弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

枯れ女ミニマリスト流の、部屋を簡単な労力できれいに保つ方法とは?

スポンサーリンク

今回は、ミニマリスト生活を送る枯れ女の私が部屋簡単かつきれいに保っている方法をお話します。ポイントは、部屋に置くものを少なくすることです。

理想は、断捨離で不要な荷物を減らすことです。けれどいきなり家具やら家電やらを捨てる必要はありません。

まずは每日の暮らしで出続けるものを片付けるだけでも、部屋はきれいにできます。

床にはできるだけものを置かない

当たり前ではありますが、ものがあるよりも無い方が部屋はきれいになります。特に床の上には、荷物を置かないことが楽にスッキリさせるポイントです。

私のリビングの場合、床の上にあるのは冷蔵庫・ローテーブル・ゴミ箱・実家から持ってきたぬいぐるみ・そして断捨離予定の荷物です。

ほかの部屋も、床の上のものは最小限にしています⇒節約系ミニマリストの部屋を公開。一人暮らしのインテリアはこれで十分だった

カーペットなどの敷ものも避け、全面むき出しのフローリング。冬場はとてつもなく寒いですが、その方が部屋は片付いて見えます。

しまえるものはとにかくしまう

ほかの細々した荷物はどうしているかというと、全て作り付けの収納にしまっています。洋服や本はもちろん、文房具、ノートPC、音楽スピーカー、調味料にいたるまで、全しまいです。

しまえる荷物はしまう方が、掃除も楽です⇒ズボラでも掃除が好きになる、きれいに片付いた部屋を保つコツ

注意点は、「ものをしまうためのもの」を増やさないことです。備え付けの収納で済ませるようにしないと、かえって部屋が散らかります。

多すぎる収納は、余計な荷物が増える元です⇒断捨離できないのは収納グッズが理由?キレイ好きほどハマる落とし穴とは

元々の収納に収まりきらないほどの荷物があるなら、恐らくものを持ちすぎています。まずは、使っていない荷物などを断捨離した方が良いです。

ホコリ・汚れを溜め込まない

矛盾するようですが、ホコリ・汚れをマメに掃除するのも、楽に部屋をきれいに保つコツです。汚れは溜め込むより、每日少しづつ片付ける方が苦痛を感じません。

私の場合、毎朝床掃除をしています⇒充実した1日は朝から始まる。私の早起き後のルーティンを紹介

このとき、床の上にものがないと掃除が格段に楽になるのです。床掃除を効率的にやるなら、まずは出ている荷物を全部しまうのがおすすめです。

さらに掃除を習慣にするには、朝イチでやると上手くいきます。週末なら、朝起きてすぐに掃除することも無理なくできます。

面倒なことは、先延ばしにすると結局やらずに終わるのです。掃除や洗濯など、家事は午前中に終わらせるのが一番です。

床のゴミはその都度拾う

每日床掃除まではいかずとも、少しの手間でゴミは減らせます。最も手軽なのは、床にゴミを見つけたらその都度拾って捨てることです。

もし、放りっぱなしのお菓子袋や空き缶、いらないダイレクトメールなどがあれば、すぐにゴミ箱行きにするのがおすすめです。特に紙ものは、油断するとどんどん増えます。

我が家の場合は、主に髪の毛が落ちています。いくら汚れを気をつけても、こればっかりはどうしようもありません。每日マメに拾って捨てると、かなりの量になって驚きます。

スポンサーリンク

生ゴミも極力出さない

每日出るゴミというと、生ゴミも見逃せません。特にこれからの夏場は、生ゴミを常温で放置するのはとても危険です。

生ゴミは雑菌の温床になるだけでなく、虫も寄ってきます⇒ミニマリストが実践する虫対策。家にゴキブリやコバエを寄せ付けない方法

皮付きの野菜などは、そのまま食べればその生ゴミが減ります。お弁当やお惣菜のパッケージなども、なるべく汚れを落とすのがおすすめです。

その上で、出た生ゴミは冷凍庫へIN。これでキッチン周りも楽にきれいにできます。

生ゴミをビニール袋に入れて、冷凍庫に入れるだけでOKです⇒ミニマリストを悩ませる、ゴミや不要品の処分対策

洗濯ものを溜め込まない

洗濯ものも、マメに洗うのが理想です。まとめてやろうとすると、床掃除以上に面倒になります。

私の場合、夜のうちに浸け置きして、朝手洗いしています⇒一人暮らしの手洗い洗濯。洗いものの手間を減らして家事を楽にするコツ

洗濯ものを溜め込まない一番の秘訣は、洗う衣類そのものを減らすこと。洗わないと使うものがなくなるので、嫌でも洗濯が習慣になります。

特にインナーやタオル類は、洗濯ものがどんどん増える温床です。古いものを中心に、断捨離することとおすすめします。

タオルは、フェイスタオルのみで済ませると楽です⇒ミニマリスト流節約術。バスタオルの断捨離は、洗濯物もハンガーも減っておすすめです

乾いた洗濯ものも、取り込んだ直後にたためばおっくうになりません。取り込みっぱなしの洋服が、部屋に山積みにはなっていないでしょうか。

もし洗濯ものの山から着る服を引っ張りだしているならば、要注意です。クローゼットの中から洋服を取り出すのが、面倒になってはいませんか?

そういう場合、洋服の断捨離も検討した方が良いです。収納の中を見れば、不要な服がゴロゴロしていると思います。

部屋の中の荷物を減らせば、きれいに保つのに労力はかかりません。ものが少なければ、私のような面倒くさがりでもスッキリした部屋で暮らせます。

まずは収納に荷物をしまって、外にはみ出た荷物を処分するのはどうでしょうか。収納が多すぎる場合、それごと断捨離するのも手です。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1903135総閲覧数:
  • 4655今日の閲覧数:
  • 6150昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ