弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

コレクターが片付けで注意したい、断捨離の後悔を避けるコツ。

公開日:2016.07.25

スポンサーリンク

今回は、ものが好きなコレクター断捨離後悔しないためのコツをお話します。

お気に入りのコレクションを片付けるときは、ほかのものよりもじっくり取り組んだ方が安全です。断捨離は心身のエネルギーを思いのほか消耗するので、できるだけ万全の状態でやることがベストです。

悩みやイライラがあるときにやらない

何か心の中にモヤモヤがあると、一気に断捨離したくなるときがあります。が、こういうときはあまり冷静に判断を下せないので危険です。

心に余裕がないと全てのものを煩わしく感じ、エイヤッと捨てたくなるのです⇒心のもやもやは断捨離の落とし穴?ものを無性に片付けたくなる理由と対策方法

頭の中に溜まったモヤモヤは、紙に書き出すとスッキリします。朝イチでノートに記録するモーニングページは、心のデトックス効果が高くおすすめです。

ノートに色々書いていると、自分の悩みの原因がハッキリしてきます⇒心のデトックスとストレス解消方法には、モーニングページが簡単でおすすめ

または掃除や洗濯で、身体を動かすのもおすすめ。部屋をきれいにするとそれだけで気持ちが良いし、1つの作業に没頭することで心を落ち着かせられるからです。

もし断捨離するにしても、思い入れのないものが優先です。ゴミ箱のゴミや放置された紙類、台所の引き出しにあるプラスチックのスプーンやストローなど、あってもしょうがないものを片付けてみてください。

夜より朝がおすすめ

しっかりものと向き合うなら、夜より朝です。朝はエネルギーの充電率が高く、あれこれ悩む作業をこなすには向いています。逆に夜は、ガス欠が近いので頭の働きが鈍くなりがちです。

普段意識するのは難しいですが、どんな決断にも必ず脳のエネルギーを使います。意識できる大きなものだけでなく、「ふとんから出るか・出ないか」などの些細なものも含まれるのです。

脳は朝起きたときから、大小無数の選択にさらされているとも言えます。断捨離を夜にやることは、運動で疲れた後さらにジョギングしようとするようなものです。

頭が働かない状態では、ものを1つ1つ冷静に仕分けられません。集中力も途切れやすく、お気に入りの本を読みふけるなど断捨離が全くはかどらないのです。

ものごとを判断するなら、朝の方が自分の感情などを抜きにして客観的にジャッジしやすいです。「捨てる・捨てない」もそうですが、何か大事な選択があるときは、午前中にくだすことをおすすめします。

スポンサーリンク

いきなり捨てずに様子を見る

お気に入りのものほど、いきなり捨てずに様子を見ると失敗しません。貴重なコレクションは買い戻しも面倒と思われるので、ここは非効率でもじっくりやった方が良いです。

私もオタクグッズは、いったん保留スペースにおいて断捨離しています⇒断捨離で後悔しないために、大事な貴重品はお試しの片付けがおすすめ

保留スペースの荷物を每日眺めていると、「なくても大丈夫そうだな」「やっぱりこれは取っておきたいな」というものに分かれていきます。そうして自分が納得したところで手放せば、後悔もありません。

保留作戦は賛否両論ありますが、ものが好きな人間ほどスパーンと決めるのが難しいのです。断捨離は焦っても良いことがないので、自分のペースで取り組むことも大事ではないかと思います。

処分の方法はしっかり検討する

断捨離することが決まっても、まだ問題はあります。それは、「どうやって処分するか?」ということです。

普通のゴミならゴミ捨て場に出して終わりですが、コレクショングッズはそう簡単にいきません。そのものの価値が分かるからこそ、ゴミに出すのはとても惜しいのです。

買い取りorオークション?

そこで候補にあがるのは、「宅配買い取り」「オークション」などでリサイクルする方法です。この2つは一長一短あるので、そこを見極めた上で判断しないと失敗します。

私は、楽に送れる宅配買い取り派です⇒ミニマリストを目指すオタク、グッズの断捨離は宅配買い取りでしっかりリサイクルする

宅配買い取り系は段ボールに詰めて送るだけなので、とても簡単です。しかし、買い取り価格は自分で売るより安くなります。

逆にオークション系は高めの値段で売れますが、荷物の梱包や送る手配、落札者とのやりとりなど、全て自力でやらねばいけません。出品者と落札者の間のトラブルなども、ちょくちょく起こります。

手間ヒマをかけずに処分するなら宅配買い取り、納得の値段で手放すならオークションというくくりになります。それぞれ割り切ってサービスを利用しないと「こんなはずでは……」となるので、ご注意ください。

自分が大事にしているものの断捨離ほど、「捨てる」に徹することができません。私も未だ、オタクグッズの断捨離は迷ってばかりです。

断捨離の目的は自分のだいじなものを見極めることであり、ものをただ減らすことではありません。後悔して断捨離が嫌にならないよう、一歩一歩確実に進んでいくのが大切かと思います。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850918総閲覧数:
  • 1138今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ