ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

なぜゴツい?可愛い服が似合わない理由と似合うに近づく対処法5つ。

2017年7月5日

スポンサーリンク

何故か可愛い服似合わない。そんな悩みを解消する対処法を紹介します。

同じ服でも、人によって着こなしが全く違う。これは着こなしやセンスの問題ではなく、その服とスタイルの相性が悪いことが理由です。

雑誌のコーディネートがしっくり来ないというときなどは、まさに相性の悪いアイテムばかりを選んでいるのかもしれません。

スポンサーリンク

かわいい服を着るとゴツく見える

かく言う私も、かわいい服が似合わない人間です。

小さい頃から、ワンピースなどを着ても全くしっくりせず。私が着ると、何というか「女の子らしくならない」という印象になるのです。

これまでは「単なる性格の問題」で片付けていましたが、最近になって「かわいい服が似合わないのは、私のスタイルの問題だ」ということを知りました。

そのきっかけとなったのが、骨格診断です。詳しくはこちら⇒自分に似合うファッションの結果に驚き。東京で安くお得に骨格診断した体験談。

私の場合、診断の結果はストレート。フリルなどのフワッとした服を着ると、着膨れてゴツく見えるスタイルの持ち主でした。

ワンピースが似合わなかったのも、おそらくストレートの特徴である筋肉のため。しっかり感が目立ち、がっしりした印象になるからだと思います。

女性らしい服を着ると、かえって女性らしさから遠ざかるという哀しき矛盾。そんな矛盾を抱えた人間が、かわいい服を着こなすコツはあるのでしょうか。

そんな、私と同じようなストレートに近い人が、かわいい服を着るときに気を付けたいポイントを以下から見ていきます。

(ここでは、ストレートタイプの場合をメインに紹介します)

1.生地が透けず、厚みのある服

その服が似合うかどうかで大事なことが、素材の問題。相性の良い質感の服を着ると、「似合う」に大きく近づけるのです。

ストレートタイプの場合は、生地が透けず厚みを持っていることが何より大事。綿100%やウール地、厚めのシルクやカシミヤなども相性が良いです。

比較的高級な素材が似合うようですが、庶民派の私は綿100%が一番着やすいと感じます。

ただ同じ綿でも、ストレッチ素材はゴツさが目立つ要因に。注意して下さい。

イメージとしては、固さや張りを感じること。どことなくフォーマルな雰囲気が漂っていると、なお良しです。

2.胸元のスッキリした服

ストレートタイプは首が短くて太いことが多く、首周りの小さい服はきゅうくつに見えます。胸元やデコルテにかけては、スッキリと空いた服の方がおしゃれです。

特に縦の方向に開いた、VネックやUネックとの相性が良し。シャツの場合は、開襟シャツなどが似合います。

私も確かに、襟ぐりの深い服を着るとデコルテがスッキリとキレイな印象に。鏡の前でチェックすると、「決まってるな」と一人ほくそ笑みます。

横に開いたボートネックのTシャツも着るのですが、やや首周りが詰まっているように感じます。悪くはないものの、ベストではないようです。

スポンサーリンク

3.ヒップ丈の服

さらに丈の長さは、やや長めの方が相性が良いです。ヒップが半分くらい隠れる丈が、一番身体のラインがキレイに見えます。

素材がやや柔らかめでも、ヒップ丈だとウェスト周りがシュッとスリムな印象に。長めの服も、クシュッとさせると太って見えます。

ちなみに丈がおへそくらいの短さだと、お尻から足にかけてのゴツさがあらわに。私は短い丈の服を着ると、決まって胴長に見えるのがネックです。

カレジョがいつもチェックするおすすめ情報はこちら↓
にほんブログ村テーマ
一人暮らし

ミニマリストな生活 & シンプルライフ
節約生活

4.スカートもひざ丈がベスト

トップスと同じく、スカートもやや長めがおすすめ。ベストな長さはひざ丈です。

私はスカートは持っていないのですが、夏に履くハーフパンツは持っています。このハーフパンツを折ってひざ丈で着るようにすると、足のラインがキレイに見えて垢抜けました。

今まではどうも、近所を出歩くおじさんの雰囲気が抜けきらなかったのですが、これは丈のせいもあったんだなと思います。

もしひざ丈が難しい場合、もっと長くして足首が隠れるくらいの丈の方が良いです。定番のストレートパンツなどは、大体が足首が隠れる丈なので安心して履けます。

カジュアルスタイルで人気のクロップドパンツなどは、ストレートタイプとは相性が良くないと骨格診断を受けたアドバイザーさんに言われました。

かくいう私は、1足クロップドパンツを持っています。言われた後で履いた姿を再チェックすると、確かにジーンズよりも足が短く見えました。

5.フリル・ドレープのない服

服のデザインは、なるべくシンプル・定番に近づけるのが安全。特にフリルなど、ボリューム感のあるデザインはゴツさの原因になります。

どこかにかわいさを取り入れる場合は、シンプル+αを考えると良いです。例えば定番のデザインに加え、ちょっとしたリボンや飾りボタンが付いている服はセーフと言えます。

しかしこのときも、前に紹介したポイントをクリアしているかどうかが肝心です。デコルテがスッキリしているかどうかは、特に注意してみて下さい。

今までは「着たい服を着れば良いじゃない」と考えていました。が、工夫次第で、似合う服と着たい服を近づけることはできるんだと知りました。

どんな点に気を付ければ大丈夫と分かっていると、服選びに安心感が。より自信を持っておしゃれができるようになります。

誰でも、着たい服を着ながらおしゃれを楽しめるのが理想だと思います。かわいい服は似合わないと諦めていた人も、今一度似合う服を探してみて下さい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi