ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

【180円でカビ掃除】お風呂場の黒ずみ汚れ、お金をかけずにキレイにしてみた

スポンサーリンク

ガンコなお風呂場黒ずみ汚れは、どうやればキレイになるのか?お風呂場を掃除した話をしたい。

しかし、掃除グッズにあまりお金はかけられない。できるだけ安く、エコな方法でできるといい。節約掃除にチャレンジした結果を、ご覧いただく。

スポンサーリンク

黒ずみが落ちない

今の部屋に越してからもうすぐ一年、ろくに部屋の掃除をしてこなかった。その結果、水回りを中心に汚れが目立ってきたのだ。

一番気になるのは、やはり風呂場の汚れである↓

ガンコな黒ずみが、こびりついて取れなくなってしまった。

半年ほど前、偉そうに言っていたことが恥ずかしい限りである⇒お風呂のカビを今すぐ防止。道具なしでできる5つの予防対策。

ちょいちょいセスキスプレーなどで雑巾がけをしていたが、それだけでは限界があったようだ。本格的に対策するなら、ちょいちょいではなく毎日キレイにしないとダメなのかもしれない。

汚れには漂白剤だ

できたばかりの黒ずみやカビなら、重曹&クエン酸スプレーなどでも何とかなる。だがガンコな汚れは、最終手段の漂白にたよるしかない。

お風呂場の漂白は、カビキラーやハイターなど塩素系の漂白剤がメジャーだ。だがお風呂場のカビのためだけに、掃除グッズを増やしたくはない。ツンとしたニオイなども気になる。

そこで目をつけたのが、エコ派に人気の酸素系漂白剤だ。塩素系に比べると、こんなメリットがある↓

・ニオイがない

・地球に優しい

・洗濯などにも使える

カビキラーはカビ取りにしか使えないが、酸素系ならばほかの掃除のときにも使える。また、服の色は落とさないので、衣料の漂白にも安心だ。たとえ余っても、使い切るのは難しくない。

そこでさっそく買ったのがこちら↓

100円ショップに売っていた過炭酸ナトリウム(過炭酸ソーダ)だ。割高だが、カビ対策だけなら使い切りサイズが便利だろう。

過炭酸ペーストで黒ずみを漂白だ

だが過炭酸ソーダは、そのままではサラサラ過ぎて黒ずみ掃除には使いにくい。ほかのものと混ぜて、ペースト状にするのがよくある手だ。

そこで家にある、セスキと混ぜて使ってみたが……↓

どうも、まだサラサラだ。一応塗っては見たが、ちゃんと黒ずみに効いている気がしない↓

混ぜる相手がセスキでは、ねばりが足りないようだ。これでは黒ずみにかなうまい。

スポンサーリンク

粉石けんで過炭酸ペースト

過炭酸ペーストを作るときによくおすすめされるグッズに、粉石けんがある。そこで私も、次は粉石けんを使うことにした。

だが黒ずみ掃除に使うだけなので、できれば少量で安いものがいい。探し回った結果、ちょうどいいものが見つかった↓

楽天で売っていた、おためし用粉石けんだ。

お値段80円で送料無料と、とてもお得な一品である。私はポイントで買ったので、実質タダでゲットできた。

この粉石けんと過炭酸ナトリウムを使って、ペーストを作る。作り方はこんな感じ↓

過炭酸ナトリウム:粉石けん=1:1の割り合いで混ぜる

・水を少しずつ入れながらペースト状にしていく

・とろろ芋くらいの固さになったら完成

水を足すときは、一滴ずつたらしていくのがコツだ。ドバっと水を入れると、後から過炭酸ソーダと粉石けんを大量に足さないといけなくなるので注意したい。

こうして作ったペーストがこちら↓

学校の図工を思い出すようだ。ペーストを作っている間は無心になれる。

我が家にはいい入れ物がないので、鶏肉が入っていた空の容器を使った。小さめのカップがあれば便利かもしれない。

ペーストの威力は……?

このペーストを、カビに塗りつけていく↓

今度は、壁にしっかりペーストが張り付いている。石けんの威力はさすがだ。

ペーストを塗りつけたら、一晩ほどおいておかないといけない。その間にペーストが乾かないよう、ラップなどでパックすると効果的だ。

もちろん我が家にはラップなどないので、そこはスーパーの透明なビニールを代わりに使った。はさみで細くカットすれば、パックには十分だ。

そうして、一晩経った結果がこちら↓

排水口の黒ずみはだいぶキレイになった。漂白剤の力、偉大である。

壁際はどうか↓

どうも、完全に黒ずみが落ちきっていない。よほどガンコな汚れなんだろうか。

こちらのカドッコは真っ白になった↓

1回ではあきらめず、さらに時間をおいて2回めのチャレンジをしてみた。その結果はこちら↓

最初に比べれば、大分目立たなくなった。だが、100%真っ白にするということは難しい。

どうしても落ちないときは塩素系を

過炭酸ナトリウムは、塩素系漂白剤と比べるとパワーが弱いのがデメリットだ。ペーストでも落ちない黒ずみは、カビキラーなどに頼るしかない。

塩素系の漂白剤ならば、一晩と言わず数分おくだけで黒カビがきれいになる。確実に黒ずみをなくすなら、頼りになるのはやはり塩素系か。

カビキラーなどがなくても、ある程度ならば黒ずみはキレイになる。安全面が気になる人には、過炭酸ペーストで黒ずみ掃除することをおすすめしたい。

私はまだ粉石けんと過炭酸ナトリウムは残っているので、何回かペースト掃除にチャレンジしてみるつもりだ。なんとか100%真っ白にしたい。

スポンサーリンク

Posted by yayoi