることがいかに大事を実感した出来ごとだ。

生理周期が不規則という人は、まず夜の12時くらいまでには寝る習慣をつけてみてほしい。

ヨガ

さらにPMS対策で、ヨガもやっている⇒ヨガをやったら、長年の生理痛が無くなって楽になった話。

ヨガだけで無月経が戻ってくることは無いとは思うが、生理は確実に軽くなる。生理痛や生理不順に悩まされているなら、やって損はない。

ヨガは、こちらの本を読んで実践した⇒重いPMSの症状もたちまち改善するおすすめ本、「月経血コントロールヨガ」のレビュー

若い人こそ対策を

生理は、子供が欲しい女性の問題だけじゃない。むしろ、10~20代の若い人こそ気をつけた方がいいことじゃないかと思う。

特に最初にいったアスリートは、まさに10~20代がピークだ。そのときに生理をおろそかにすると、その後の人生でツケを払うことになってしまう。生理不順がたたって不妊症になったり、骨がスカスカで骨折しやすくなったりということが起こる。

巷でも数々のダイエット法が紹介されたり、「痩せている」ことが大きな価値であるという考え方は未だに根強い。が、そういう人たちは、ダイエットのせいで生理不順になることなど考えていないだろう。

もうちょっと学校などでも、生理は大事だということを周知してもらいたいものだ。

基本の食事と睡眠で、健康というのはずい分守られるものだ。現代人はなにかと忙しいが、自分の身体が無事でないと何もできないということも忘れちゃいけない。

スポンサーリンク

Posted by yayoi