ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

【許せん】インスタ映えとか言って、食べ物を粗末にするヤツ等

スポンサーリンク

インスタ目的で料理を頼み、食べずに残す輩がいる。先日テレビ番組でも取り上げられたようだが、ようやくかという思いがある。

インスタ映えは別にいいが、食べ物粗末にするのはいただけない。ここらでちょっと、インスタグラムと上手に付き合うことを考えた方がいいんじゃなかろうか。

スポンサーリンク

インスタジェニックで食べ物を捨てる風潮が

インスタグラムのなかでも、グルメは鉄板ジャンルだ。私もグルメ写真をあげるアカウントを多くフォローしているし、貧乏飯という触れ込みで己の夕食をアップしたりしている。

しかし原則として、アップしたものは必ず完食する。それが、グルメ写真をあげるものの責任だと思う。

が、インスタのためなら、食べ物を粗末にできる人間も多いようだ。こちらの写真をご覧いただきたい↓

これは、家族が送ってくれた写真だ。あまりにヒドい。

クレープ屋の前を通ったら、大量のクレープが捨ててあったという。店の真ん前で捨てるなど、恐れ知らずだなとも思った。

しかも捨ててある場所はゴミ箱じゃなく、パンフレットを入れるスペースだ。あとでこれを片付ける人が災難である。

そこで余計なお世話ながら、どうやったら食べ物を捨てずにインスタグラムを楽しめるのか考えてみた。以下からぜひどうぞ↓

 

5人一組くらいで行ってシェアすれば

よくあるのは、大量に料理を頼んで食べきれないパターンかと思う。ならば5人以上の大人数でシェアして、全員で食べきればいいんじゃなかろうか。

これなら料理がムダにならず、しかも割り勘すれば節約にもなる。店にとってもインスタグラマーにとっても、いいことしかない。

仲間はSNSでつのれば、すぐ集まるはずだ。人数が多い方が、よりリア充っぽくなってインスタ映えすることだろう。

インスタグラマー向けのフォトジェニックツアーなどもあることだし、そういうところでお友達を見つけるのもいいかもしれない。

お残し禁止にすれば良いのでは?

店側も、お残しするヤツにはもっと厳しい対応に出ていいと思う。頼んだ料理は完食するルールを作れば、不届きなインスタグラマーも一掃されることだろう。

もしバイキングを大量に盛って残したら、罰金を取るのでもいいと思う。食べる気がないのに料理だけ持っていかれるのは、ほかの客にも迷惑千万だ。

タッパーで持ち帰り許可

もしくは、料理を持ち帰るのを許可する。チェーンなんかだと持ち帰りサービスをやってるところは多いし、個人の店でも頼めば持ち帰れる場合がある。

バイキングだと少々難しそうだが、持ち帰り分にはオプション料金を支払うルールにすればいいかもしれない。残しても支払い、持ち帰っても支払いなら、完食する人も増えるだろう。

テイクアウトは食中毒の問題があるというが、それは自己責任だろう。インスタのために食べきれないほどの料理を頼んだヤツのことまで、店が世話してやることはあるまい。

スポンサーリンク

料理の写真撮影を禁止

もういっそ、料理の撮影そのものを禁止する。料理店は料理を食べるところであって、写真を取る場所じゃない。

スマホのシャッター音が気になって、料理に集中できないこともあったりする。食べるときくらい、インスタのことを忘れちゃどうか。

あえてインスタ専用の撮影コーナーをつくる

とはいえ、インスタにアップされる宣伝効果も無視できない。あえて、インスタ撮影用の料理コーナーをつくるという手もあるかもしれない。

コーナーにはフォトジェニックな料理でも置いておけば、インスタグラマーがこぞって撮ってくれるだろう。少々もったいなくはあるが、大量の食べ残しが出るよりはマシだ。

なんなら、精巧な食品サンプルを置いてもいいと思う。趣旨がズレている気もするが、インスタ映えしさえすればいいんだから問題あるまい。

インスタ目的でペットを飼うのも心配

食べ物を粗末にするのは論外だが、それ以上に心配なのかインスタ映えするペットの問題だ。ちょっと前にはハリネズミとかウーパールーパなどが、インスタジェニックとして流行っていた気がする。

ペットの写真をあげること自体はいいのだが、ちゃんとお世話している人間がどれだけいるかが心配だ。インスタ目的で飼ったはいいが、ネグレクトしたり飽きて捨てるヤツも一定数いると思う。

それではペットがかわいそうだし、捨てれば自然環境に悪い影響もでる。食べ物以上に、生き物を飼うのは責任重大だ。

そういう前歴のある人間は、ペットを飼うのを禁じた方がいい。

等身大の暮らしを写せばいいじゃないか

SNSに私生活を振り回されるなど、本末転倒だ。あくまでもいつもどおりの生活のなかで、気になるものを残す方が楽でいい。

そうやって気になるものを増やしていけば、リアルなど自然に充実するだろう。インスタジェニックを追っかけまわして自分が楽しむことを忘れちゃ、なんにもならない。

(それとも追いかけ回すこと自体が楽しいんだろうか)

そのままの暮らしを写して、それに誰かが共感してくれればそれでいいんじゃないのか。あまりに盛るのは、最終的につかれて嫌になるだけだ。

インスタでいくらキラキラを装っても、裏では食べ物のポイ捨てだ。そこまでして、おしゃれで充実した自分を演出する意味はなんなのか。全くの謎だ。

スポンサーリンク

Posted by yayoi