弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

無駄な残業とはもうサヨナラ、時間外の仕事を減らすために今すぐできる方法。

公開日:2016.10.23 最終更新日:2017.02.24

スポンサーリンク

無駄残業をやめて、時間外の仕事を減らすために今からできることを紹介します。

日本企業の残業の多さはケタ違いです。1日8時間も働き、さらに2時間も3時間も残業では、かえって効率が悪くはないでしょうか。

きっちり定時に上がれれば、アフター6は自由の身。ゆっくり身体を休めたり、新しいことに挑戦もできます。残業は決して「あって当たり前」のものではありません。

定時に帰ると決める

まずは「絶対に定時に帰る」と決める。大したことはなさそうですが、意識するかしないかの差はバカにできません。

人には、「時間をあるだけ使ってしまう」という悪いクセがあります。8時間なら8時間、10時間なら10時間と、無駄に引き伸ばしてしまうのです。

これを心理用語では「パーキンソンの法則」と呼びます。例えば夏休みギリギリまで宿題を溜め込んでしまうのも、この法則が当てはまります。

もし残業が当たり前だと、1日分の仕事を「勤務時間+残業時間」のトータルで済ませようと考えてしまいます。例えそれが、「定時で終わる仕事」であってもです。

まず変えるべきは、「残業ありき」という自分の意識です。「これ以上残業はしない」という決意は、絶対に欠かせません。

仕事に集中できる環境を整える

「残業しない」と決めた次は、「どうすれば仕事が早く終わるか?」です。最初にチェックするのは、自分の机の上。仕事に集中できるような環境は整っているでしょうか。

デスクの上に荷物が山積みだったり、散らかっていたり。これでは仕事がはかどりません。ゴチャゴチャの中でやる作業は、間違いなく効率が悪くなります。

集中力を上げるなら、余計なものは片付けるのが一番です。色々な誘惑を断つ方法はこちら⇒勉強や仕事の途中で気が散らないための、集中力を高めるコツ

できれば、インターネットも切った方が良いです。パソコンはオフライン、スマホの電源は切るかマナーモードにしてください。

作業に優先度をつける

片付けなければいけないゴチャゴチャは、自分の頭の中にもあります。いつもたくさんの作業を、手当たり次第に進めてはいないでしょうか。

やるべきことが一度に押し寄せると、人の脳はフリーズします。まずは紙に作業を書き出して、順番を付けるのがおすすめです。

やることを文字にすると、その分脳のメモリーが空いて頭がスッキリ。また、やることが決まっていれば、「次は何をしよう」と考える手間が省けるのです。

効率を考えるなら、マルチタスクも止めた方が良いです。理由はこちらで紹介しています⇒マルチタスクを止めると、ストレス解消にもなる理由とは?

どんなに焦ろうと、人に与えられた時間は全く同じ。重要なものから、1つづつこなしていけば大丈夫です。

明日でも良いことは明日やること

作業に優先順位を付けるのは、「急ぎでない用事」をハッキリさせる効果もあります。明日でも良いことは、明日にやることも大切です。

今日までに片付けねばならない書類があるのに、締め切りまで余裕のある資料作りの方を先にやってしまう。これでは残業が減りません。

どうしても、今日中にやらねばならないことだけを全力で。これだけでも、残業の可能性はグッと減らせます。

スポンサーリンク

安請け合いしない

自分の仕事が済んでも帰れない。そういうときは大体、他人の仕事を引き受けすぎているからです。自分の身を守るためには、安請け合いは禁物です。

あまりに安請け合いしていると、「コイツは仕事を断らない」と見なされます。結果、自分のもとに仕事がどんどん回ってくるようになるのです。

何か頼まれたときは、絶対に「はい」と即答しないこと。まずは締め切りを聞いて、明日でも良さそうなら明日にやるのです。

断りにくいことを断るコツは、こちらでも⇒心のストレスもミニマルに。角の立たない上手な断り方とは?

もし引き受けるにしても、それは「貸し」。残業分は、キッチリ有給で休ませてもらうなどのお願いをします。交換条件付きでは、次から相手も安々とは仕事を頼めなくなるはずです。

会社あっての自分ではなく、自分あっての会社です。強すぎる自己犠牲は、自分を追い詰めるだけです。

急な仕事がないなら堂々と帰る

周りが残業していても、自分の仕事がないなら堂々と帰る。最初はかなり勇気がいりますが、1~2週間もすれば慣れます。

「定時に帰れない雰囲気」というのがありますが、これは誰かが最初に帰らねばいつまでも変わりません。定時に帰る1人が現れれば、後に続く人はだんだんと増えるものです。

帰ろうとして何か頼まれたら、前の「安請け合いしない」方法を使います。とにかく「自分は残業しない」というメッセージを、周りに知らせ続けるのです。

もしかしたら色々言われるかもしれませんが、仕事が終わったら帰るのは当然のこと。周りのプレッシャーに流されないよう、こちらも気を強く持たねばなりません。

残業はあって当たり前のものではありません。むしろ、やらない方が良いものです。

これ以上残業をしたくないのなら、減らすしか方法はありません。定時退社の道は、まず「辛い残業はもうしない」と決めるところからです。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿