弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

一人暮らしの節約生活、自分に必要な食費の失敗しない調べ方とは?

公開日:2016.03.11

スポンサーリンク

一人暮らし食費の目安は、「自炊で1ヶ月2万円」「節約するなら1万円」などと、実に様々な基準が説明されています。けれどこれは一般的な話であって、事情は個人により違ってくると思います。

そこで今回は、「自分に調度良い食費はいくらなのか?」を調べる方法について考えてみました。自炊中の方や食費を節約したい方に、参考になれば幸いです。

食費の目安はあてにならない?

ネットや本などで見かける「食費の平均」は、ある程度の参考にはなるとは思います。が、平均はどこまでいっても平均。自分の話ではありません。

「平均より下だから良いや」と色々無駄に買い物したり、「平均より高いから節約しなきゃ」と無理に食事を削ることは本末転倒。適度な食費は、やはり自分で確かねば分からないと思います。

それが自分にとって無理がないと思えば、平均より上でも下でも気にする必要もないと思います。平均値にこだわると、かえって食事の本質を見失いかねません。

いきなりのまとめ買いは危険

また、食費を最初に設定して食材の買い出しにいくと、思わぬ失敗をする可能性もあります。

例えば、自炊が中心の人の食費は「平均で25,000円」とされています。少しでも食費を安く上げようと思うなら、多くの人が「安い食材のまとめ買い」に走ると思います。

お米を約2,000円とすると、残りは23,000円。すると、1週間分の食費は23,000÷4=5,750円です。週に1~2回は外食を入れると、食材に使えるお金は大体3,750円~4,750円くらいになるかと思います。

しかし、料理経験の浅い人間がいきなり数千円分もの食材を買い込むのはどう考えてもハイリスクです。実際スーパーに足を運ぶと分かりますが、数千円もあれば意外と多く食材を買えてしまいます。

それを知らずにきっちり予算を使い切り、食べきれないほどの食材を買っては元も子もありません。逆に大食漢の人は、週末までに食材を使い切ってしまう可能性もあり得ます。

食材のまとめ買いをするには、まず「自分が1食に食べる量」を知らねば始まりません。自分がどれだけ食べるかを知った上で食費を割り出し、そこから節約を考えていく方が失敗が少ないと思います。

スポンサーリンク

私が実践した食費の調べ方

そんなことをアレコレ考え、私は「自分は1食にどれくらい食べるのか?」を調べてみることにしました。以下、私が実践した方法を見ていきます。

まずは食材を買って確かめる

私の買い物は、基本行き当たりばったりです。取りあえずスーパーに行き、適当な食材を調達してきました。

まずは、自炊に必須ともいえる米を入手⇒一人暮らしの食費を節約しようと自炊に挑戦するも、見事に失敗した話

後日さらに、玉ねぎ、にんじん、豚バラ肉を買い足しました⇒実録・一人暮らしの料理。ご飯を炒めたら、おこげだらけの謎チャーハンができた話

野菜と肉は、それぞれ1袋と1パック分を入手。この食材で、どれだけ持たせられるのか実験が始まりました。

適量の材料で料理を作る

まずは適量の食材で料理を作ります。私の場合、以下の材料で作りました。

・玉ねぎ…半分

・にんじん…半分

・肉…半パック(約100g分)

・米…1/3カップ

我が家にある調理器具はフライパン1つのため、これでチャーハン(?)を作ることに。ただ、私が持っている24cmのフライパンだと、上の材料でも容量がかなりいっぱいになりました。

まとめて料理を作るなら、もっと大きなフライパンか、鍋が必要です。自炊を計画するときは、最初に大きなサイズの調理器具を買う方が便利かと思います。

1食分から、1週間分に必要な食料を割り出す

上の材料で、私の場合は1食分ができました。ここから1週間分に必要な食材は、

・玉ねぎ…約3個

・にんじん…約3本

・肉…約3パック(約600g分)

・米…約2カップ

と目星をつけました。後の買い物は、これを参考にまとめ買いすれば食材を腐らせる可能性も減らせます。もしも1週間で使い切れなかったときは、翌週の買い物を減らして古い食材を消化します。

1食分を左右する食材

ただ、数少ない自炊の中で気付いたことが1つあります。それは、「料理が1食分かどうかは米の量で決まる」ということです。炭水化物の類を多くすれば、ほかの食材は少なくて済みます。

自炊経験豊富な人は「そんなことか」と思うでしょうが、私にとっては大きな発見でした。量が足りないと思えば米を足せば良いし、食欲がなければ米を減らして調節できます。

これは月末など、食材が底を付いたときにも活用できるかと思います。

レシピサイトを利用しては?

こんな地道な買い物で1食分を割り出した後、私は「ネットのレシピサイトなどを使えば、もっと楽なのでは?」とようやく思い至りました。

普通ならクックパッドなどを調べ、適当なレシピを見つけてその通りに作ってみれば済む話です。4食分なら4食分作ってみて、それで何日持つのか確かめれば1食分が分かります。

私の場合「調理器具1つで調理する」「取りあえず最低限の食材でつくる」などと考えてこんな回りくどいことをしましたが、初めての自炊ならレシピの通りに調理する方が美味しいものができると思います。

まずは適当に1食分作ってみるのも、それはそれで良い経験になりました。けれど、レシピサイトを参考に料理を作ってみる方が食べるときに安全です。

取りあえず大きな鍋があれば、カレーやシチューなどの煮込み料理が作れます。それで料理を作り置きして、食費を割り出しても良いと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿