弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

生理中の腹筋は生理痛の原因に?私が学んだ、生理前にお腹を鍛える3つのコツ。

公開日:2017.05.13

スポンサーリンク

生理前生理中腹筋運動をやり過ぎると、生理痛がひどくなるかもしれません。生理痛がひどくならないように、お腹を鍛えるコツについてお話します。

生理中の運動はダイエットに効くとも言われますが、やり過ぎは禁物。無理な運動は、余計に身体を疲れさせます。

生理と運動にうまく折り合いを付けつつ、身体を鍛える方法とは?私の体験から、思うところを紹介します。

ひどい生理痛で目が覚めた

以前に一度だけ、とてつもない生理痛に襲われたことがありました。胃が引つれるような傷みで、夜中に目を覚ましたほどです。その日は、夜明け近くまで眠れませんでした。

普段から生理痛はありますが、眠りから覚めるほどひどくはありません。生理痛で病院に行こうか本気で悩んだのは、そのとき1回限りです。

なぜその夜に限って、恐ろしいほどの生理痛があったのか?唯一心当たりがあるのが、寝る直前にやった腹筋運動でした。

下腹のポッコリをなんとか引っ込めようと、マメにやっている腹筋。しかしその日は、腹筋を忘れてしまいました。そこで寝る直前に、足上げ運動をやって寝たのです。

そして数時間後、あまりの生理痛で目が覚めるという結果に。腹筋と生理痛の間に、何らかの関係があるような気がしてなりませんでした。

 

なぜ腹筋のやり過ぎで生理痛がひどくなるのか?

ネットで調べてみると、産後に腹筋が痛むようになったという情報がありました。私は妊娠したことがないですが、やはり子宮と腹筋には切っても切れないつながりがあるようです。

まず腹筋とは、その名の通りお腹の周りを囲む筋肉です。胃や腸、子宮などの内臓を支える役目があります。

妊娠で子宮が大きくなると、それだけ腹筋の負担も大きくなることに。ときには筋肉の筋が裂けて、筋肉痛のような痛みが出るということでした。

産後に、腹筋が痛む仕組みは分かりました。そこから自分なりに、腹筋と生理痛の関係について仮説を立ててみました↓

・慣れない足上げ腹筋で下っ腹の腹筋が傷ついた

・生理が始まり、子宮が収縮を始める

・子宮の収縮が腹筋を刺激し、痛みを引き起こしたのでは?

この仮説に、医学的な根拠は全くありません。が、私の体験から照らし合わせて考えると、上の考え方が一番しっくりきました。

しかし一方で、適度な運動は生理を軽くするとも言われます。腹筋運動はお腹周りの大きな筋肉を鍛え、冷え性や骨盤の動きを助ける効果もあるのです。

運動不足をはじめ、生理が重くなる習慣をこちらで紹介しています⇒生理が重い原因は生活習慣?生理痛が悩みの私がやっていた7つの過ち。

私は今も腹筋のエクササイズをやってますが、幸いにしてひどい生理痛に襲われたことはありません。今、私が腹筋のときに心がけているのは以下の2つです↓

・数日おきに休みを挟む

・少しずつ回数を増やしていく

・体を動かさず筋トレする

それぞれ、どういうことか説明します。

スポンサーリンク

1.筋肉は休むことで強くなる

筋肉を鍛えるには、運動だけでは足りません。運動の後にしっかり休んでこそ、鍛えられるものです。

運動をして筋肉痛になるのは、筋肉が傷つくから。傷ついた筋肉が回復するとき、ダメージに耐えられるようより強力になることで、筋肉は鍛えられる仕組みです。

ここで休まず運動をしてしまうと、筋肉が回復する暇がありません。より筋肉が傷ついて、身体がズタボロになる危険もあります。

もし大した筋肉痛がなくても、毎日の運動の合間に休みは入れた方が良いです。筋肉痛がひどいときは、収まるまでエクササイズを休んでみて下さい。

2.少しずつ負荷を増やしていこう

私が一番最初に腹筋をやったとき失敗したなと思うのは、いきなり難度の高いトレーニングに挑戦したことです。運動に慣れていない初心者ほど、最初は軽いエクササイズから始めないとケガをします。

私が以前やっていた30日チャレンジは、毎日5回ずつ回数を増やしていくルールでした。しかしこれでも、運動不足のインドア派にはキツかったです。

私がやった30日チャレンジはこちらで紹介中です⇒スクワットで即効足痩せなるか?~3月の1ヶ月チャレンジ~

普段から運動をしてない人は、毎日1回ずつ増やすのでも良いと思います。あまり回数にこだわらず、自分が限界だと思うところまでエクササイズをすれば十分です。

3.むやみやたらと動かない筋トレを

筋トレをするときは、身体を動かさないで筋肉だけ緊張させる方法もあります。

私が普段やっている「身体を動かさない腹筋」は、プランクというものです。約1分間、肘とつま先だけで身体を支え、お腹をお尻をギュッと引き締めます。

プランクの30日チャレンジというのもあります。詳しくはこちら⇒30日で即効お腹痩せを目指す~2月の1ヶ月チャレンジ~

昔体育の授業で、アイソメトリック運動という言葉を聞いたことはないでしょうか。これはまさに、身体を動かさない筋トレ方法のことです。

アイソメトリック運動とは、7秒間だけ同じ姿勢を保つというトレーニング。その間は身体を動かさず、筋肉だけを引き締めて筋トレの効果を出します。

7秒お腹を引き締め→7秒ゆるめる

というのを数分繰り返すだけでも、意外と腹筋が痛くなってきます。信号や電車を待つ間に、お腹を引っ込めては緩めるエクササイズをやるのも効果ありです。

 

生理前の激しい腹筋は、生理痛をひどくするかもしれません。毎日のように腹筋をしていて、生理痛が激しいという人は、生理の直前だけでも休んでみて下さい。

筋トレも、健康な身体があってこそ。くれぐれも、無茶は禁物です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿