弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ついに洗濯10回目。ユニクロのヒートテックはどうなった?

スポンサーリンク

ユニクロのヒートテックを着続けておよそ3ヶ月半、ついに洗濯10回目を迎えました。目標だった「2月までに10回目の洗濯」をギリギリ達成できて、ホッとしております。

(タイムラグで記事のアップは3月になりました)

10回の洗濯を経たヒートテックは、一体どうなったのか?以下、詳しく見ていきます。

トップスのくたびれが目立ってきたか?

前回の洗濯の様子はこちらからどうぞ⇒ユニクロヒートテック9回目の洗濯。10回目までもう目前。

まずは2着のトップスです。

最初に、グリーンのインナーから↓

P_20170224_0751152

ちなみに、1回目の様子はこちら↓

遠目から見ても、部分部分でヨレっとしたところが出てきたように思います。しかもウェストの広がり具合がヤバいです。やはり洗濯10回ともなると、ノーダメージというわけにはいきません。

襟の様子はこちら↓

P_20170224_0751272

実際に着て鏡で見ても、「ここんとこがヨレてるなあ」と気になってきました。

頑張れば来シーズンも同じヒートテックを着られるかと思いましたが、やはりワンシーズンが限界でしょうか。

袖の様子はこちら↓

P_20170224_0752032

P_20170224_0751572

基本は重ね着の下に着ているので、襟ほどヨレがひどいということはありません。これならまだまだ大丈夫そうです。

裾の様子はこちら↓

P_20170224_0751472

腰回りのヨレは、小康状態に入りました。傷みが進みそうで、なかなか進みません。

今までちょっと心配でしたが、この分ならもっと積極的に引っ張っても耐えてくれそうです。

続いてボーダーのインナーです↓

P_20170227_0751102

1回目の様子はこちら↓

ボーダーの方は、無地ほどヨレが目立たないのが謎です。

柄のせいなんだとは思いますが、無地より柄ものの方が生地が丈夫という可能性はあったりするんでしょうか。

襟の様子はこちら↓

P_20170227_0751232

間近で見ても、やはり無地トップスほど襟のダメージが深くない気がします。2着とも同じように着て同じように洗濯しているのに、差が出る理由が分かりません。

袖の様子はこちら↓

P_20170227_0751362

P_20170227_0751292

袖のダメージの少なさは、やはり優秀です。

仮に多少汚れてきても、ボーダーのお陰でごまかせるかもしれません。

裾の様子はこちら↓

P_20170227_0751552

ウェスト周りも、今のところ順調に耐えています。

あまりに変化が無いので、もうちょっと伸びたりヨレたりしても良いのにとすら感じることが。こうなってくると、50回~100回単位で洗濯しないとダメージが分からないのでしょうか。

3ヶ月履き続けたレギンス

次に、1足を履き続けているレギンスの様子です。

10回目の洗濯ではこうなりました↓

P_20170227_0743252

1回目はこちら↓

ひざのシワが、以前より多くなったかもしれません。1日中座卓で作業をしているのだから、これは致し方ないとも言えます。

ウェストの様子はこちら↓

P_20170227_0744322

ゴム部分は、思ったより丈夫です。

ほぼ毎日24時間履き続けているにも関わらず、未だに私のお腹にフィット。ただ単に私の胃下垂が原因かもしれませんが、下っ腹が出やすい人間には助かります。

裾の様子はこちら↓

P_20170227_0743532

近くで見ると、薄い色の部分が増えてきました。生地が破けるまではまだ時間がありそうですが、ダメージは確実に蓄積しています。

ひざの様子はこちら↓

P_20170227_0744172

履いては伸び、洗濯しては縮みの繰り返しです。ストレッチ素材のお陰か、伸びたら伸びっぱなしということがありません。

手持ちのジーンズやパンツはどれもすぐにくたびれてしまいますが、ヒートテックレギンスは3ヶ月毎日履いてもまだ大丈夫。茶色で汚れも目立たないし、ズボラとの相性ピッタリのアイテムです。

スポンサーリンク

一番消耗する靴下は……

2足の靴下も見ていきます。ヒートテックの中で、一番ダメージが大きいです。

まずは黒の靴下の様子から↓

P_20170224_0757572

1回目の様子はこちら↓

丁寧にシワを伸ばして撮影すると、まだマシに見えます。ただ、かかとを中心に増えた毛玉は隠しようがありません。

足首周りの様子はこちら↓

P_20170224_0758082

靴下のゴムは、見た目ほど伸び伸びじゃないようです。まだ、歩いている途中で靴下がずり落ちるというようなことがありません。

高校時代の制服の靴下は、2~3ヶ月もするとゴムがダメになっていた気がします。もしかしたら、洗濯機洗いがダメージを大きくしていた可能性はあります。

逆に今は、浸け置き洗いがメイン。脱水も力いっぱい絞らないので、思っより傷んでないのかもしれません。

つま先の様子はこちら↓

P_20170224_0759362

P_20170224_0759262

毛玉も目立つものの、ある一定数を保っているようです。靴下中が毛玉だらけという事態にはなりませんでした。

たまにブチッと引き抜いてしまいますが、多分靴下を傷めます。たったの2足しかないのだから、もっといたわる方が良さそうです。

かかとの様子はこちら↓

P_20170224_0758202

インドア派のため、靴によるすり減りがほとんどありません。これはむしろ、もっと運動した方が良いというサインな気もします。

足の裏はこちら↓

P_20170224_0800332

しかしインドア派とはいえ、流石に家の中は歩き回ります。

肉眼で見ると、つま先近くが薄くなってきました。「ここはダメージを受けるよなあ……」と、わびしい気持ちになってきます。

アーガイル靴下はこうなりました↓

P_20170227_0754082

1回目の様子はこちら↓

私の座る姿勢の問題か、左右で足の甲の伸び具合が違っている気がします。左右不対称の横座りなどが多いと、こんな感じになるのかもしれません。

足首周りの様子はこちら↓

P_20170227_075408_22

こちらの靴下も、ゴム部分はまだ無事です。

靴下はヒートテック以外、手持ちにロクなものがありません。暖かくなってもヒートテックソックスだけは履き続ける可能性があるので、もっと大事にしないとなと思います。

つま先の様子はこちら↓

P_20170227_0754352

P_20170227_0754252

こういう、つま先からピョンと出ているものほど気になります。靴下用の良い毛玉取りが、どこかに無いものでしょうか。

かかとの様子はこちら↓

P_20170227_0754532

やはり、こちらの靴下もダメージは少ないです。私の引きこもり具合が良く分かって、逆にマズいです。

足の裏の様子はこちら↓

P_20170227_0755412

どうしても、先っぽの方は摩耗が早くなります。

どこがすり減るのが早いかを見ると、自分の身体のバランスも分かって興味深く感じます。整体などで矯正したら、靴下の持ちが良くなるということがあり得るかもしれません。

年末からヒートテックを着続けて、早3月に突入。ヒートテックの出番も、おそらく残り1ヶ月くらいかと思われます。

次の目標は20回の洗濯。張り切ってヒートテックを着倒します。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿