弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

あなたが捨てたいのに捨てられない理由。自分の中の物語が断捨離できなくさせる。

公開日:2016.12.23

スポンサーリンク

捨てたいものがあるのに、なぜ捨てられないのか?その理由についてお話します。断捨離がなかなか進まないのは、その人の中にある「自分だけの物語」のせいかもしれません。

実際に捨てられないのは「もの」ではなく、「物語」の方です。ものに対して、あれやこれやと色々なサイドストーリーを盛り込んでしまうのが問題なのではないでしょうか。

ものは単なるものでしかない

もの自体は、どこまで言っても単なるものでしかありません。ものを「もの以上の存在」にするのは、ほかならぬ私たちの心。ものの価値は、個人がそれぞれ勝手に決めたものです。

例えば私の場合、ゲームやアニメなどのオタクグッズを後生大事に持ち続けています。が、オタク文化に全く興味のない人から見れば、単なるガラクタでしょう。

物質的に見れば、フィギュアはプラスチックの塊。ゲームソフトやゲーム機は、プラスチックと金属の集合体です。そこに価値を見出し愛着を湧かせているのは、私自身の心なのです。

特に趣味のグッズや思い出の品は、背後にある物語が大きくなります。こんまりさん風に言えば、「ときめき度が最も高い部類」に入るものです。

懐かしのセーラー服など、制服も捨てにくいものの1つではないでしょうか⇒思い出の詰まった制服や、学生服の断捨離が簡単になる方法

自分の中にストーリーがあるものほど、人は大事に使います。ものに勇気をもらう、癒やされるのも、自分の心と深く結びついているからにほかなりません。

物語が捨てたい心をストップさせる

ものの中にストーリーがあること自体は、良くも悪くもありません。問題は、「余計なもの」にまでストーリーを作ってしまうことです。

物語は、自分の心と結びついています。「物語を持ったもの」を捨てるのは、自分の心まで捨てること。自分の一部を捨てるのは、単純にものを捨てるよりも大きなストレスがかかるのです。

ものを持つことで本人が満足しているなら、それは大丈夫です。厄介なのは持ち主自身が困っているのに、ストーリーが断捨離を邪魔することにあります。

捨てたい気持ちはある。けれど、自分の中のストーリーは捨てられない。2つの心の間で板挟みになることが、捨てられない悩みを深くする原因なんじゃないでしょうか。

特に「不安」は、色んなストーリーを生み出しやすい感情。予測のできない未来に対して、人の頭と心はなぜかフル回転をしてしまうようです。

かくいう私も、断捨離は「自分の中の不確かな物語」との熾烈なバトル。「この限定版は貴重だから、手放したら二度と手に入らないかも」。そんなこと捨てられないのはしょっちゅうです。

不要品を燃えるゴミにするのが偲びなくて、有料リサイクルを使ったことも……。その様子はこちらから⇒断捨離した不要品の処分に、買い取り王子の宅配リサイクルを利用して感じたメリット

使えるものをゴミにしてしまうと、何だかとても申し訳ないような気分に。これも多分、自分の中の物語なんだと思います。ともすると、捨てたものの悲痛な声まで聞こえてきそうです。

大量のトイレットペーパーのストックも、大して着ない服を断捨離できないのも、全て「自分の中の思い込み」の仕業。一人歩きする物語が、ものの価値を実際の何倍にもするんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

いったん冷静になってみる

捨てられないストーリーにこれ以上振り回されないためにはどうすれば良いのか?それにはまず、いったん冷静になってみることです。それが無くなったら本当に困るのか、一度考えてみてください。

日用品の類であれば、また買い直せば済む話。冷蔵庫が空になっても、スーパーもコンビニもあります。家の食料が尽きても、すぐに飢え死ぬ確率は低いです。

ものがなくなった後に起こる「事実」だけを、冷静に考えてみる。すると、自分を縛り付けていたほとんどの要素が「架空の物語」なのが分かってきます。

事実だけに注目するのは、不安を乗り越えるときにも使える方法です。詳しくはこちら⇒断捨離中にものを捨てるのが不安なとき、恐れを取り除くための5ステップ

捨てられないものの裏には、どんなストーリーが隠れているのか?ストーリーの中身が分かると、自分の心に折り合いが付けやすくなります。

私の場合「捨てたら後悔するかも」「ものをゴミにするなんてもったいない」という思いが強いです。趣味のグッズであれ洋服であれ、断捨離のときには絶対に出てきます。

しかし実際に断捨離して、心の底から後悔したものはないです。貴重なオタクグッズもいくつか断捨離しましたが、「何故捨ててしまったんだ」と床をのたうち回るような事態にはなりませんでした。

私の経験則では、「これは処分できそう」と少しでも思ったものは断捨離しても後悔しないです。この時点で、ものへの執着がほとんど無くなってるんだと思います。

洋服やまだ使える日用品はできる限りリサイクルすることで、「もったいない」心を納得させる。着る予定のないTシャツなんかは、掃除用のウエスにして使い切ります。

ウエスは、拭き掃除に便利な布切れのこと。おすすめの使い方はこちらから⇒トイレ掃除から窓拭きまで、シンプル派には簡単で万能なウエスがおすすめ

自分の中のストーリーに、「でも」と反論してみたり「これならどう?」と対案を出してみる。すると、自分の心も納得しながら断捨離ができるようになります。

ものを実際に大きく見せているのは、私たちの心にあるストーリーです。ストーリーがあるから、人はものを大事にします。反面、余計に執着もしてしまうのです。

断捨離の前に色々と考えてしまう人は、一旦思考をストップさせてみてください。大事なのは、目の前のものが「本当に自分に必要かどうか」。物語を外して考えると、案外簡単に捨てられるものです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1903132総閲覧数:
  • 4652今日の閲覧数:
  • 6150昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ