弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

大掃除で、不要品を断捨離して売ったときの臨時収入を無駄遣いしない秘訣

スポンサーリンク

年末年始から春先は、大掃除や引越しで断捨離がはかどる時期。便利な宅配買取に頼んで、大量の荷物を処分することも多いと思います。けれど、買取を頼んだあとの「ものを売ったお金」はどうするか決めていますか?

今回はその「不要品を売った臨時収入」の話です。ものが減ったからといって油断をすると、思わぬ無駄遣いをしてしまうかもしれません。

断捨離直後は、片付けが終わった開放感で気が緩みがちです。そんなときに臨時収入が入るというのは、ある意味危険なシチュエーションなのです。財布の紐がつい緩まないよう、気を引き締めねばいけません。

トータルでは損をしています

宅配買取でものを売ったお金は、一見すると「収入」に見えてしまいます。しかし、これが大きな落とし穴。お金が増えたように感じるからこそ、つい気が大きくなってしまいます。

けれど中古品を売ることは、トータルで考えると明らかに損をしています。余程のプレミア品でない限り、中古品に買値以上の値段が付くことはまずありません。これは誰でも分かる理屈かと思います。

普通はどんなものでも、買って中古品になった瞬間から価値がどんどん下がっていきます。買ったときよりも価値の低い状態で売ることになるので、元値より安くなるのはどうしようもないことです。

それは払い戻し金

ものを売ったお金を無駄遣いしないためには、「収入」ではなく「払い戻し金」と考えてみて下さい。ものを売って儲けたお金ではなく、それは「元値の何分の一」かで返ってきただけのお金なのです。

もし可能であれば、処分した不要品に使った総額をざっと計算してみて下さい。その総額と買取金額を比べてみれば、どれだけ安値で売ったのかがよくわかると思います。

私も先日古い教科書を大量に処分し、その査定が返ってきました⇒断捨離で本を高値でリサイクルするならここ。ブックマニアを利用した感想とレビュー

教科書は比較的値段が高めで、恐らく全部で2~3万円はかかっていると思います。が、買い取られた金額は1090円。この査定額に不満はありませんが、単純に考えて1/20~1/30ほどの値段しかつかないのが現実です。

書籍以外の品でも、せいぜい1/10程度の査定なら良心的といったところだと思います。それでも、不要品を売ったお金は収入だと思えるでしょうか?

宅配買取スパイラルにご注意を

不要品を捨てながらお金が手に入るからと、宅配買取を利用しすぎてはいませんか?確かに宅配買取は手軽で便利ですが、安易に頼ってしまうのはおすすめできません。

なぜなら、宅配買取の魅力を知ってしまうと「ものを買うハードル」がグッと下がるからです。買おうかどうか迷ったものがあると、「いらなければ売ればいい」という思考パターンにハマりやすくなります。

どんどん新しいものを買っては溜め込み、荷物が溢れてきたら宅配買取。部屋がすっきりしたら、また新しい買い物へ……。「買い物→荷物溜め込み→宅配買取→買い物→……」のスパイラルへと落ちていくのです。

この「宅配買取スパイラル」にハマると、無駄遣いが増えるだけでなく荷物の断捨離にまで時間がとられます。便利なサービスであるはずの宅配買取で、逆にお金と時間を浪費するハメになってしまいます。

前にも書いたとおり、宅配買取はトータルでは損をするものです。宅配買取スパイラルにハマっている場合は、「宅配買取を利用するだけ自分は損をしているのだ」と考えなおしましょう。

自分に必要かどうか、判断できていますか?

けれども、「新しいものを買うため」に古いものを手放すという考えはよくよく考えるとおかしくはないでしょうか?

今まで使っていたものを簡単に手放せるのは、その「古いもの」がたいして気に入っていなかったということではないでしょうか?本当に気に入って買ったのなら、簡単に買い換えようとは思わないはずです。

頻繁に宅配買取などを頼っていると、あまり深く考えずにものを買う危険が増えます。その場の勢いや値段の安さで、ついお金を出してしまうようにもなります。

本当に気に入っていないものは、時間が経てば飽きがきます。そのため、新しいものが出るとすぐそちらに飛びついてしまうのです。宅配買取スパイラルから抜け出すには「本当に欲しいもの」だけを買いましょう。

スポンサーリンク

お金をあぶく銭にしないために

例えどんな内容であれ、お金が手に入れば使いたくなるのが人間の性です。日頃から無駄遣いに悩む場合は、売ったお金を簡単に散財しないよう注意が必要です。

すぐに貯金する・口座から出さない

売ったお金はすぐに銀行口座に入れるなど、簡単には使えないようにしましょう。店頭買取のお金などはそのまま財布の中に入れてしまいがちですが、それだとお小遣いや生活費に紛れて分かりづらくなります。

財布の中身が増えると、それだけ無駄遣いの危険が高まります。口座に入れるのが面倒であれば、すぐに貯金箱に入れてしまうのがおすすめです。

宅配買取の場合は、査定額が銀行口座に振り込まれると思います。そのお金は口座から出さず、そのまま貯金に回してしまいましょう。査定額の振込先を予め貯金用口座にしておけば、無駄遣いの心配が減らせます。

新しいものの資金にしない

宅配買取で注意すべきは、「売ったお金で新しいものを買わない」ということです。新しいバッグを買うのにお金が足りないからと、古いバッグを売って足しにしようなどとは考えていませんか?

もちろん、使い古したバッグをリサイクルするのは悪いことではありません。問題は、新しいものが欲しいからとまだ使えるバッグを手放すことです。

このような考えが癖になると、また次の新商品が出たときに飛びつくようになってしまいます。その度に、まだ新しいバッグを次々に処分。これはリサイクルに貢献しているようで、逆に大量消費を加速させる行動です。

新しいものを買おうとする前に、古いものが「本当に古いかどうか」をよくよく考えるようにしましょう。一つのものをなるべく長く使うことが、お財布にも環境にも一番やさしい選択肢です。

外食などに使わない

ときどきリサイクルのCMなどで「古いスマホが焼き肉になった」という文句を見かけることがあります。不要品を売ったお金を外食に使うのも、無駄遣いという点ではあまりおすすめできません。

売ったお金を食費に充てる予定だったにしても、わざわざ外食を選ぶ必然性はないと思います。いつもどおり、夕飯の買い出しに使えば良いだけの話です。

リサイクル直後に外食がしたくなるのも、売ったお金を「臨時収入」だと思っているからです。まとまった金額が手に入って気が大きくなり、「たまには外食をしよう!」と盛り上がってしまうのです。

何度もいうように、中古品を売るのはトータルで損をすることです。売ったお金は「外食のためのごほうび金」ではないことを、よく肝に銘じる必要があるでしょう。

宅配買取の利用は、断捨離しながら節約もできるという一石二鳥の処分方法です。しかし、便利だからと使い過ぎは禁物です。

部屋の中にたくさんの不要品があったということは、それだけあなたが無駄遣いをしたという証でもあります。売ったお金は、見方によっては「過去の浪費の証」とも言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿