弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

節約家の錬金術。失敗しないオークション出品の秘訣とは?

公開日:2015.09.29 最終更新日:2016.04.18

スポンサーリンク

家の中にある、まだ使えるけれど使わない不要品。

「捨てるのは忍びない……」という洋服やキッチングッズは、オークションに出品してみてはいかがでしょうか?

今回は節約にも役立つ、オークション出品のポイントを考えてみたいと思います。

オークションサイトも色々ありますが、この記事では「ヤフオク」を使っていきます。

様々なトラブルなども多く報告されているネットオークションですが、基本的なことに気をつければ大丈夫。

オークションを正しく使い、不要なものはどんどん処分していきましょう。

なるべく高値で売るために

まずは、商品をなるべく高値で落札してもらうためのポイントを見ていきます。

一番大事なポイントは、「商品を見たときの第一印象」です。

商品タイトルは正確に

商品タイトルは、その商品の正式名称を調べて入力しましょう。

そのほか「これで検索する人が多そうだ」というキーワードを可能な限り入れるようにします。

商品は写真が命

第一印象を良くするために欠かせないものが、商品の画像。

一つの出品につき、使える画像は3枚まで。写真の重要な役目は、主に2つあります。

商品の状態を説明する

商品に傷や汚れがあるときは、それがどの程度のものかを写真で紹介します。

商品が中古の場合は特に重要です。

商品を魅力的に見せる

状態がキレイなものは、なるべくキレイに見えるように工夫します。

窓際など明るい場所に、シンプルなクロスを敷いて撮影するとキレイに撮れます。

背景には、反射板代わりに白い厚紙などを使うのがおすすめです。

説明は丁寧に

商品の名前や状態を書きます。

「買ってから何年ほどか」「どれくらい使っていたか」など、商品の状態を予想しやすくすることがポイントです。

傷やよごれがある場合、写真と一緒に文章で説明すると落札者も安心です。

そのほか「発送は定形外か宅急便」「プチプチに梱包」など、簡単に発送方法や梱包方法を説明してもよいと思います。

トラブルを回避する秘訣

オークションは個人と個人の取引なので、どうしてもトラブルがつきものです。

落札者とのトラブルを避けるためのポイントは、以下のとおりです。

・ノークレーム・ノーリターンを明記

・送料の計算は正確に

・オークション終了直前は必ず見張る

・自動延長をつける

・即決価格を付けない

それぞれのポイントを、簡単にご紹介します。

ノークレーム・ノーリターンを明記

商品が落札されたあと、発送している途中で傷が付く可能性もあります。

それ以外にも「こんなところに傷が」など返品を迫られる場合も。

「落札するときはノークレーム・ノーリターンでお願いします」と書いておけば、商品を発送した後のトラブルを減らすことができます。

送料の計算は正確に

オークションのトラブルで多いのが、送料に関するクレーム。

商品を梱包した状態で、重さやサイズがどれくらいになるかしっかり計っておきましょう。

トラブルを避けたい場合は、送料を出品者負担にするのがおすすめ。

送料を計算し、あらかじめ落札価格に上乗せしておくと安心です。

評価が「新規」の入札者を避ける

評価が「新規」の場合、それは一回もヤフオクを使ったことがない入札者です。

新規の入札者にはいたずら目的の人も多いため、必ず設定しておきましょう。

設定は、「取引オプション」から簡単にできます。

オークション終了直前は必ず見張る

オークションが終了間際は、入札が一番多くなるタイミングです。

「最高入札者」がどんな人かをチェックし、過去の取引に問題がありそうな人は入札を削除してしまいましょう。

オークション終了の10分前から見張るようにすると安心です。

自動延長をつける

これは、新しい入札があったときに終了時間を延長する制度です。

例えば終了1分前に入札があった場合は、自動的に+5分されます。

なぜ延長が必要かというと、余裕を持って入札者を確認するため。

万が一問題が見つかっても、5分の間に入札を取り消しにできます。

即決価格を付けない

即決価格とは、入札した瞬間に落札できる制度です。

「これはどうしても1000円で売りたい」という場合、即決価格にすると必ず1000円で落札されます。

ですが即決価格を付けると、入札者の情報を事前に確認することができません。

悪い評価をつけて逃げる「いたずら入札」も増えるため、即決にしない方がおすすめです。

オークションの秘訣は「信用」

オークションで一番大切なことは、出品者の信用です。

落札者も「なるべく良い人から落札したい」と思っているので、入札を増やすためにも大事な要素といえます。

取引は誠実を心がけ、オークションを上手に活用していきましょう。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1903130総閲覧数:
  • 4650今日の閲覧数:
  • 6150昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ