弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

老後の備えにお金を貯めたい。節約体質になれる王道貯金術とは?

公開日:2016.11.27

スポンサーリンク

弱小在宅ライターの私にとって、老後破綻は他人事ではありません。老後に備えるために有効な、節約貯金術について考えます。

高度なテクニックや、極秘の裏技は必要なし。貯金体質になるには、当たり前のことを普通に実行するだけでも十分でした。

基本は収入からの先取り貯金

貯金の定番、先取り貯金。基本的ではありますが、確実に効果のあがる貯金術です。

お金が貯まらない人がやりがちなのは、「入ったら入った分だけ使う」こと。「収入が余ったら貯金」と考えているうちは、預金の残高は増えないものなのです。

特に、通帳の残高を見て「まだこんなに使える」と思ってしまう人。まさに貯金ができない危険な体質です。

こういう場合、先取りのときはお金をそう簡単におろせない口座に貯めた方が安全。会社の財形貯蓄や、銀行の定額預金がおすすめです。

マイナーですが、「貯蓄口座」を使うという手もあります。詳しくはこちら⇒かなつ久美さん「38歳からの!女ひとり人生 お金&暮らしの不安が消える本」感想。

しかし、かくいう私は先取り貯金というものをしたことがありません。昔からオタク趣味への出費以外、大した使いみちがなかったからです。むしろ、通帳残高を増やすことが快感でした。

現在は会社勤めからフリーの在宅ライターになって、家計は赤字続きですが……⇒奨学金の返済が安くなって家計がスリムに。枯れ女ミニマリスト・10月の財布事情。

私のような「貯める方が好き」という人は、先取りしなくても勝手に貯まると思います。逆に「使うのが好き」というときは、意地でも「先取り」を徹底する方が良いです。

お金が貯まったら定期預金&投資信託

100万円ほどの余裕ができたら、まとめて定期預金や投資信託へまわします。「安全に貯めたい」か「ガシガシ増やしたい」かで、お金の預け先は変わるかと思います。

(私は、元本割れの確率が低そうな投資信託で増やしたい欲張りです)

「定期預金はほとんど増えないから面白くない」という場合、国債という手もあります。が、最近は「マイナス金利」などの問題で、逆に損を被る危険性も出てきました。

マイナス金利についてはこちら⇒マイナス金利とは何?私たちの銀行預金や暮らしにどんな影響があるのか

投資信託は投資信託で、商品が多すぎてどれを選んで良いか分かりません。ただ特に評判が高いのは、「バランス型」と言われるファンドのようです。

老後のための確定拠出年金

老後の資金を増やすために最近人気なのは、「確定拠出年金」。年金をもらえる齢にならないと引き出せないのが難ですが、将来の年金を増やすには良い方法です。

確定拠出年金はただお金を貯めるだけでなく、「投資で増やせる」ところに大きな夢があります。自分で投資する国債や投資信託を選んで、「資産運用」ができるのです。

(運用というと、お金の専門家になったようでちょっと格好良い気がしないでしょうか)

普通の投資信託だと儲け分から税金が差っ引かれるところ、確定拠出年金ならばいくら儲けが出ても税金ゼロ。老後の資金目当てで投資するなら、確定拠出年金の方が断然お得です。

私も早く確定拠出年金を始めたいところですが、その前に滞納している年金を払わないといけません。できれば、後数年のうちには全部払って確定拠出年金デビューを果たしたいです。

スポンサーリンク

固定費を減らす

毎月の固定費を減らすことは、その分のお金が自動的に貯まることでもあります。固定費の見直しはとても面倒ですが、一度減らせば後が楽。その効果は絶大です。

特に、携帯料金の見直しは大きなチャンス。格安スマホにすれば、大手キャリアの半額以下にできます⇒通信費の節約で年間50,000円も安く?格安スマホで携帯料金を抑える方法

身近な水道・光熱費も、長い目で見ればバカにはできません。たとえ数百円レベルでも、ちりも積もればで家計はスリムになるのです。

冷暖房で跳ね上がる電気代は、こうして対策しています⇒エアコンを使いたくない枯れ女が考える、一人暮らしの暖房費の節約方法。

お風呂の湯沸かしを減らせば、ガス代もかなり安く⇒一人暮らしの光熱費の節約、ガス代を半額以下に減らせた方法とは?

ほかにも、「歩いていける場所は歩いて行く」「何となく買っている雑誌を止める」など、「固定費っぽい支出」を減らすことはできます。削るチャンスを狙って、どんどん減らすのがコツです。

不要品を売る

家の中が不要品だらけであれば、思い切ってリサイクル。お金が入ってくるだけでなく同時に断捨離もできて、一石二鳥です。

私は最近、楽天のフリマでものを売りさばくのに凝っています⇒オークションよりも楽なフリマアプリ、ラクマで出品する方法とは?

昔ながらのネットオークションに比べて、スマホ1つで出品から取引まで全部できるのがとてつもなく快適で楽ちん。「最近はものを売るのも楽になったもんだ」としみじみしてきます。

荷物を送るときの梱包材は、家にあるものを使えばタダ。通販のダンボールやプチプチは、捨てずに取っておくと何かと便利です。

宅配買い取りやリサイクルショップという手もありますが、「貯金」を考えるなら自力で売るのが一番です。まず1つ、売れそうなものを試しに出品してみるのはどうでしょうか。

私の場合、まずは収入を増やさないことには始まりません。そのうえで、少しづつでも貯金額を増やしていければ良いです。

結局のところあれこれ小細工するよりも、昔ながらの方法を地道にやっていくのが一番の近道です。あっという間に貯金が増えるような裏技は、ないのではないでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿