弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

おひとりさまは何をすれば良い?一人でも充実する10の方法。

公開日:2017.05.04

スポンサーリンク

おひとりさまは自由ですが、かえって何をすれば良いのか分からないときがあります。そこで、一人でも充実できる過ごし方を考えてみました。

おひとりさまで、一緒に遊べるような友人はほとんどいない枯れ女。そんな人間でも、楽しく過ごす方法はあるのか?以下から紹介します。

1.まずは早起きしよう

私が大事だなとまず実感しているのは、早起きすることです。うっかり寝過ごすと、その日1日はテンションが上がりません。

早起きをすればその分、1日を長く使えます。夜更かしするという手もあるのですが、夜は脳が疲れているので作業がはかどらないです。

今は6時起きですが、昔は5時起きしていたことも。そのときの方法はこちらから⇒朝活したい人は必見。私が朝の5時に起きられるようになった、早起きできる方法

遅起きだったときは後悔ばかりで自分が嫌になりましたが、今はそういう感情も起きません。早起きするとそれだけ自信もついて、1日のやる気がより出やすいように思います。

2.静かに読書が一番?

ゆっくり読書ができると、「今日も充実した1日だったなあ」と思います。実際はスマホとパソコンに時間を取られてばかりですが、だからこそ紙の読書は貴重な時間です。

スマホいじりの1時間があっという間になのに比べ、読書の1時間はゆっくりに感じます。そうやってじっくり時間を過ごすのも、充実感のためには大事なのかもしれません。

スマホゲームに割く30分だけでも、読書に充てたらずい分違うんじゃないでしょうか。しばらく読書はサボリ気味でしたが、ちょっと意識的に時間を作りたいです。

3.近所をぶらぶら散歩も良いんじゃない?

家の中が嫌になったら、外へ出ます。引きこもるのが好きなインドア派でも、たまに陽の光を浴びると気持ちが良いものです。特に平日の午前中など、街中に人が少ないときほどリフレッシュできます。

どこへ行くというあても無く、ブラブラと近所を散歩。近所を歩いていると、カモメやらアヒルやらが飛んでいたりして和みます。

どうも近所の鳥たちは人に慣れているらしく、たまに餌やりしている人を見かけます。私は自分の食事だけで精一杯な人間ですが、そのうちパンでも買って鳥とたわむれてみたいものです。

4.家中の掃除も忘れずに

家の中が汚いと、だんだん部屋の空気が淀んできます。しっかり掃除すると、部屋とともに気分もサッパリします。

毎日やっているのはトイレ掃除で、後は余裕のあるときに家中の床掃除を。狭いワンルームなので、どちらも雑巾1枚でキレイにできます。

家の中にいたくないというときほど、むしろ掃除すると気分が上がるのです。家の汚れを落とすというのは、そのまま心のデトックスにもなっているんだと思います。

5.「欲しいものリスト」を作って盛り上がる

お金がなくて暇なときは、「いつか欲しいものリスト」を作って一人盛り上がります。

こんなものが欲しい・あれが食べたいと、ネットの画面を見ながらアレコレ妄想。単なる想像でも、意外と楽しいものです。

お腹が空いているときなどは、美味しそうなスイーツを検索することが多いです。「お金が貯まったら必ずや……」と思うと、仕事にもハリが出るように感じます。

6.とりだめしていた動画を鑑賞

たまに時間が空いたときは、見たかった動画を消化。ポップコーンだけがお供の、一人静かな鑑賞会です。

よく見るのは、見逃してしまったアニメの動画など。今は再配信があるので、夜更かしが辛い30代にも大助かりです。

スポンサーリンク

7.凝った料理に挑戦してみる

料理は苦手ですが、たまには思い切って凝ったメニューを作ってみるのも良いかもしれません。

ただ本格的な料理となると、不器用な私は1日がかりになりそうです。今は毎日が仕事の日で、それだけの時間を確保するのが難しい状況です。オマケに、ワンルームのキッチンは狭すぎます。

それならばいっそ、料理教室などで腕を磨くというのも手。プロから教われば失敗もなさそうだし、友達もできそうです。

単なる思いつきで書きましたが、意外と悪くないかもしれません。どこか近所に、良い料理教室がないか探してみようかと思います。

8.グルメイベントで食べ歩き

自分で料理が作れないなら、人が作ったものを食べる。むしろ私は、グルメイベントの方が興味があります。

食欲の秋には、有名なグルメイベントに出向いたことも。そのときの話はこちら⇒秋は美味しいグルメイベントを堪能。枯れ女ミニマリスト・9月の財布事情。

毎日が質素な食事のせいか、最近は食への執念が増したように思います。イベントのサイトやパンフレットで、事前に狙うべきメニューをあれこれ考えるのが楽しいです。

9.銭湯で汗を流したい

私の部屋には、シャワーのみでバスタブがありません。たまには銭湯で、思い切り湯船に浸かりたいとも思います。

近所に銭湯はあるにはありますが、どこも微妙に遠いのが難。せっかくお風呂に使っても、家に帰るまでに湯冷めしそうです。

10.山登りのすすめ?

根っからのインドア派ですが、一度挑戦してみたいのが山登り。目標は、富士山の山頂からご来光を見ることです。

しかし最大の不安は、果たして体力が持つのかどうかということ。いくらお年寄りでも登れる山とはいえ、初心者にはハードルが高い気もします。

まずは遠足などで行った山や、もっと初心者向けの山から攻略した方が安全かもしれません。

山登りとなると、どこまで装備を揃えて良いやらも見当がつきません。多少高くついても、レンタルの方が荷物が増えなくて良さそうです。

色々気になって山のサイトを見ていたら、「絶対に一人で登山するな」という警告文を見つけました。確かに遭難したときなど、一人だと死の危険が高くなりそうです。

気楽なのは一人で山登りですが、ここは悩むところです。山登りのサークルにでも入った方が良いんでしょうか。

こんなことをしたら、一人でも充実するんじゃないかという方法を挙げてみました。半分は、私の野望です。

一人暮らしを始めてから、色々なことに興味が湧いてくるようになりました。ほぼ金銭面の関係で実現していないものばかりですが、いつしかやり遂げたいです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿