ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

予定ゼロでも今から間に合う、おひとりさま枯れ女流のハロウィンの楽しみ方。

2016年10月29日

スポンサーリンク

今年のハロウィン、どう過ごすか決めているでしょうか?私はほぼ予定ゼロです。そんなおひとりさま枯れ女の、ハロウィンの楽しみ方を参考までに披露します。

パーティなどでワイワイ騒ぐより、マイペースにのんびり楽しんだ方が疲れないしお金もかかりません。静かにひっそりハロウィンを楽しむのも、それはそれでありです。

スポンサーリンク

カボチャを食べてハロウィン気分

ハロウィンといえばカボチャ。単なる煮物だって、見ようによっては立派なハロウィンメニューです。

私が最近ハマっているのは、カボチャの野菜スープ。炊飯器で作ります⇒かぼちゃをまるごと炊飯器で蒸すと、美味しいスープに~一人暮らしの節約料理(30)~

フジッコのおかず畑を使ったカボチャメニューも作ってみました。詳しくはこちら⇒かぼちゃとフジッコのおかず畑で作る、サラダ&コロッケ。一人暮らしの節約料理(34)

秋はカボチャの旬なので、普段より安いです。食費の節約になるという、ありがたいメリットもあります。普段食べない人も、積極的に取り入れてみるのはどうでしょうか。

ハロウィン限定スイーツ

懐に余裕があるなら、ハロウィン限定のスイーツというのも魅力です。手近なところなら、近所のコンビニでさえ簡単に手に入ります。

私は実家に帰ったとき、こんなシュークリームを味わう機会に恵まれました↓

IMG_20161029_0737072

ケーキ屋のスイーツなど、自分では絶対に手が出ません。普段はスイーツなどの間食をしない分、ここぞとばかりに味わい尽くします。質素な生活をしていると、シュークリーム1つも立派なごちそうです。

スポンサーリンク

野菜イベントに参加する

ハロウィンは元々、野菜の収穫を祝う収穫祭が始まりだと言われています。ただ野菜を食べるのも、広く考えればハロウィンの一部といえるかもしれません。

自宅で野菜を食べるだけが味気ないなら、野菜グルメのイベントに参加するというのはどうでしょうか。幸い行楽シーズンで、その手のイベントやワークショップは探すとたくさん見つかります。

今週末は、ベジフードフェスタというイベントもあるようです。ベジグルメに限らず、ステージやグッズなどもあって面白そうです。

ベジタリアンに限らず、ハロウィンは野菜ともっと向き合うのも良い機会かと思います。

街中でハロウィンの息吹を感じる

ただ街中をブラブラするだけでも、この季節はハロウィンの気配をそこら中に感じることができます。地元の商店街の飾り1つでも、「ああ、ハロウィンの季節だな」としみじみすることはないでしょうか。

ハロウィンウィークの週末は特に、パーティに参加するために仮装する子供を多く見かけます。キャラの衣装をバッチリ着ていたりして、微笑ましいです。

わざわざ仮装の見物に行くのでなく、道すがらたまたま見かけるというのがミソです。何かのついでに「ハロウィン感」を味わえると、何だか得したような気持ちになります。

多くの人で混み合いそうな場所へ勇んで出かけるのは、疲れるしゆっくり楽しめません。大勢で騒ぐのも楽しみ方の1つではありますが、枯れた30代にはひっそりしたハロウィンの方が合っています。

ぼっちにはぼっちなりの、ハロウィンの過ごし方があるものです。派手に騒ぐだけが、ハロウィンイベントではありません。

楽しみたいなら、1人でも何でも楽しめます。「良いハロウィンだった」と思えるような、自分なりのハロウィンを探してみるのはどうでしょうか。

スポンサーリンク

Posted by yayoi