弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

「お金がない」が口ぐせのあなたへ贈る、節約が楽になる3つの方法とは

公開日:2015.10.17 最終更新日:2016.03.19

スポンサーリンク

「贅沢はしていないのに、お金がない」。これは頭の痛い問題ですね。

毎日節約を頑張っても、「お金が貯まらない」と感じるのは大きなストレスです。そのうち、節約そのものが嫌になってしまうでしょう。

今回は、「お金がない」を解消して節約を楽にする3つの方法をご紹介します。

ただがむしゃらに節約してお金を貯めても、我慢ばかりで楽しくなければ意味がありません。

そんな不満を解消するために、お金との付き合い方を基本から見なおしてみましょう。

1.貯金のゴール地点を決める

本格的な節約を始める前に、まずは一番大事なことを確認しましょう。

それはあなたが「何のために貯金するのか」ということです。

「子供の学費に備えたい」「マイホームの費用にしたい」など、何でも良いのでゴールを定めます。

差し迫った目標がない場合、「新しい靴とバッグがほしい」といったことでも構いません。

なぜゴール設定が大事かというと、「お金を貯めたい」と漠然と思っているだけでは節約を頑張る気力が湧いてこないからです。

人は、何か理由や目的がなければやる気が出ない生き物です。

ただ闇雲に節約をするだけでは、何のために我慢をするかが分からず嫌になってしまうでしょう。

逆にしっかりした目標があれば、多少の不満にもめげずに節約を続けていけるのではないでしょうか。

具体的な金額も大切

貯金の目的と同じくらい大事なものが、「いつまでにどれくらい貯めるのか」ということです。

「今後10年で200万の養育費」「35歳までに600万のマイホーム頭金」など、必要に応じて設定してください。

これを決めれば、あとは月にどれくらいお金を貯めれば良いかが分かります。

「10年で200万」の場合なら、ひと月に17,000円の貯金をすれば良いことになりますね。

これはマラソンで言うところの「ペース配分」に当たります。目標がただの「コース完走」だけでは、飛ばしすぎて途中で息切れしてしまうかもしれません。

このように月単位にまで落とし込めば、息切れせずに安定したペースで節約を続けていくことができますよ。

2.家計簿でお金の流れをつかむ

目標が決まったら、無駄遣いがないかどうかお金の使いみちを詳しく確認します。

そのために一番おすすめの方法は、やはり家計簿をつけることです。

私も支出をしっかり管理するため、家計簿をはじめました⇒家計簿はじめました。節約、ゼロからの再スタート

家計簿に月の支出を記録して「どこにどれくらい使っているか」が分かれば、自ずと問題のありそうな支出が見えてきます。

食費が多いと感じるのなら、スーパーやコンビニで無駄な買い物をしていないかを見直します。

通信費が高いと思うのなら、携帯やインターネットの契約を安く出来ないか検討しましょう。

そのほか、特に注意したい項目が「被服費」です。

クローゼットに多くの洋服があるのに、被服費が多いと感じる場合は洋服の買い方をすぐに見直しましょう⇒服代が減らない理由は「自分らしくないから」?おしゃれ費を節約したい方は要チェック

意外に分からない「無駄遣い」

けれど、支出が多くかかっている部分が分かっても原因を知らなければ対策が難しいかもしれません。

それは「必要な物しか買ってない」と思っていても、私たちは意外と知らないうちに色々な場所でお金を使っているからです。

例えば私たちが良く利用するスーパーやドラッグストアは、売上の80%が「予定にない買い物」によるものだそうです⇒80%の買い物は無計画。節約を邪魔する「知らぬ間の無駄遣い」とは

また、一度ものを買うと止まらなくなる「買い物の連鎖反応」もあります⇒節約の大敵、買い物の連鎖反応。人はこうして浪費する

こういったことを避けるために、日頃から家計簿で支出を管理するのはとても有効な方法なのです。

3.時々は贅沢をしてみる

キチンと「目標」を立てて、「支出を管理」する。これを続けていけば、あなたは間違いなく節約上手になれるでしょう。

けれども毎月お金の管理に気を遣っていると、どうしてもストレスが溜まるものです。

そんな心を癒やすためにも、時々は自分のためにお金を使ってはどうでしょうか。

大好きなお店のスイーツや映画館など、例え少しの値段でも自分のための支出は心を満足させてくれるものです。

このお金は、毎月少しずつ貯金するか余った生活費をあてるようにします。

少し節約に疲れたときも、「自分のための貯金」を見れば元気も出てくるのではないでしょうか。

それでもイライラが収まらない場合は、節約の方法を見なおした方が良いかもしれません⇒「お金は貯めたいけれど、節約生活が続かない」というときにやるべき3つのこと

節約を続けるには、「目標設定」と「支出の管理」を続けていくことが必要です。

「お金がない」と溜息をついてしまうときは、「何のために貯金するのか」を確認すれば不安や我慢も解消できますよ。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。現在は節約に励みつつ、収益アップに奮闘中。けれど誘惑に負けて、思わぬ散財をすることも……。そんな七転八起の日々をつづるブログです。今の目標は、節約と断捨離。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

応援してくれたら、拳を天に突き上げて喜びます
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

ブログのアクセス

  • 1850603総閲覧数:
  • 823今日の閲覧数:
  • 6300昨日の閲覧数:

最新記事

アーカイブ