ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

現金を使わない生活で役立つか?デビットカードを使って感じた、メリットとデメリット。

スポンサーリンク

一時期、現金を使わない生活に憧れてデビットカードを使ってみたことがある。実際に使ってみて感じた、メリットデメリットを紹介したい。

CMでもよくやっているデビットカードだが、本当に便利で使いやすいのか?もちろんいい面もあるが、万能というワケではなかった。

スポンサーリンク

そもそもデビットカードって何?

デビットカードとは、現金の代わりに指定の銀行口座から支払いが引き落とされるカードだ。

クレジットカードの親戚のようにもみえるが、大きな違いがある。それは、

・デビットカードで買い物すると、支払いが口座から即時引き落としされる

ということだ。

クレジットカードは、決まった日にまとめて後払いだ。が、デビットカードは買い物した分が即時引き落としになる。よくCMで「現金みたいなカード」と言っているのは、そういうことだ。

電子マネーとも似ているが、こちらは

・チャージ→使う

という2段構えだ。デビットカードは銀行口座と直接つながっているから、チャージの必要はない。

デビットカードはよく、クレジットカードと現金の良いとこ取りという言い方もされる。クレジットカードをあまり使いたくない人にも、便利なカードなのだ。

デビットカードのメリット

まずは、デビットカードを使って便利だった点をみていきたい↓

お会計が楽ちん

支払いは全てカード1枚で済むので、レジが格段に楽になる。いちいち財布から小銭を取り出して、待ち構える必要もなくなる。

実際に使うときは、クレジットカードと同じく「支払いはこのカードで」と差し出すだけだ。私はスーパーで何度か使ったことがあるが、問題なく支払いできた。

前に言ったように、電子マネーのようにチャージする必要もない。うっかりチャージ忘れをしてしまう人は、デビットカードでもいいかもしれない。銀行口座にお金を入れてさえおけば、いつでも安心だ。

即時引き落としで無駄遣いを防げる

クレジットカードを使いすぎてしまうのは、まとめて後払いだからだ。利用明細を見るまでは、いくら使ったのか分かりにくいのも難だ。

その点デビットカードはその場で引き落としだから、いくら使ったのかすぐ分かる。レシートを取っておけば、家計簿代わりにもなるので便利だ。

また即時引き落としということは、口座にある分しか使えないということになる。クレジットカードのように買いすぎることがなくなり、無駄遣いが減るのだ。

さらに、一度に利用できる限度を設定できるデビットカードもある。つい大金を使ってしまう人は、ぜひ限度額を付けておきたいところだ。

クレジットカードのヘビーユーザーは、口座にお金が足りなくてピンチになったことは一度や二度はあるはずだ。デビットカードはそもそも残高がないと買い物もできないから、ある意味で安全だ。

審査がないので誰でも作れる

デビットカードは、銀行口座さえあれば誰でも作れる。クレジットカードのように、面倒な審査は一切なしだ。

経済的にクレジットカードを持てない人や未成年者でも、ちゃんとデビットカードは作れる。カードがほしいけどクレカが作れないというときは、デビットカードを代わりに作るのもいい。

ネットショップでクレカ代わりに使える

私が使っていたのは楽天デビットカードだが、Amazonと楽天で使うことができた。つまりはクレジットカードがなくても、ネットショップでカード支払いができてしまうのだ。

ネットショップのなかには、カード払いか代引きしか対応してない店も多い。そのためクレジットカードを持っていない人にも、デビットカードは大人気だ。

ちょっとだがポイントも付く

楽天デビットの場合、買い物の度に楽天ポイントが貯まる。ネット通販はもちろん、店での買い物もデビットカードを使えばポイントが付く。ポイント率は1%と、クレジットカードと同じくらいだ。

自動家計簿との紐づけもしやすい

デビットカードは、銀行口座から支払いが引き落とされる。そのため、その口座を自動家計簿と紐付けておけば、普段の買い物記録が自動で済むのだ。

私も今、自動で記録できるマネーフォワードという家計簿を使っている。今はレシートを手入力しているが、支払いをデビットカードメインにすればその手間も省ける。

デビットカードのデメリット

なかなか便利なデビットカードだが、デメリットもある。次は、使ってみて不便に感じた点を紹介したい↓

スポンサーリンク

落としたときが心配

デビットカードを使うとき、一番心配なのがこれだ。

デビットカードは、使われた瞬間に引き落としとなる。万が一落として誰かに悪用されたら、一気に破産する危険性もある。

クレジットカードも危険はあるが、身に覚えがなければカード会社に調べてもらえる。こちらに過失がなければ、不正に使われても支払いはしなくて済む。デビットカードには、そのスキもないのだ。

一番いい対策は、銀行口座に最低限のお金しか入れないことだ。しかしそうすると、ほかの支払いのとき不便になってしまう。もし口座が一つしかなかったら、そのつど振り込まねばならず逆に面倒くさい。

理想は、デビットカード専用の口座を作って、多くても数万円だけしか入れないことだろうか。これなら、被害も最小限で済む。

口座が増えると面倒も増える

しかしデビットカードのために口座を増やすとなると、お金の流れが少々めんどくさくなる。口座が1つ増えると、家計の管理も手間が増えるのだ。

例えば私は、今はこんな感じで口座を使っている↓

・貯金…ゆうちょ

・給料振込み…三井住友銀行

・カードや光熱費など、もろもろの支払い…三井住友

面倒くさい引き落としは全て三井住友にまかせ、よゆうができた分をゆうちょに貯金するスタイルだ。いくつも口座を作るより、これが一番シンプルで簡單だった。

しかしデビットカードを持つと、さらにこんな流れが増えた↓

・デビットカード引き落とし…楽天銀行

・デビットカード用の、楽天口座への入金…ゆうちょ銀行

楽天銀行へ入金するときは、本人名義のゆうちょ銀行を使うと手数料が無料になる。そのため、ゆうちょからもちょくちょく引き落としが出るようになってしまったのだ。

できれば貯金用の口座からは、あまりお金を引き出したくない。貯金口座を貯金以外のことに使わねばならないのが、ちょっとしたストレスだった。

料金の引き落としではタイムラグがある

これはどういうことかというと、マネーフォワードに記録されるタイミングのことだ。

店で買物したときは、すぐに金額が記録される。が、水道・光熱費などの料金引き落としにデビットカードを使った場合は、記録されるまでにタイムラグがあったのだ。

大体実際の引き落としから、1週間くらいするとようやく記録される。引き落としのタイミングが月末だと、先月の分が今月に記録されたりとややこしくなった。

自動家計簿の項目が全て「デビット」

さらに不便だったのは、マネーフォワード上ではデビットカードの分が「JCBデビット」という項目になってしまうことだった。

料金引き落としの場合はタイムラグのために、忘れた頃に「JCBデビット」という項目が足される。私の忘れっぽさもあいまって、これは何の支払いやと頭を悩ませることが増えた。

こういうときは楽天銀行の「デビットカード利用明細」を見ると、どこから引き落とされたのか分かる。分からない分は明細をチェックして、手動で項目を書き足していた。

さらに面倒だったのは、

・家計簿には登録されているのに、楽天銀行のカード明細には登録がない

というパターンだ。

楽天銀行のシステム上、デビットカードの明細が登録されるまでに時間がかかるときがある。しかしマネーフォワードには、しっかり記録されているときもあったのだ。

こういうときは自力で思い出すか、明細に登録されるまで待たねばならない。登録を待つ間は、一体何の支払いだったかとモヤモヤが残ったものだ。

店頭での支払いなら、レシートを残しておけば何に使ったのか分かる。が、ネットの買い物で引き落とされたときなどはアウトだ。

家計簿に項目がしっかり登録される点では、クレジットカードの方が便利だ。クレジットカードとデビットカードは、使い分けが肝心ということか。

デビットカードは上手く使えば、キャッシュレス生活の役に立つだろう。が、何でもかんでもデビットカード1枚で済ませるというのは、なかなか難しい。

やはり店での買い物はデビットカード、ネットでの買い物や料金引き落としはクレジットカードというように、目的別に使い分けた方がいい。デビットカードを使いこなすのも、工夫が必要だ。

スポンサーリンク

Posted by yayoi