弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

生理痛やPMSもすぐ緩和、おすすめ対策記事を紹介。

公開日:2017.04.19

スポンサーリンク

世の女性にとって、毎月のPMSや生理痛は悩みのタネです。毎月の生理と上手く付き合い、快適に過ごすための方法を紹介します。

私も2~3年前までは、生理が憂うつだった人間です。しかし今は生理痛もほとんどなく、普段の日も生理の日も変わらず過ごせるようになりました。

「生理なんてなくなれば良いのに」。毎月そんな考えが頭をよぎるときは、ぜひチェックしてみてください。

生理が軽くなるおすすめのヨガ

まずおすすめしたいのが、生理に即効の月経血コントロールヨガです⇒重いPMSの症状もたちまち改善するおすすめ本、「月経血コントロールヨガ」のレビュー

月経血コントロールヨガは、その名の通り「月経血を溜めてトイレで出せるようにしよう」という目的のヨガ。名前が怪しいので「大丈夫?」と思われがちですが、効果は高いです。

このヨガのスゴイところは、月経血のコントロールを目指すついでに生理の症状まで軽くなること。むしろ毎月の生理が軽くなるだけでも、やる価値があるヨガだと思います。

私はこのヨガを始めて1ヶ月で、長年の生理痛が消失。ホッカイロが手放せなかった嫌な腹痛が、ほとんど感じないほどに軽くなったのです。

さらに月経血を溜めて出すというのがある程度できるようになり、生理用ナプキンの大きいサイズが不要に。今は、ハンカチ型の布ナプキンを使って生理をしのいでいます。

布ナプキンの種類や使い方は、こちらで詳しく紹介しています⇒初心者でも安心、生理用布ナプキンの失敗しない使い方ガイド。

生理用布ナプキンは、種類が色々あって迷います。まずは、自分が使いやすそうなものを1枚選んで始めて見てください。

紙ナプキンと布ナプキン、どちらが良いか迷ったときはこちらの記事を読んでみてください⇒生理用ナプキンって危険なの?布ナプキンと紙ナプキン両方使っている私の実感。

私は今は布ナプですが、紙ナプキンが悪いとも思いません。紙ナプキンは手軽で、やはり安心感があります。

生活スタイルに合わせて、紙ナプキンと布ナプキンを使い分けるという手もあります。絶対に、布ナプキンにしなきゃいけないというワケでもないんじゃないでしょうか。

ただ、私としては、大きいサイズの紙ナプキンは好きじゃありません。ゴワゴワするし蒸れがひどいし、なるべく使わずにやり過ごしたいです。

大きいサイズのナプキンを使わないと、締め付けの強いガードルも不要になります。普通のショーツと一部丈ショートパンツだけで、事足りるようになりました。

ガードルも痒いし蒸れるしで、生理に関わる中でイヤなものトップ3でした。そんなガードルとオサラバできたのも、私にとっては大きな収穫です。

月経血コントロールを始めて変わったことは、こちらでも紹介しています⇒PMSの生理痛やイライラにサヨナラ。月経血コントロールを始めて改善されたもの。

生理痛の原因は何か?

そもそも、生理痛はなぜ起こるのか?人によって重い軽いはあると思いますが、大体は生活習慣が原因なことが多いです。

食べるもの1つでも、生理が重くなることもあります。生理に良くない生活習慣はこちら⇒これが好きなら要注意。生理痛や生理不順を改善するなら避けたい食べ物。

月経血が何から作られるかと言えば、私たちが食べるものからです。食べ物に気を遣えば、月経血の質も改善。その結果、生理も軽くなります。

意外なところでは、腹筋のやり過ぎという可能性も。詳しくはこちらからどうぞ⇒生理痛の真の原因は?子宮と腹筋の知られざる関係

以前、腹筋をものすごく頑張った翌日、凄まじい生理痛に襲われたことがあります。そんなに生理痛がひどくなる心当たりは、腹筋をやったこと以外には思いつきませんでした。

腹筋と子宮は近い位置にあるので、腹筋の筋肉痛が生理痛に影響を与える可能性は無きにしもあらずです。腹筋をやっていて生理痛が重い人は、生理前だけでも腹筋を休んでみてください。

スポンサーリンク

今すぐ始められる生理対策

生理対策は、病院に行ったり漢方に頼るだけじゃありません。今からでも、簡単に始められる対策はあります。

私が普段からやっている対策をこちらで紹介しています⇒PMSと生理痛対策で、私が実践している8つのミニマルな方法とは?

身体を温めたり、前の月経血ヨガをやったり。些細なことではありますが、ちょっとしたことで生理は軽くも重くもなるものです。

また、生理改善に役立つ栄養素を摂るのも良いです。その中の1つ、γリノレン酸の話はこちら⇒PMSやPMDDの治療対策に、γ(ガンマ)リノレン酸を食品から効果的に摂る簡単な方法。

γリノレン酸が含まれている食品は、あまり多くないのが難。簡単に安く取り入れるならば、ナッツ類から摂るのがおすすめです。

毎日のお風呂タイムにできる、手軽なエクササイズもあります。やり方はこちら⇒お風呂で簡単癒やし効果、生理不順の改善に役立つエクササイズ。

湯船に浸かりながらエクササイズをやれば、心身ともにリフレッシュ。1日の疲れもキレイに洗い流せます。

ただ私は今、シャワーしかない部屋に住んでいます。バスタイムが短くなったのは良いですが、やはり湯船がないと少々寂しいものです。

毎月の生理が辛いのは、ほかならぬあなたの生活習慣に原因が隠れています。ちょっとしたことに気を付けるだけで生理は軽くなるのに、「体質だから」と諦めてしまうのは非常にもったいないです。

生理が軽くなれば、日々の暮らしも楽ちんに。自分の身体に気を遣うことは、今より自分が楽をするためでもあります。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿