ゲームに関する情報はこちらで発信中!⇒カレジョの遊戯三昧ライフ

手持ちの洋服で春待ちファッション。シーズンごとに新しいアイテムを買わない秘訣

スポンサーリンク

そろそろ、暦のうえでは春が近くなりました。ファッション誌などにも、「春待ちファッション」の文字が無数に踊っています。

しかし、春がくる度に新しい洋服を買っていてはキリがありません。そこで、シーズンごとに新しいアイテムを買わずに乗り切るコツを考えてみました。

スポンサーリンク

季節の先取りは危険?

ファッション界において「季節の先取り」は基本中の基本ともいえますが、普通に暮らす分にはわざわざ先取りせずともおしゃれは楽しめます。

むしろやみくもに「先取り」しすぎると、後々やっかいなことになるかもしれません。

4月すぎでも寒い日が多い

特に現代は、地球の環境が大きく変わったせいで世界中が「異常気象」に見舞われています。日本でも先日、一部地域では2月に20℃を超えるという異様な天気となりました。

逆に、4月でも寒い日が続き、桜がなかなか咲かないことも増えてきました。暦は春でも、普通に冬のコートを着ることも珍しくありません。

振り返って、ファッション誌やお店で売られている服はどうか?外の寒さなどお構いなしに、「春用ワンピース」などがズラリと勢揃いになります。

「もうすぐ春だから」と薄手のアイテムを買ったものの、寒さが続いているので着る機会がこない。そうこうしているうちに季節はめぐり、春を楽しめないままに夏となってしまう……。

今は昔と違い、日本は普通の「四季」が楽しめなくなっているように思います。売り手側は、今の異常な気候に対応しきれず、「昔の四季の感覚」で商品を売ることがまだまだ多いのではないでしょうか。

その売り手側の感覚に素直に従ってしまうと、自分の生活まで今の気候の変化に追いつけなくなってしまうかもしれません。特に着るものは、日々を快適に過ごすためにも慎重に選ぶべきです。

去年買った洋服は?

今の時点で洋服がたくさんあるなら、去年や一昨年に買った服があると思います。新しいものを買いに出かけるのは、手持ちの洋服を見てからでも遅くはありません。

まずはクローゼットの中をチェック

クローゼットの中をチェックして、去年の春に買ったと思われるアイテムを出してみてください。シーズンごとに服を買っているなら、おそらく数年前のものまで出てくることもあると思います。

春の服を一通り出してみて、必要なアイテムが揃っていればもう服を買う必要はなくなります。もし量が多すぎたり、気に入らない服ばかりと感じるなら断捨離です。

断捨離に関してはこちら⇒ズボラでもできる洋服の断捨離。処分が簡単になる5つのシンプルな質問で、もう捨てるのに迷わない

服はたくさんあっても、結局は着ません。服の数は、自分が問題なく着こなせるだけあれば十分です。

服は、夏とそれ以外で分ける

私の場合、服は大きく「夏」「それ以外の季節」で分かれています。私は大の暑がりで汗っかきのため、夏は夏用の薄手服がなければやっていけません。

この分け方だと、秋や春は長袖を1枚で着ることが多くなります。暑い日は、半袖に上着を着るときもあります。逆に寒い冬の日は、長袖に上着を着てしのぎます。

夏の薄着には限界がありますが、寒ければ着こむことができます。そのため春秋冬は「半袖」「長袖」「上着」があれば、うまいこと何とかなります。

これは私の場合の分け方なので、寒がりの人や汗をかかない人は違うパターンの方が合っているかもしれません。手持ちの服をチェックすると、何となく自分がどう季節を分けているか分かるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

年中着られる便利アイテムを活用

季節をざっくり分けるときは、「年中使えるアイテム」があると便利です。私の場合は、1枚でも重ね着でも着られるTシャツを多めに持っています。

夏はTシャツ1枚で、それ秋冬はカットソーの上に重ね着します。それ以外にも、カットソーの下に着るノースリーブやタンクトップなども肌寒いときに役立ちます。

ほかにも、薄手のブラウスやスカートなどもありです⇒ミニマリスト流のファッションコーディネート術とは?着回ししやすい洋服5つのポイント

2月も半ばを過ぎ、春が今か今かと待ち遠しい時期です。手持ちの服で、服装だけでも春を演出してみてください。

スポンサーリンク

Posted by yayoi