弱小在宅ライターの30代・枯れ女。ミニマリスト生活をしながら節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづります

片付けたいけど断捨離する気が起きない。あなたのやる気スイッチを押す、簡単手軽な7つの方法

公開日:2015.11.24 最終更新日:2016.04.18

スポンサーリンク

片付けしなければいけないのに、断捨離する気が起きない。そういう経験は、誰でも覚えがあるのではないでしょうか?

今回は、断捨離する気が起きないときにやる気スイッチを押す7つの方法についてお話します。

年末はやることが多く、なかなか荷物の整理まで手が回らないということもあると思います。断捨離を上手く軌道にのせるには、まず手軽にできることから始めてみましょう。

1.理想の暮らしを想像する

断捨離を途中で挫折しないためには、目指すべきゴールが作ることがおすすめです。「自分は何のために断捨離をするのか?」「断捨離後にどんな暮らしをしたいのか?」。目標を具体的に書き出してみましょう。

荷物を片付けて部屋の掃除を楽にしたい、午後のティータイムをゆっくり楽しめるスペースを作りたいなど、目的や理想の生活を想像してみると分かりやすいかと思います。

思いついたことはメモしておき、いつでもすぐに見れるようにしておきます。紙に書いて見やすい場所に張り紙したり、スマホのメモ帳アプリに記録する方法もあります。ここは自分が一番やりやすい方法で大丈夫です。

片付けする気が起きないときはそれを見て、自分の断捨離の原点を再確認。達成したときの様子を想像するとさらに効果的です。

作業の途中で手が止まるのは、目標が分からなくなるのも1つの理由です。いつでもスタート地点に戻れるようにすると、やる気を取り戻しやすくなります。

2.荷物を1か所に集める

本腰をあげて断捨離に取りかかれないのは、部屋を片付ける必要性をあまり感じていないからかもしれません。そんなときは、片付けたい荷物を1か所に集めてみましょう。

服や本、気になっているものをリビングなどの広いスペースに広げてみましょう。自分が思っているよりも、たくさんの量が出てくるかもしれません。

なかなかものを減らせない人にも、1か所に集める方法は有効です⇒洋服の断捨離はこうして失敗する。衣類を片づけるには、捨てるそばから増やしてはいけない

荷物は収納スペースに収まっていると、たとえ量が多くてもなんとなく片付いて見えるものです。そのため、「まだそんなに多くない」と錯覚しやすくなります。

様々な収納グッズを駆使している家庭は、要注意です⇒断捨離できないのは収納グッズが理由?キレイ好きほどハマる、汚部屋住人まっしぐらの落とし穴とは

まずは収納から服や本を取り出し、実際にどれくらいの量があるかを自分の目で確かめることが大切です。大量の荷物が目の前にあれば、「片付けなきゃ!」という気も起きるのではないでしょうか。

3.断捨離してる人を参考にする

断捨離の仕方が分からないという場合は、先に断捨離を始めている人や、過去に断捨離に成功した人の体験を参考にするのはどうでしょうか。人がやるのを見ていると、自分にもできそうな気がしてきます。

ネットを見れば、断捨離ブログや片付け情報はたくさん見つかると思います。具体的な片付け方法以外にも、ミニマリストやシンプルライフブログを参考に理想の生活スタイルを探すのも有効な手段です。

人の断捨離情報を参考にするメリットは、その人の体験談にもとづいているということです。実際に試して役立ったことや失敗したことなどがリアルに書かれていれば、自分の断捨離にも取り入れることができます。

逆に注意する点としては、必ずしも万人向けの情報ではないということ。主婦が書いた情報と一人暮らしの人が書いた情報では、おすすめの片付け法も自ずと変わってきます。

いくつかサイトを見比べてみて、自分に合ったブログを探してみてください。

スポンサーリンク

4.断捨離本を読む

ブログを探すのが面倒という場合は、ベストセラーになっている片付け本を読むのが手軽で手っ取り早いです。片付けのプロが書いているので内容が濃く、まずは基本を身につけたい場合にもおすすめです。

私の場合は、こんまりさんの本を参考に断捨離しています⇒近藤麻理恵「人生がときめく片づけの魔法」の感想。断捨離に悩むなら一度は読みたい一冊

片付け本の多くは主に女性読者を対象にしていますが、人気の本は老若男女誰でも参考にできる情報が多いと思のではと思います。

個人的には、仕分けが難しい書類の整理方法がとても参考になりました⇒近藤麻理恵流の片づけ方法で、書類を再断捨離。苦しめられた紙ものとの戦い、遂に決着(画像あり)

気になる本を図書館で借りたり、書店で探してみてください。

5.1ヶ所だけ片付けてみる

家全体を一気に片付けようとすると、どこから手を付けてよいか分からず心が折れてしまうかもしれません。本格的な断捨離の前に、まずは特に気になる1ヶ所だけをきれいにしてみましょう。

毎日食事をするダイニングテーブルの上や、洗い物が溜まったキッチンのシンクなど。自分がきれいにしたいと思う場所を徹底的に片付けしてみます。

1ヶ所だけでも片付くと、「自分でも部屋をきれいにできる」という自信が生まれます。この成功体験を積み重ね、「断捨離は楽しいもの」という意識を自分の中に植え付けるのです。

私が断捨離を続けてこられたのは、服の断捨離体験のおかげです⇒物を片付けられない私を断舎離する気にさせた、たった1つのシンプルな方法とは?

以前はクローゼットを開けるのが憂鬱でしたが、断捨離したことで服選びが楽に。以前のように苦痛ではなくなりました。はたから見ればちっぽけなことですが、私にとっては大きな一歩となりました。

6.テレビを消す

やる気が起きないとき、ついついテレビを見たりスマホをいじったりはしていないでしょうか?気持ちは分かりますが、目の前の作業を引き延ばすのは良くありません。

テレビを見ていると、2~3時間はあっという間。そのまま片付けの気を逸し、「明日でいいか」となってしまうのです。

断捨離中のBGMとして、テレビを付けるのもおすすめできません。画面が目に入ると手が止まり、その度に時間のロスとなります。

少しなら大したことないと思われがちですが、ほんの2~3分でも10回積み重なれば30分です。その30分に集中すれば、リビングの片付けを終わらせることができたかもしれません。

やらなければいけない作業があるときは、始める前に余計な情報を遮断することが大切です。テレビ、スマホ、パソコンなど、誘惑の多いものは視界に入らないよう隠しましょう。まずは、逃げ道を断つことが大事です。

BGMが欲しいときは、作業に支障のないクラシック音楽がおすすめ。J-popなどは、歌詞が入っていないインストゥルメンタルを選ぶと邪魔になりません。

7.狭い家に引っ越す

可能であれば、狭い家に引っ越すというのも1つの手ではないかと思います。引っ越し作業は、いらない荷物を断捨離できる最大のチャンスだからです。

家族が独立したので2LDKから1LDKに引っ越す、家賃を安くするために小さい部屋へ住み替えるなど。きっかけは様々あると思います。

もし引っ越しする機会があれば、今よりも小さい家も検討してみましょう。

 

断捨離は思い立ったが吉日です。断捨離したいと思っている人は、今、その一歩を踏み出してみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

答えを入力して下さい * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

弥生のプロフィール


当ブログの管理人、弥生です。
在宅ライターとして働く、30代の枯れ女。去年の年収は60万円、格差と貧困の時代の申し子です。節約と断捨離を頑張る、七転八起な日々をつづっています。ミニマリスト生活を日々実践中です。
さらに詳しいプロフィールはこちら

お便り、お問い合せは以下からお気軽にどうぞ。
お問い合せはこちら

ランキング参加中

どれでも好きな文字をクリック↓
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 一人暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

ブックマーク登録

ブックマークで次回から簡単にアクセス可能。
Ctrl+Dで登録できます。

ツイッターも公開中。
フォローはお気軽に↓

・ミニマリストのコミュニティ「UM」に参加しています↓
Union of Minimalists⇒UMへの参加フォームはこちら

UMについてはこちらで紹介中⇒ミニマリストの情報を発信する「UM」

UMの最新情報はこちらから⇒UM Twitter

最近の投稿