ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

ズボラのファッションコーディネートに必須の、楽に着回せる5着の服。

2017年6月3日

スポンサーリンク

着回ししやすい服があると、コーディネートが楽です。ズボラの私が良く着ている服のポイントを紹介します。

着回ししやすい服はどんな風に着ても割りと決まるので、あれこれ悩まくて楽です。楽しながらファッションを楽しむなら、こんな服を中心に揃えるのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

1.無地だけど質の良い服

無地の服は地味ですが、やはり使いやすいです。特に無地の服を選ぶときは、ちょっとお高めの服を選ぶと良いです。

高めの服というのは縫製がしっかりしていたり、生地の質が良かったりします。そのため1枚で着ても、あまり貧相にならないのです。

ただ、安くてシンプルな服はどうしても貧相になります。

私が良く外出で着る服は、オーソドックスな白シャツです↓

一見普通のシャツですが、元値は10,000円以上のシャツです。セールで半額のところをゲットしました。

しっかりした綿素材のおかげで、1枚で着てもしっかりして見えるところが良いです。夏の季節なら、アウターとしてTシャツの上に着ることもできて便利です。

白シャツを使ったコーデはこちら⇒秋の三連休、少ない洋服でお出かけを楽しむ枯れ女ミニマリストの白シャツコーデ。

もし柄ものを選ぶ場合でも、基本はシンプルでオーソドックスなものです。

私の場合、チェックの服の服を良く着ます↓

P_20160317_172428.jpg

かなりヨレヨレですが、もう何年も着続けているお気に入りです。これぐらいの柄ものなら、無地と同じような感覚で着回せます。

2.余計な装飾がない

余計な飾りが付いていると、服同士がぶつかってコーディネートが難しいことが良くありました。そのため今は、飾り気のない服だけ選ぶようにしています。

シンプルなシャツでも、たまにボタンが豪華だったり、羽のようなものがついているアイテムがあったりします。そういうシャツも、どうやって着れば良いのかと見るたびに思います。

また、私の場合は体系的に、装飾が多い服が似合いません。リボンがあったりドレープが付いていたりすると、スタイルがゴツく見えてしまうのです。

骨格診断を受けたことで、似合う服を知ることができました⇒自分に似合うファッションの結果に驚き。東京で安くお得に骨格診断した体験談。

飾り気がなくて物足りないというときは、服ではなく周りの小物でカバーします。派手な色のバッグや巻き物を使えば、シンプルコーデでもアクセントが生まれておしゃれっぽいです。

手持ちのバッグとストールがこちら↓

P_20160405_165450

P_20160317_175510.jpg

小物も、チェックが好きです。服がシンプルな分、周りのアイテムは華があるものを選ぶようにしています。

スポンサーリンク

3.定番を普通に着る

長らく、流行り物には手を出していません。ちょっとでも旬が過ぎると、途端に野暮ったくなるものだからです。

特にボトムスは、ずっとジーンズで通しています。流行り廃りがめまぐるしいファッション業界でも、シンプルなデニムは気にせず履けるありがたい存在です。

特に、スキニーはどんな場面や季節でも使いやすいです↓

私の定番はデニムだったりシンプルなシャツだったりしますが、人によって定番のアイテムというのは違ってくるかと思います。自分がいつも着ているものを意識すれば、何が定番アイテムかは分かるはずです。

カレジョがいつもチェックするおすすめ情報はこちら↓
にほんブログ村テーマ
一人暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ
節約生活

4.自分に似合う色の服

意外と盲点なのが、服の色です。特定の色が着回しやすいというより、自分に似合う色が一番着回しやすいように思います。

服の形やデザインは、自分がしっくり来るものを直感で選んでも割りと外れがありません。が、服の色は、黒や紺など無難なものばかり選ぶことが多いんじゃないでしょうか。

しかし黒などは、限られた人しか着られない色でした。私がそれを知った話はこちら⇒試してびっくり。自分のパーソナルカラー診断が簡単・確実にできる超おすすめの方法。

定番カラーでも似合うとは限らないと知り、今は相性の良い色を中心に着ています。私の場合は、同じ定番でもベージュなどの方が似合います。

手持ちの中で一番しっくり来るのは、カーキ色のシャツです↓

私は黄色みが強めで浅黒い肌の持ち主ですが、同じように黄色みが入っていて渋い感じの緑と相性が良かったです。

もし黒や紺などの定番カラーを使うときは、ボトムスやバッグなど顔から遠い部分でならまだ大丈夫です。巻き物を似合う色にすれば、トップスでも何とか着こなせます。

5.一年中使える

春夏秋冬、年中通して使えるアイテムが便利です。私は、長袖や七分袖のTシャツを春・秋・冬の3シーズン着ています。半袖も半袖で、今の日本の気候なら5月から10月くらいまでは着られる対応力の広いアイテムです。

ウールの生地や薄手のシフォン素材は着る季節を選ぶので、厚くも薄くもない綿や化学繊維が使いやすいと思っています。ただ化学繊維100%は厚いので、綿混が一番良いです。

トップスは割りとどんなものでもオールシーズン着やすいですが、ボトムスがデニムだと夏は暑苦しくなります。何か他に、夏でも冬でも着回せるボトムスがあれば良いのにと思っています。

自分のスタイルに合わせて、着回しやすい服を選ぶようにしています。適当にトップスとボトムスを選んでも、コーディネートが様になることが理想です。

着回し力の高い服を揃えると、少ない服でもそこまで困りません。服の着回し力は、ミニマリストにとっても大事な要素の1つです。

スポンサーリンク

Posted by yayoi