断捨離しても部屋の荷物が減らない、たった1つの理由と対策。

スポンサーリンク

断捨離しても断捨離しても、ものが減らない。その理由対策を紹介します。

私も10代20代の頃は、部屋を一生懸命整理してものを捨ててもきりがありませんでした。しかしその理由に気がついた今は、片付いた部屋を維持できています。

断捨離は部屋の中にある荷物を減らすことですが、それだけでは不十分。むしろ、ものを減らした後にどうするかの方が大事でした。

スポンサーリンク

物が減らない理由とは?

物が減らない理由、それは減らす以上にものを増やしていることです。

減らすことはできても、増やさないことを徹底できる人は意外と多くありません。むしろ部屋が片付いたことで、新しいものを増やしてしまうこともあるんじゃないでしょうか。

言われれば分かることでも実際に気付かないのは、断捨離がものを捨てる部分だけに注目してるからじゃないでしょうか。しかし、それだけでは断捨離は終わらないのです。

断捨離の3文字から考えると、「捨」が減らすことで「断」が増やさないこと。最後の「離」というのは、ものを増やす、部屋が散らかる考え方から離れるという感じです。

かくいう私も、昔の片付けは捨てることだけしか考えてませんでした。特にものが毎年増えていく10代の学生時代は、増やしたら増やしっぱなし。年に1回の大掃除が常でした。

そうして30代になりミニマリストという考え方を知ったことで、「増やさない」ことの大切さにようやく気付きました。そこから始めて、まともな断捨離が出来るようになったのです。

「断」「捨」「離」の3つがセットになって始めて、断捨離は上手く回ります。キレイな部屋を保つ秘訣は、この3文字を意識することじゃないでしょうか。

すでに引っ越し済みですが、ミニマリスト暮らしを始めた直後の部屋の様子はこちら⇒独身女性ミニマリストの部屋を公開。一人暮らしが1年住んだ団地とは?

けれど、頭で分かっていても行動に移せないのが人間というもの。減らした後に増やさない対策を、以下から見ていきます。

1.宅配買取スパイラルに注意

不用品を捨てるときに役立つのが、宅配買い取りのサービスです。が、利用しすぎるとものが増えるサイクルから抜け出せなくなるかもしれません。

宅配買い取りは本当に何でも買い取ってくれるので、増えたら送れば良いという考え方になりがちです。そこから、

・買い物→荷物溜め込み→宅配買取→買い物→……

のスパイラルへと落ちていくことになります。

宅配買い取りは、ものを減らす痛みというのを減らしてくれる効果もあります。それが役立つこともありますが、感覚がマヒするのはよくありません。

なので一度は、宅配買い取りに頼らず普通のゴミに捨ててみるのが良いと思います。ものを捨てることが大変だと分かれば、簡単に増やさなくなるんじゃないでしょうか。

そういう私は大量の荷物の処分には宅配買い取りを使いましたが、ミニマリストを目指していたときなので新たにものが増えすということはありませんでした。やはり、断と捨はセットが肝心です。

スポンサーリンク

2.売ったお金でものを増やさない

宅配買い取りのスパイラルにハマりやすいのは、売ったお金で新しいものを買おうとするからじゃないでしょうか。

売ったお金で新しいものが欲しくなるのは、臨時収入の感覚があるからかもしれません。しかし実際は、売ったお金は払戻金と一緒。トータルでは損をしています。

売ったお金はすぐ貯金する、生活費に限定して使い道を絞るなど、ものを買う以外の方法で使うと良いです。いっそ、美味しいものを食べに行くのでも良いかもしれません。

3.買い物の段階で厳選する

買い物を減らせば、処分するものも減ります。一番最初のステップで入るものを厳選する効果は高いです。

無意識の買い物を減らす対策はこちら⇒ついお金を無駄遣いしてしまう理由とは?無計画な買い物を止めれば出費を減らせる。

買い物が趣味の場合の対策はこちら⇒買い物でストレス発散するのをやめられる対処法5つ。散財が止まらないときはこれが効果的。

断捨離後の買い物で厳選するのは、ダイエットのご褒美に好きなものを食べないことに似ています。あくまで、減らした状態を続けることが大事ではないでしょうか。

単純にお金を使いたいという場合は、もの以外のサービスに使ったり投資で増やすというのもありかもしれません。買い物以外の方法を色々探してみて下さい。

ものを増やす以上に、減らす。これを守れば部屋が荷物で散らかることも無くなります。むしろ断捨離は、ものを捨ててからが本番なのかもしれません。

自分にとっては何が大事で、どんなものを手元に置いておきたいのか?そんなことを意識しながら片付けていくと、荷物は自然と減っていきます。

スポンサーリンク

Posted by yayoi