弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

ミニマリスト流、洋服との付き合い方。マンネリ恐怖症を解消し、定番を着続ける秘訣

公開日:2016.01.29

スポンサーリンク

洋服は、常に違うものを着るのが当たり前」。そのように考えてはいませんか?今回は、そんな「マンネリ恐怖症」を解消する秘訣をお話しします。

手持ちの服をなかなか減らせないのは、「毎日違うコーディネートをしなくては」という考えに囚われているからかもしれません。そんなときこそ、「自分の定番ファッション」を作ることをおすすめします。

「同じ服=ズボラ」という思い込み

お気に入りの服があっても、「あの人、また同じ服を着てる」と思われるのが嫌。最低でも1週間は空けなければ、同じ服を着られないと思ってはいませんか?

このような「常に違う服装をしなければいけない」という考えの裏には、「同じ服を着る=ズボラ」という思い込みがあるのではないでしょうか。

さらにこの裏には、「同じ服ばかり=服が少ない=おしゃれに興味がない」という図式があるように思います。裏を返せば、「服が多い=おしゃれ」という認識が一般的となっているのです。

この考えでは、おしゃれに憧れる人は常に新しい洋服を探し求めることになります。次から次へ洋服を変え、最新のファッションを取り入れ続けなければいけません。

けれど、そうやって新しい服を買い続けている人の多くが「おしゃれ」に悩んでいます。服を買えば買うほどおしゃれになれるはずなのに、実際には全く逆の結果になっているのです。

服が多いとおしゃれからは遠のいていく

なぜ、服をたくさん買ってもおしゃれにはなれないのか?それは、服を持ちすぎると「自分のファッションスタイル」が分からなくなるからです。

毎朝クローゼットの前で「着る服がない」と嘆くハメになるのも、服が多すぎるせいです⇒今すぐ洋服の断捨離を。コーディネートを楽しめないクローゼットにありがちな5つの特徴

普段から洋服を買うことが多い人は、「この服は本当にお気に入りか?」「今後もずっと着たいか?」と買う前にじっくり考えることをしません。ただ何となく「良いかも」と軽く決めてしまいがちです。

そうして適当に服を買っていくと、クローゼットには「本当は好みじゃない服」がどんどん増えていきます。好みじゃない服は結局着ないので、「着る服がない」状態に陥ることになります。

すると再び新しい服を買うことになり、「服を買う→着る服がなくなる→また服を買う」のサイクルにどっぷりハマります。そうして服を買えば買うほど、おしゃれからは遠ざかっていくのです。

おしゃれ沼にハマった私の経験談

私も10代後半から20代前半までは、「何となく」で買い物することがよくありました。服を新調するときも、近所の雑貨屋で手頃な値段のものを「これでいいや」と適当に選んでいました。

その後おしゃれに目覚めたときも、自分のスタイルなど関係なく「これさえあればおしゃれになれる」という気持ちで服を買い足し。自分の身なりがイマイチなのは、おしゃれな服がないせいだと本気で思っていました。

そうして服を買い続けた結果、私は泥沼にハマりお金と時間を無駄遣いしました⇒ファッション雑誌やサイトのコーディネートを研究しても、おしゃれになれない理由とは

けれど結局、そのときに買った服は全て処分してしまいました。いくら新しい洋服を買っても、私が着たいと思うスタイルに合わなければ全く意味がなかったのです。

去年に洋服を断捨離して手持ちの服は半分以下になりましたが、服が減った今の方が自分なりのおしゃれを楽しめていると思います。お気に入りの服だけが残ったことで「自分が目指すスタイル」が分かってきたのです。

自分の定番ファッションをとことん突き詰める

この経験から、「洋服は少ない方がおしゃれになれる」ということが分かりました。服が多ければ多いほど良いというのは、大きな誤解だと気付いたのです。

それが分かってからは、同じ服を頻繁に着るのも平気になりました。お気に入りの服ならいくら着ても飽きないし、「これが自分のスタイルなんだ」と自信を持てるようになった気がします。

そう思うと、「マンネリファッション」は「定番ファッション」とも言い換えられると思います。同じ服を着るのははズボラではなく、気に入った服だけを残した結果なのです。

「本当に着たいと思う服」「長く付き合っていきたい服」。そういう服だけを厳選して着ると、確かに服の数は減ります。けれどその方が、むやみに服を持つより「自分流のおしゃれ」を極められるように思います。

マンネリ恐怖症を克服する秘訣は、むしろお気に入りの服だけを残して「定番ファッション」を突き詰めることにあるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

お気に入りの服だけが、定番になれる

定番ファッションを見つけるのに、特別なノウハウは必要ありません。ただ、クローゼットの中を覗いてみれば良いだけです。

大量の洋服の中に埋もれた、「本当に気に入った数着」。それがあなたが本当に着たい服であり、理想とするスタイルです。

その数着を見つけるには、ほかの「イマイチな服」を減らすことが一番有効です。大量の土くれから一粒の金を探すように、服を仕分けていくしかありません。

服の減らし方はこちらをどうぞ⇒ズボラでもできる洋服の断捨離。処分が簡単になる5つのシンプルな質問で、もう捨てるのに迷わない

このとき、「着回ししやすい方がいいかも」「これは高かったから」など、余計なことは考えなくて大丈夫です。まずは「気に入った服」を純粋に選んで下さい。

なぜなら、余計なことを考えて服を選ぶと「イマイチな服」が残ってしまうかもしれないからです。定番ファッションになれるのは、「お気に入りの服」だけ。その他の服は、あっても邪魔になるだけです。

具体的なコーディネートなどについては、お気に入りの服を選びとった後で改めて考えれば良いと思います。まずは、服をイマイチな服をなくすことに専念して下さい。

定番ファッションを着続ける秘訣は、「服が少ない=おしゃれじゃない」という思い込みを捨てることです。むしろ定番ファッションがあるのは、自分のおしゃれを確立した証だと自信を持って下さい。

お気に入りの服だけを選び続けた先には、「自分の理想のファッション」が待っています。むやみに服を増やすより、「本当に着たい1着」を見つける方がおしゃれに近づけるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1858360総閲覧数:
  • 1843今日の閲覧数:
  • 6737昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ