弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

一人暮らしの料理で食費の節約に選んだ、安い食材1ヶ月分

公開日:2016.04.01

スポンサーリンク

一人暮らしを始めてから、食費節約のために料理も始めました。今回は、私がここ3月の間に選んだ食材1ヶ月分を見ていこうと思います。

最初から買うものは決めず、チラシや店先で安いものをチェックして買っています。セールの日にお得な食材をゲットするのが、最近の楽しみとなってしまいました。(主婦の気持ちが少し分かってきました)

1週め(1,119円)

まずは1週め。まだ、本格的な節約に目覚めていなかった頃です。

P_20160302_114811

簡単に食べられる鮭に、豚肉300g。鮭は、毎週買うレギュラーの魚介類です。フライパンやグリルで焼けば1品できるので、料理が面倒なときにも助かります。切り身だと、1身100円ほどです。

あとは、基本の玉ねぎとにんじんに、ご飯のお供の納豆。納豆も腹持ちがよく、1パック60~70円と値段も安い優秀な品です。

この週の反省点は、たまご、にんじん、玉ねぎの3つ。同じスーパーでまとめ買いしましたが、もっと安い店が近所にありました。近所の八百屋なども、まじめにチェックするべきだったと反省しています。

値段の差は十数円ほどではありますが、安い店があるのならそちらで買いたくなるのが人情です。今は、近所の3件の店を回って値段を比べてから買うようにしています。

ほかにも1~2店ほどありますが、距離が微妙に遠いのであまり通いません。値段だけでなく移動にかかる時間も考えて、無理のない範囲で回るようにしています。

2週め(299円)

2週めは、1週めの食材が余っていたので少ない買い物で済ませました。

P_20160309_202557

タンパク質がたまごのみという、ストイックな食材チョイス。この日は近所の八百屋で、野菜とたまごが安売りしていました。3つ合わせても、230円ほどです。

肉の分のボリュームは、炭水化物を多めに摂ってしのぎました。薄力粉があれば、量が簡単に増やせて経済的です。

ただ、3月の上旬の寒さで手のしもやけがひどいことに⇒治らない手湿疹は、しもやけの疑いあり。謎の手荒れに悩まされた私の体験談

しもやけのことを家族に相談したとき、「肉と魚はしっかり食べるように」と言われました。野菜とたまごしか買っていなかった私は、この言葉にギクッとなりました。

スポンサーリンク

3週め(821円)

3週め、栄養を多く摂ろうと買い物が少し豪勢に。

P_20160315_142335

P_20160316_110343

週1日のまとめ買いをやめ、2日に分けて買うように。日によって安いものが変わるので、より安い食材を求めた結果そうなりました。

食材の中では、もやしが堂々のレギュラー入り。その安さと栄養価、もやしの魅力に取りつかれてしまいました。

もやしは、食費の節約には欠かせない食材です⇒食費の節約のために必須な、私が一人暮らしで学んだおすすめの安い食材

さらに「やっぱりタンパク質もなきゃダメだよな」と思い直し、とり肉と鮭も入手。食費を削りすぎて倒れてしまっては、医療費の方が高く付いてしまうでしょう。

この週の失敗は、安さに釣られて買ったとうふ。とうふは、今の私には手に余る食材でした。パックからは出しにくい、さいの目切りがうまくできないしで、意外と扱いが難しい痛感しました。

無理やりご飯ものの具材に混ぜたり汁物に入れましたが、なくても大丈夫だったと反省しています。大豆由来のタンパク質は、納豆やもやしから摂れば私には十分です。

4週め(1,005円)

4週め、買う量が少し多めでした。

P_20160322_172346

P_20160323_103116

食材の安さに釣られ、調子に乗ってきています。豚ひき肉は、なくても良かったような気がします。こんにゃくも美味しかったですが、必要ではなかったかもしれません。

また、たまごと納豆が結構な割合で余ります。特にたまごは「毎週1パック買う」のがほぼ習慣のようになっていますが、必ず2~3個が余ります。

余ったたまごは、オムレツを作って消化しました⇒冷蔵庫に残った卵と野菜を使いきるには、オムレツが便利。~実録・一人暮らしの節約料理(7)~

が、そこまでするなら毎週買うのを止めた方が良い気がします。もしくは、割高でも6個入りのパックにするべきなのかもしれません。

5週め(1,184円)

5週め、つい最近の買い物です。

P_20160329_150340

P_20160330_121858

もやしに続き、鶏むね肉もほぼレギュラー確定。現状のレギュラー食材は、「納豆・もやし・鶏むね肉・鮭」の4つ。後は、その時々で安いものを買っています。

鶏だけだと寂しいので豚ひき肉も買いましたが、私が鶏オンリーの生活に慣れれば良いのではとも思います。ひき肉なら、鶏むね肉を包丁でミンチにすればできそうです。

さらに今週は、安売りしていた薄力粉を買い足し。1kg130円の安値に、1袋買ってしまいました。普通は200円以上するので、2割以上も安い計算。買ったからには、有効活用の道を探します。

こうして見ると、「けっこう色々買ってるなあ……」という気がします。毎週1,000円前後で収まることが多いので、買い出しで月に4,000円近く使っていることになります。

安い食材があるとついつい買いたくなりますが、1週間で食べきれないことも時々あります。毎週買う量を1品減らせば、後400円くらいは安くなるかもしれません。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

弥生の仕事実績

・「服を減らしてたどり着いた、大人のミニマリストスタイル」掲載

・動画投稿SNSサービス「mizica」公式ブログへの寄稿⇒AR performers 1st A’LIVEレポート!今注目の次世代型エンターテインメントの魅力に迫る

・共同通信社取材「1964年の記憶 青春の試練」

最近の投稿