弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

持たない暮らしを目指す断捨離で、本を再チェック&減らした話

公開日:2016.02.28 最終更新日:2016.03.19

スポンサーリンク

一人暮らしを始め、持たない暮らしを目指し不要なものを断捨離しています。今回は、手持ちのを再チェックして減らした話です。

手持ちの本を全出し

まずは、持っている本を全て出しました。

P_20160224_185149

本は何回か断捨離してある程度減らしたのですが、それでもこうして見ると「まだまだあるな……」という印象があります。

最初の断捨離では、教科書などを処分⇒部屋の片付け。ついに学生時代の教科書を断捨離して、10年来のモヤモヤにケリをつけた話(画像あり)

次に、こんまりさんの本を参考に断捨離しました⇒実践・近藤麻理恵の断捨離。こんまりに従い本を整理した結果、ときめく本棚ができました(画像あり)

一人暮らしでの断捨離

2度の断捨離で、本はある程度減らせました。が、実家から出て一人暮らしを始めたのを機に、もう一度いらない本がないかチェックしてみようと思いました。

今の家にある収納は、作り付けのクローゼットだけで本棚などはありません。なるべく部屋に元々ある収納だけで荷物をしまえないか、減らせるものは少しでも減らそうと考えました。

もちろん大きな本棚を新たしく買っても良いのですが、そうすると次の引越しのときが大変です。今の家にもどれだけ住むか分からないので、大きな家具はできるだけ持たない方が良いと思っています。

同じような理由から、冷蔵庫などはレンタルで済ませました⇒単身の引越し手続きをした話。一人暮らしに必要な準備とは~手配・後始末編~

おしゃれなインテリアのある部屋にも憧れますが、まだ手持ちのものが多すぎます。必要な棚などを揃えるにしても、不要なものを断捨離するのが先です。

断捨離する本

手持ちの本をフローリングに広げ、1冊1冊手にとってチェック。そうして、いる本といらない本を仕分けました。まずは、断捨離する本がこちらです。

P_20160224_201611

3度めの断捨離、まだ減らせる本がありました。断捨離する本のパターンは、以下のようになりました。

自分の中でピンとこなかった本

主に昔買った雑誌や漫画など、時間が経って熱が冷めてしまったモノたちです。趣味のグッズでも、定期的に見直すと「もういいかな」と思うものがたまに出てきたりします。

20代の頃は、好きな作品が載っている雑誌などは何でも買っていました。が、ここ数年はそういった物欲が前ほどなくなり、「好きなものなら何でも欲しい」とは思わなくなりました。

逆に、色々なモノの中から「これぞ」と思うものを厳選する方が楽しいと感じるようになりました。自分のペースで気に入ったモノを選ぶ方が、気持ちに余裕を持って楽しめるようにも思います。

特に雑誌は種類も多くかさばりやすいので、今後も定期的に見直そうと思います。

紙で取っておかなくても良いと思った本

1回読んでみて内容は良かったものの、「紙ではなく電子書籍でも良いのでは?」と思った本です。学生時代に買ったビジネス書籍や、実用書などが当てはまります。

処分してみてもう1度読みたくなったら、今度は電子書籍の方を買うことにします。紙の本は、「どうしてもアナログで読みたい」と思った本や、コレクション要素の強いものだけに絞ろうと思います。

読み終わって気が済んだ小説

昔の文豪の名著など、読み終わって気が済んだ本です。これも再び読みたくなったら、電子書籍でも良いかと思っています。

買い直したいと思った本

作品自体は好きで本当は取っておきたいけれども、保存状態が悪く傷んでしまった本です。断捨離が済んで時間に余裕ができたら、また買い直ししたいと思っています。

買い直すときは電子書籍でも良いかもしれませんが、どうしても紙で買い直したい本もあります。

スポンサーリンク

残す本

断捨離する本の次は、残す本です。

P_20160224_201531

どれだけあるのか数えてみたら、まだ80冊くらいありました。最初の断捨離からは大分減りましたが、それでもまだ50冊以上も残す本があるのには驚きました。

残す本のパターンは、以下のようになっています。

絵本・画集

昔からのお気に入りの絵本や、好きな作品のイラスト画集など。絵が主体の書籍は、紙の本でこそ真価が発揮されるものだと思います。デジタル媒体で済ませられるなら、おそらく最初から買っていないでしょう。

大昔の絵本などは廃盤になっていたり、電子書籍化されていないものもたくさんあります。思い出深い本ばかりなので、よほど「飽きた」ということがなければ捨てないと思います。

コレクション系の本・雑誌

好きな作品の本や雑誌など。ここは「絶対に捨てられない」という本ばかりです。このジャンルの本は、よほど厳選しないとどんどん増えていくので気をつけようと思います。

電子書籍化されてない

電子書籍化されていない、古い小説など。1回手放してしまうと、読み返したいときに読めなくなってしまう作品が当てはまります。

近頃では「自炊」と呼ばれる、自力で電子書籍化する方法もあるようです。自分で本をスキャンしてパソコンなどに取り込み、データ化してしまう方法です。

が、スキャナーにかかるお金や、スキャンする手間を考えると面倒です。さらに本を裁断する必要まであるので、おそらくやらないだろうと思います。

まだ必要な本

まだ中身を読む必要があるなど、捨てられない本です。こんまりさんの片付け本などが当てはまります。断捨離が終わった後、改めて残すかどうか考えます。

単純に紙の本で読みたい

電子書籍化もされているけれど、あえて紙の本で読みたい小説など。文章を読むときは、パソコンの画面などよりも紙の方が落ち着きます。

けれども、読書に特化したKindleなどは試したことがありません。紙の本と同じくらい読書に集中できるなら良いのですが、値段や評判を見るとイマイチ踏みきれません。

一人暮らしにも少しづつ慣れてきて、断捨離の時間も持てるようになりました。今後も、私の断捨離は続きます。

手持ちの本も、いざ見直してみると不要な本が出てきます。本好きな方でも、ときどきは本棚をチェックしてみると新たな発見があるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850606総閲覧数:
  • 826今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ