弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

洋服をアイロンもシワ取りスプレーも使わず、楽に伸ばす方法。

スポンサーリンク

洗濯もので気になるのが、洋服のシワです。我が家はアイロンシワ取りスプレーも一切ないので、どうしても服がシワだらけになります。

それでもできれば、シワのないきれいな服を着て過ごしたい。何とかならんものかと、色々知恵を絞ってみました。

脱水の段階でなるべく伸ばす

まずは、脱水の段階でできる限りシワを伸ばす。私は現状手洗いなので、洗濯機の脱水よりはシワクチャにならないのではと思っています。

基本は、セスキ炭酸に一晩浸け置きです⇒一人暮らしの手洗い洗濯。洗いものの手間を減らして家事を楽にするコツ

服を絞るときも全力で絞らず、「ちょっと足りないか?」くらいのところで留めます。こうすることでシワの発生をなるたけ抑え、生地へのダメージを抑えられます。

このときよく、「ッパーン!」と思い切り水切りしたり、ピーンと生地を伸ばすことがあると思います。確かにシワは伸びますが、一緒に服の生地までビロンビロンになりかねない危険行為です。

これをやって良いのは、タオルなど厚くて丈夫なものだけです。大事な服ほど、そーっと慎重にシワを伸ばさねばなりません。

「こんなミス自分はしないよ」と思っても、洗濯に詳しくない家族がやらかす可能性はあります(私は小さい頃これをやって、家族に指摘されました)。家族に洗濯物干しを頼むときは、この点は言っておくと安全です。

半乾きの状態になるまで干す

脱水が終わったら、物干し台で普通に干します。ただ完璧に乾かさず、半乾きの状態に留めるのがポイントです。

大体の目安は、服から水滴がしたたらず、触ったときしっとり濡れているくらいです。もし乾きすぎていたら、逆に霧吹きで湿らせるのもありです。

その日の天気にもよりますが、日の当たる場所なら午前中までにはあらかた乾いてしまいます。大体干してから1~2時間くらいが、調度よいタイミングかと思います。

スポンサーリンク

フローリングにめいいっぱい広げて乾かす

ターゲットの服が半乾きになったら、今度はそれをフローリングにめいいっぱい広げます↓

P_20160825_1029302

私もよく、シワになりやすいサルエルパンツをこうして乾かしています。手持ちの物干し台にはボトムスを干せるスペースがないので、やむをえぬ措置です。

細かいシワまでしっかり伸ばした状態で丸一晩。翌日には、シワが大分伸びてくれます。デニムパンツ、Tシャツ、インナーなど、広げるスペースさえあればどんなものでもイケるかと思います。

ポイントは、なるべく風通しの良い、固くて平らな場所で干すことです。我が家のムダに広いリビングも、こういうときには役立つものだとしみじみしています。

ついでに何か重しがあれば、もっときれいに仕上がるかもしれません。ものによっては、寝押しという手も使えそうです。

シワはこれで何とかなりますが、ほかにも洗濯の色落ちなど課題は山積みです。ズボラでも続く方法できれいに洗濯ものを仕上げられるよう、試行錯誤が続きます。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿